食べる
Food

ミスター世界の食文化紀行

"ミスター世界"こと、関根正和さんによる「食」に関するライトハウスの人気コラム。食体験にまつわる楽しい話題や、移民の国アメリカならではの当地のレストラン情報をご紹介します。世界各国の珍しい食材や独特な調理方法、料理の特徴など、読めば新たな発見があるはず!

ミスター世界…世界230以上の国・地域を旅し、本場の食体験と、LA界隈の4000軒以上のレストラン食べ歩きの経験をもとに、食文化評論家として活躍。

ミスター世界
ミスター世界

チャイニーズったっていろいろ

ミスター世界(関根 正和)

「今日はなにを食べに行こうか?」。
 「チャイニーズはどう?」。
 「そうしよう!」

となったところで、まだちゃんと決まったことにはならない。

チャイニーズといったって、ここアメリカにも、広東、四川、北京、山東、台湾、上海、清真などの料理や、アメリカナイズされた店などがあるからだ。

そのほかの地方の料理や、ほかの国の影響をうけた料理などもいろいろあるのだが、ここではスペースの関係上、主なものだけについて、その料理の特徴と、店の外からの判別方法をお教えしよう。

まず屋号に「館」「楼」「園」などがつくのは山東、北京、上海系などだ。

もし看板の隅などに「中華料理」と書いてあったら、一発で山東に決まり!

中国の山東半島からは、多くのひとたちが朝鮮半島に移住し、その一部がさらにアメリカに来た。

アメリカに来ても客層は韓国人が中心だから、かれらのために「中華料理」と明記しているのである。

中国人なら、じぶんたちの料理を中華料理とは呼ばない。粤菜(広東料理)、川菜(四川)、滬菜(上海)、魯菜(山東)などと区別するのである。

ヨーロッパのひとたちが、「ヨーロッパ料理」とはいわないで、フランス料理や
イタリア料理というのとおなじことだ。事実、それぞれの料理には、そのくらいの大きな差があるのだ。

さて山東料理は、比較的味が濃く、ジャージャー麺をはじめとするソバ類、餃子類の種類が多い。それと、山東鶏など、酢を使った料理も多い。

韓国人は、中華料理イコールこれだと思っているひとも多いから、僕の友人の韓国人は、はじめて広東料理の店に入って、「なぜこの店にはジャージャー麺がないのだ!?」と驚いたそうだ。

広東料理の店は、だいたいどこでも店のなまえが「なんとか海鮮酒家」、英語なら「Seafoodナントカ」だから、すぐわかる。

屋号でなくても、どこかに「海鮮」とか「Seafood」の文字が躍っているはずだ。

それほど、広東(香港もその中に含まれる)の料理にとってシーフードはメインで、店の入口にいくつもの水槽があっていろんな魚が泳いでいたら、文句なく広東料理店だ。

料理の味つけは、洗練された淡泊なもの。ここでは「オカズと白いゴハン」ということはまずない。料理だけを楽しむのである。炭水化物は、食事の最後に麺とかチャーハン、というパターンだ。ランチなどの軽食には、白いゴハン
や、ゴハンの上に料理を乗せた「會飯」を食べることはあるけれど。

日本でいうところのヤムチャはこの広東スタイルだが、小さい品をとって食べる「点心」というのは上海や四川など、ほかにもある。

もし窓に「北方麺点」と貼り出してあったら、北京から北の麺地帯の店。

麺といっても中国語ではソバに限らず、小麦粉を練って作った物の総称で、クレープ状やドーナッツ状の物、餃子などいろいろある。料理の味は濃い目。

中国では「南米北麦」といって、炭水化物についていえば、揚子江から北は麺が主体、南は米が主体なのである。

ついでながら、「南淡北鹹東酸西辣」というのもあって、南は淡泊、北は味が濃い(鹹は塩辛いという意味)、東は酸っぱい、西は辛いという意味で、これは覚えておくと便利です。  (次号に続く)



LAではココ!
味」は30点満点、「予算」は二人分です

Young Pung
Garden Groveの韓国人街にある山東料理の店。ヤキ餃子がとてもうまい。
中国語では鍋貼、韓国語ではヤキマンドゥ。もちろんジャージャー麺
もあり。
味:20 予算:-30
9922 Garden Grove Blvd., Garden Grove
☎714-537-6884 
Daily 11:00am-9:00pm
Open 7 Days


Elite (名流山荘)
洗練された本格的広東料理の店。店員の感じもいい。
このウェブサイトを見たらきっと行きたくなるでしょう。行く価値十分あり。
味:22 予算:-60
700 S. Atlantic Blvd., Monterey Park
☎626-282-9998
www.elitechineserestaurant.com
Lunch : Mon-Fri 10:00am-3:00pm
Sat & Sun 9:00am-3:00pm
Dinner : Daily 5:00pm-10:00pm
Open 7 Days

(2010年2月16日号掲載)