遊ぶ
Leisure

アメリカTVガイド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカのテレビ番組情報など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

Samantha Who?

ABC Mon 21:30-22:00(10/15放送開始)

 昏睡状態から目覚めたサマンサ・ニューリー(クリスティーナ・アップルゲイト)が目にしたのは、病室に詰めていた見知らぬ人たち。逆行性健忘症で、家族や友達はおろか恋人さえ思い出せない。両親のレジーナ(ジーン・スマート)とハワード(ケビン・ダン)と実家に帰るが、2年前から疎遠になっていたと判明。親友と名乗り出たアンドレア(ジェニファー・エスポジート)は薄っぺらなプレイガールだが、どうやら自分と似た者同士らしい。信用できそうなのは恋人トッド(バリー・ワトソン)だけだが、自分の愛人と名乗る妻帯者が出て来て、ますます混乱。
 身勝手で嫌な女だった過去が削除された今、新しい自分探しの旅に出るサム(サマンサ)のコメディー。自分を「再定義」「再構築」するサムの旅路を見守っていきたくなる明るく、楽しく、とにかく笑える作品。ここ数年コメディー凶作だが、ぽつりぽつりと秀作が出て来るのはうれしい。
 「過去をチャラにして、生まれ変われたら…と思ったことは誰にでもあるはず。記憶喪失でなくても、何かをきっかけに人生を白紙に戻しませんか? という提案です」と語るのは、創作者の一人、ドナルド・トッド。『ALF』や『Dave's World』等、多数の古典的コメディーを手がけたがフォーマットに嫌気が差し、1時間ドラマに転向、『Ugly Betty』の脚本でWriters' Guild(作家協会)賞を受賞した実力派。「1時間番組から学んだ技法と1台のカメラで撮影するドラマ性をコメディーに取り入れたい」と抱負を語る。
 サム役のアップルゲイトは1987〜97年の10シーズン続いた『Married with Children』のケリー・バンディー役でお馴染みだが、その後、映画、舞台で活躍し、実力をつけた。久々のテレビ復帰に期待。

Photo: ©2007 American Broadcasting Companies, Inc.
(左から)エスポジート、アップルゲイト、メリッサ・マッカーシー