食べる
Food

ミスター世界の食文化紀行

"ミスター世界"こと、関根正和さんによる「食」に関するライトハウスの人気コラム。食体験にまつわる楽しい話題や、移民の国アメリカならではの当地のレストラン情報をご紹介します。世界各国の珍しい食材や独特な調理方法、料理の特徴など、読めば新たな発見があるはず!

ミスター世界…世界230以上の国・地域を旅し、本場の食体験と、LA界隈の4000軒以上のレストラン食べ歩きの経験をもとに、食文化評論家として活躍。

ミスター世界
ミスター世界

ゆかり

ミスター世界(関根 正和)

「ゆかり」というフリカケをご存じだ ろうか。

赤紫蘇を乾燥させた、紫の色もあざ やかなフリカケで、白いゴハンによくあ う。

「ゆかり」という名は、三島食品とい う会社によって登録商標となっている ようだが、赤紫蘇フリカケというと、ほかのメーカーの物も含めて「ゆかり」と よぶのが一般的な感もある。

日本だけの物ではない。

イランにいくと、レストランのテーブ ルの上には、塩・コショウと並んで、必ず紫色のフリカケが載っている。

まわりの人をみれば、みんなこれを白いゴハンにふりかけて食べている。

そうか、このフリカケのゆかりの地 は、イランだったのか…。

自分もふりかけて食べてみれば、たしかにゆかりだ…、いや、ちょっとちが うかな?

見た目は同じで、酸味のある芳香もよく似ている。でもどこかちょっとちが うようだ。

じつはこれ、スマーク(sumac)という 物で、紫蘇ではなく、ベリー状になった 果実を乾燥させて粉にしたものだ。

中近東のフードマーケットで、この果実をナマで試食してみたことがある。

ウヒョー!
チョー酸っぱい。舌がまがる〜。

乾燥させてフリカケにすれば酸っぱ みが減って、ベリーのさわやかな香りが 引き出されるということだ。

シシカバブなど、肉にふりかけてもいいし、シチューやピラフなどにまぜて もいい。

でも、なんといっても白いゴハンだ。 イランではバスマティ・ライスという、フワッと空気を含んだような香りのいいライスを食べる。ここにバターを少量溶かしこみ、オニオンとグリルしたトマトを練りこみ、上からスマークをふる。

そうするともう、このゴハンだけでお腹一杯にしたい!というくらいうまい し、そのゴハンとシシカバブとの相性がすばらしい。

ゆかりも同じ。我が家ではバーベキューのときに必需品だ。

ゴハンを炊いてゆかりをふりかけ、 肉とともに食べる。ゴハンがすごくうまくなる。

いずれも、酸味と香り、それに紫の美しい色が白いゴハンに映えて美しい。

アラブやトルコでは、フリカケとしてよりも、スパイスとして料理に使われ るようだ。

ジュースにして、レモネードならぬスマークエードにするところもあると読んだことがある。

でも、なぜこの紫のフリカケが「ゆかり」なんでしょうね。

三島食品さんによりますと、古今和歌集にある、

紫のひともとゆゑに武蔵野の草はみながらあはれとぞ見る

つまり、むらさき草が一本咲いている という縁(ゆかり)だけで武蔵野の草花 がみな愛おしく感じてしまう、という歌から、「紫=ゆかり」、というのが日本に定着したのだそうだ。

日本というのはなんと風流なんだろ う。

イラン人にその風流さをわかってもらうのは難しいだろうけど、ゆかりをスマークのかわりに使ってもらったらどうなるか?

知り合いのイラン人に一袋あげてみ た。

一家でおいしいおいしいとご飯にふりかけて食べたといっていました。


LA&OCではココ!
「味」は30点満点、「予算」は2人分です

Caspian
南カリフォルニアにはイラン人の移民が非常に多い。特にオレンジカウ ンティには、上流階級の人が革命のときにどっと逃げてきて、多くの人 たちが住みついた。(元)上流階級のイラン人が昔のよき時代を懐かしむ ような、高級感のある店が多い。ここもそのひとつ。
味:20 予算:
14100 Culver Dr., Irvine
☎ 949-651-8454 www.caspianrestaurant.com  
Sun-Thu 11:30am-11:30pm
Fri & Sat 11:30am-12:30am
Open 7 Days

Shaherzad
オレンジカウンティーとならんでイラン人移民の多いのがウェストLA。 イラン(ペルシャ)料理店はいくつもある。どれもいいレベルをいってい るので、ひとつを選ぶのは難しいが、この店もそのひとつ。入りやすい店 で、イラン人の客でいつも賑わっている。
味:20 予算:$50
1422 Westwood Blvd., Los Angeles
☎ 310-470-3242 
Daily 11:30am-11:00pm
Open 7 Days

(2010年9月16日号掲載)