暮らす
LIFE

アメリカ50州基礎知識

アメリカ50州、各州の基本情報のご案内。アメリカ全土の地図も。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

アイダホ(43)

西部


ジャガイモとハイテクが共存
未開の大自然が残る宝石の州

州面積の63%が州政府が管理する荒野や未開の大自然で、人口密度は低い。「フランク・チャーチ・オブ・ノーリターン・ワイルドネス」は本土48州中、最大規模の自然が保存された原野だ。


州民の誇りはアイダホポテト

 アイダホと言えば、真っ先に思いつくのがアイダホポテト。同州では自動車のナンバープレートにも「Famous Potatoes」と記載され、大きくてホクホクしたアイダホポテトは州民の誇りになっている。州面積の約3分の1が農地で、1993年のジャガイモ生産量は130億ポンドを超える。収穫の約75%はフレンチフライ用に断裁されて冷凍されるか、インスタントマッシュポテト用に加工される。

 州都のボイジーの緯度は北海道とほぼ同じ。だが、冬の寒さは北海道ほど厳しくなく、雪が降り続くのは稀。また、標高は飛騨高山とほぼ同じで、高地のせいか乾燥していて比較的穏やかで恵まれた天候だ。


全米最大のダイヤモンドを発見

 「アイダホで有名なのはポテトチップかマイクロチップ(半導体)」とも言われ、半導体メーカー、マイクロンはボイジーに本社を置いている。また、ヒューレット&パッカードの本社はカリフォルニア州だが、ボイジーにも一大拠点を築き、ボイジー第2の企業になっている。

 州名はインディアンの言葉で「山の宝石」を意味する。その名の通り、アイダホ州では72種類におよぶ宝石や輝石が生産され、中には世界中でここでしか取れない貴重なものもある。北部のシルバーバレーでは、1884年以来40億ドル以上の貴金属を生産している。マックコール近郊ではアメリカ国内最大の20カラット近い大きさのダイヤモンドが見つかった。しかし、19世紀半ばにゴールドラッシュを迎えたアイダホシティーは、ゴーストタウンと化し、今は観光名所になっている。

 中東部アーコには世界初の原子力発電所があり、アーコの街には1953年より原子力エネルギーが供給されている。その東方のアイダホフォールズ近郊の原子力研究所には、放射性廃棄物が貯蔵されているが、放射能漏れ事故も起きており、その安全性が課題となっている。