食べる
Food

ミスター世界の食文化紀行

"ミスター世界"こと、関根正和さんによる「食」に関するライトハウスの人気コラム。食体験にまつわる楽しい話題や、移民の国アメリカならではの当地のレストラン情報をご紹介します。世界各国の珍しい食材や独特な調理方法、料理の特徴など、読めば新たな発見があるはず!

ミスター世界…世界230以上の国・地域を旅し、本場の食体験と、LA界隈の4000軒以上のレストラン食べ歩きの経験をもとに、食文化評論家として活躍。

ミスター世界
ミスター世界

モッツァリしたモッツァレッラ

ミスター世界(関根 正和)

数年まえ、LAのあるイタリアンレストランに行った時のこと。

インサラータ・カプレーゼ(Insalata di Caprese)を注文した。

これはモッツァレッラチーズのスライスとバジリコの葉、それにトマトのスライスを交互にならべてバージンオリーブオイルをかけたサラダ(insalata)だ。

わりとよくある前菜だから、食べたことあるでしょ?

トマトの赤、モッツァレッラの白、バジリコの緑でイタリアの国旗の色になっている、って知ってました?

ところで日本では、バジリコのことをなぜ「バジル」というのだろう? と思っていたら、どうやら英語の「basil」つまり「ベイズル」を「バジル」と読んでるらしい。ちょっと気持ち悪いですね。

ちなみに「Caprese」とは、カプリ風という意味である。

はなしはもどるが、そのLAのイタリアンレストランで、その時は特に期待もせず頼んだカプレーゼなのだが、そこにでてきたモッツァレッラチーズを食べておどろいた。

モッツァレッラ(mozzarella)は、水牛の乳から作るチーズで、作る過程で発酵させていないので、マイルドだが繊細でクリーミーな乳の香り。ほんのり甘く、ちょっとお餅のような、モッツァリした粘りけのある歯ごたえがいいのだ。

高級なピザにも使われるチーズである。

モッツァレッラという名前は、Wikipediaその他によると、その製法にちなみ、「引きちぎる」を意味するイタリア語「mozzare」に由来するとされる。

またはなしが飛んだが、この店のモッツァレッラで何がおどろいたかというと、それまでにアメリカでカプレーゼを頼むとでてきたモッツァレッラは、特有の弾力がなく、乳のかおりもほとんどしないもの。

イタリアからの輸入品を使っていたのかもしれないが、フレッシュさが身上のチーズだから、味が落ちていたのだろう。もしかしたら、アメリカで、水牛ではないふつうの牛の乳から作ったものだったのかもしれない。それがアメリカではこのLAの店ではじめて、フレッシュな水牛ものがでてきたのでおどろいたのだ。

アメリカのどこで作るようになったんだろう。調べてみるとカリフォルニアで、それもなんとGardenaで、アメリカで唯一の水牛モッツァレッラを作っていることがわかった。

その後、このフレッシュモッツァレッラはあちこちのいいイタリアンレストランで食べられるようになった。

そして最近、別の店で、Mozza Barなるものが出現した。

Mozza BarはさながらOyster Barのようにバーカウンターでモッツァレッラを使った前菜料理を10種類ほどの中から選ぶことができるのだ(テーブルでも注文することができる)。

LAのイタリアンは、近年ますます向上していますよ。
   ☆  ☆  ☆
カリフォルニア産水牛モッツァレッラの注文ができる店(www.realmozzarella.com/index.php



(2009年10月01日号掲載)