食べる
Food

ミスター世界の食文化紀行

"ミスター世界"こと、関根正和さんによる「食」に関するライトハウスの人気コラム。食体験にまつわる楽しい話題や、移民の国アメリカならではの当地のレストラン情報をご紹介します。世界各国の珍しい食材や独特な調理方法、料理の特徴など、読めば新たな発見があるはず!

ミスター世界…世界230以上の国・地域を旅し、本場の食体験と、LA界隈の4000軒以上のレストラン食べ歩きの経験をもとに、食文化評論家として活躍。

ミスター世界
ミスター世界

なぜだろう、コーンポタージュ

ミスター世界(関根 正和)

僕は日本に住んでいたころ、コーンポタージュが大好きで、
レストランに行くとよく頼んでいた。
スープというのは、こういうものだと思っていた。
でも、あるとき考えた。
なぜ日本のレストランでは、どこへいっても、スープというと、
コーンポタージュとコンソメのふたつしかないのだろう。

そうして、外国を旅行するようになって、気がついた。
コーンポタージュは、日本だけにあって、外国にはない!
いままでにいった世界中の何千軒かのレストランで、
カリフラワーだのアスパラガスだのブロッコリーだのかぼちゃだの、
いろんな野菜や豆をつかったスープがあるのに、
なぜか日本以外ではコーンポタージュにただのいちどもお目にかかったことがないのである。

いまだにそのわけがわからないのです…。どなたかご存じの方がいたら教えてください。
おそらくは、ずっと昔にどこか日本のレストランで始めたものが人気をよび、普及したのだろう。
いまでも日本のファミリーレストランなどでは、スープといえばコーンポタージュが主流のようで、『すかいらーく』や『デニーズ』のメニューにはいまでこそほかのスープもあるが、
コーンポタージュも堂々とのっている。
しかし、そもそもが、日本で、
『ポタージュ』と『コンソメ』という分けかたをするところからしておかしい。

Potageというのは、現代のフランス語ではスープの総称だ。
特にトロトロしたクリーム状のスープをさすわけではない。
もともとヨーロッパでは、古くて固くなったパンを食べやすくするために、
煮汁やワインなどをかけて柔らかくして食べ、そのパンのことをsoup とよんだ。
そのうちに、その煮汁のほうをさしてスープとよぶようになって、
ドイツやスペインなどではSuppeやsopaということばとして使われている。

ところがフランスでは、もっと上品な別のいいかたをしよう、ということになって、
壷(pot)から派生したpotageという呼び名を使うようになったのである。
オニオングラタンスープのことをフランス語で Soupe al'oignon Gratineというが、
まさにあのタマネギの煮汁にパンを浸したところに、
soupの語源がいまでも引き継がれているわけである。

いっぽう、consommというのは、consommerつまり消費する、
完成させるという言葉から派生して、肉や野菜を煮込んでエキスにした汁のことであり、
クリアースープという意味につかうことはまずない。
クリアースープを強いていえばpotage claireとなる。
じっさいにフランスにいってメニューをみると、potageという語さえめったにお目にかからない。
"Creme d'asperge"「アスパラガスのクリーム風」というようないいかたが一般的だ。

さて、コーンポタージュにはなしを戻すと、さっき世界中でお目にかかったことがない、
と書いたが、じつは例外がある。
LAにある、カレーハウスだ。日本の現代食文化をアメリカに持ってきて、
アジア系のひとたちに大人気だが、
そこにちゃんとコーンスープも持ち込んできてくれたのが僕としてはとてもうれしい。
なめらかな口当たりにコーン独特のほのぼのした甘い香りが心地よい。
僕はこれのためにカレーハウスに行くくらいである。
そのほかLAでは、チャイニーズ、特に広東系の店にいけば、
ブツブツのままのコーンと鶏肉の千切りなどをいれたスープ、
鶏絲粟米湯(チースースーミータン)がある。

コーヒーショップにも、ときどきコーンチャウダーという、やはりブツブツのままのコーンと、
小麦粉やジャガイモを入れてゴテゴテしたスープはあるが、
日本のトロッとスムーズなコーンスープとはまったくちがう。
ひょっとしたら、コーンポタージュは、隠れた日本発の食文化なのかもしれない。

(2006年8月1日号掲載)