遊ぶ
Leisure

アメリカTVガイド

現地情報誌「ライトハウス」が過去に取り上げた、アメリカのテレビ番組情報など。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

The Bonnie Hunt

NBC系列局 平日 12:00-13:00(9/8放送開始)

 『The Bonnie Hunt Show』(CBS、2002〜04年)の中で、モーニングショーの司会者ボニーがゲストを迎えてインタビューする場面があった。種を明かすとすべてアドリブ。脚本なしで司会をやってのけた体験が、あまりにも楽しかったので、トーク番組を引き受けたボニー・ハント。テレビ、映画、舞台で俳優として活躍するばかりか、監督、プロデューサー、脚本まで、難なくこなすスーパー芸能人の最新の挑戦である。『The Bonnie Hunt Show』や『Life with Bonnie』が打ち切られ、もうテレビはこりごりかと思ったら、今度は聞き手に回ると言うのだ。

 『Entertainment Weekly』誌が、トーク番組の「願ってもないゲスト」として絶賛したハントは、「ゲスト出演して楽しかったのは、司会者が心から好奇心を示してくれた時」と分析し、素人や「知恵袋」の老人との掛け合いを中心にすると言う。真昼の番組なのでお母さんにも太鼓判を押してもらえる老若男女対象の健全な番組、かつ悩みを吹っ飛ばす番組が目標。「楽しませることに、これだけ熱心な芸人はいませんよ」と語るのは、15年かけて、やっとハントを口説き落としたプロデューサーのジム・パラトーレ。

 頭の回転の速さは、シカゴの著名なお笑い劇場の訓練もあるが、7人兄妹の中で育ったサバイバル術だったとか。ブルーカラーの両親が苦労している姿を見て育ち、ガン病棟の看護婦時代に瀕死の患者と交わした約束を実行しにハリウッドに進出した苦労人だけあって、ハントの言葉には嘘がないし、厭味もない。

 パネルインタビューでも、冗談がぽんぽん飛び出して笑わせてくれたが、「母が生きている間に、毎日テレビに出て喜んでもらいたいの」と殊勝な娘の上、「顔パスで撮影所に入れるだけでもラッキー!」と謙虚なスーパー芸能人でもある。笑う角には福来たるというから、期待できるトーク番組だ。

© Warner Bros./Mark Davis