働く
JOB

アメリカでのビジネス・仕事

現地情報誌「ライトハウス」が人気コラム「アメリカ人と共に働く技術」をはじめ、起業・独立、マーケティングに関する情報など、アメリカでのビジネスに役立つ情報をご紹介。

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

194)ないなら作る

マーケティング講座

こんにちは!阪本啓一です。

無から有を作りましょう!


縮小市場

日本の自動車教習所ビジネスの市場規模は、年率2%ずつ縮小しています。若者が車に乗らなくなったとか、高齢化社会とか、納得できる理由はたくさんあります。ありますが、かといって、指をくわえてぼんやりしているわけにはいきません。ビジネスは成長させなければ。

福岡市内の教習所を経営するIさんは、考えました。エリア内にある他の教習所とお客さんを取り合ってもいいことにはならない。限られたパイの取り合いは、決してハッピーにつながらない。なら、どうするか。I さんは無から有を作り出さねば、と決意しました。




外から呼び込む

教習合宿と言えば、「田舎の風光明媚な所でリゾート気分を味わいながら」というのが定番ですが、I さんは「シティーステイ」というコンセプトを考えました。福岡市内のマンションを借り、おしゃれな家具を配し、「都市に1カ月(合宿期間)滞在しながら教習。休みには近隣の湯布院、長崎観光へ」という、教習生にとってのメリットを考えました。

募集開始すると、狙い通り申し込み第1号は県外、横浜から。彼女は学生時代免許を取る機会がなくて、このたび5年勤めた会社を辞めるにあたり、「ひと休みと自分へのご褒美」を兼ねて合宿に申し込んだとのことです。I さんの読み通り、彼女は休日になると近隣の観光を楽しみ、旅行気分で教習を終えて横浜へ帰ったそうです。

通常料金より5万円高い35万円の価格にもかかわらず、初年度200人の申し込みがあり、売上7000万!まさに「無から有」を生み出しました。


教習所でチケット

I さんのアイデアは止まりません。アーティストのライブチケットを販売する権利を取得しました。教習生とライブチケットの顧客のインタレスト(興味関心)が重なっていることに目をつけたわけです。しかも、超人気でチケットがなかなか取れないアーティストのライブこそ、取りやすくしました。かつ、SEO(検索エンジン最適化)をして、「福岡 ライブチケット」と検索窓に入れたら、トップに教習所が出るようにしたのです。従来なかったチケットの売上が生まれました。

次にI さんのやったことは、ダイエーホークスの選手が教習に来ていることにヒントを得て、「ホークス応援教習パック」。教習期間中、何日か、ホークスを球場で応援できるパックにしたのです。


プチ・イノベーション

I さんのやったことは、多くの設備投資が必要なわけでも、研究開発期間が必要なわけでもありません。「視点を変える」だけです。

● 集客は近隣の学生をいかに呼び込むか

→県外から、学生時代免許を取る機会のなかった働く女性を呼び込む

● 教習所に来ている人たちから、さらに売上を上げる方法はないだろうか?&教習以外に売上を上げる方法はないだろうか?

→チケットの販売

● どうせチケットを販売するのであれば、評判になる方法はないだろうか?

→取りにくいチケットを取りやすくして評判になる

● 福岡ならではの付加価値はないだろうか?

→ホークス応援パック

これらすべて、小さなイノベーションです。これを私は「プチ・イノベーション」略して、「プチイノ」と呼んでいます。大掛かりなイノベーションはお金も時間も人員もかかります。よほど経営資源に恵まれた企業でない限り、通常は許されません。しかもそのイノベーションが損益分岐点を超えるまでの期間、資金や時間を投下し続けることを許される企業の方が珍しいでしょう。

そこで、損益分岐点も低いプチイノをおすすめします。

あなたのお店や会社でも、きっとプチイノの可能性はゴロゴロ転がっているはずです。I さんが市場縮小で困ったことから発想したように、「困った!」時こそプチイノのチャンスです!

阪本さんの新著書が発売中!
『ビジネスチャンスに気づく人の57の法則』(日経ビジネス人文庫)

(2012年8月16日号掲載)