暮らす
LIFE

アメリカ50州基礎知識

アメリカ50州、各州の基本情報のご案内。アメリカ全土の地図も。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

ワシントンDC (24)

南部


連邦機関が集まり
米国の歴史が眠る国家の中枢

ホワイトハウスや国会議事堂など、国家の重要機関が密集するワシントンDCは、どの州にも属さない特別区。正式名称は「Washington District of Columbia」という。


政府機関は一般公開
『ルーツ』のリサーチも

 合衆国の首都として計画的に作られた都市で、東京・山の手線の内部とほぼ同じ面積。市の誕生は1791年だが、実際に首都がDCに移転したのは1800年12月1日。1974年までは連邦政府の管轄下にあり、市長は大統領に任命されていた。大統領選挙に参加するようになったのも1964年のことである。現在も下院議員はいるが、上院議員はいない。

 DCは連邦政府の立法、行政、司法の機関だけを持ち、観光業以外の際立った産業はない。主な連邦機関にはホワイトハウス、連邦議会議事堂、印刷局、FBI本部、合衆国最高裁判所などがあり、いずれも一般に公開されている。国立公文書館には独立宣言、合衆国憲法、人権宣言などの貴重文書が所蔵されている。一般の人でもリサーチセンターで蔵書を活用することができ、奴隷として連れられてきた祖先、クンタ・キンテを通して黒人の歴史を書いた『ルーツ』のアレックス・ヘイリーも、ここで祖先の歴史をたどった。


世界最大の博物館複合体
スミソニアン博物館が林立

 フロリダのディズニーワールドを抜き、家族旅行先のトップに君臨するDC(2001年実績)だが、その魅力は連邦機関だけではない。スミソニアン協会が運営する世界最大の博物館複合体17のうち、16がDCにある。

 国家に貢献した人物の偉業を称えて造られた建物も多く、白い石柱の塔はワシントン記念塔。リフレクティング・プールを挟んで対面にあるのが、リンカーン記念館だ。壁には有名なゲティズバーグでの演説"that government of the people, by the people, for the people"が刻まれている。この記念館の階段の上にマーチン・ルーサー・キング牧師が立ち、「私には夢がある…」と演説したのは1963年のこと。リンカーン記念館の近くには、ベトナム戦没者慰霊碑があり、犠牲者6万人の名前が長さ151メートルの御影石の壁に刻まれている。