学ぶ・育てる
Study

私たち自慢のキャンパス紹介

アメリカ西海岸での充実したキャンパスライフをご紹介。各学校の留学生が、留学のきっかけや自身の学校・キャンパスについて、持ち回りで紹介します。

USC

【藤田淳子さん】大学4年生
Business/Corporate Finance専攻

サンタモニカ・カレッジからUSCにトランスファーし、現在4年生。2005年12月で卒業の予定。JSNではシンポジウムを担当、学部内にあるマーシャル・ファイナンス・アソシエーションという団体ではリレーション・バイスプレジデントを務める。


Hoffman Hall & Bridge Hall:ビジネス学部の
ホフマンホール(手前)とブリッジホール。
卒業生からの寄付が特に多いこれらの建物は
施設も新しい

 LAダウンタウンの少し南、シュライン・オーディトリアムとエクシビション・パークにはさまれた155エーカーの敷地に、レンガ造りの建物が並ぶ。USC(南カリフォルニア大学)は州立のUCLA、UCバークレー、私立のスタンフォードと合わせてパック4と呼ばれる名門校の1つ。私立では西海岸地域で最も長い歴史、最大の規模を誇る総合大学だ。
 
 映画・TV学部は世界的な評価を受けており、ジョージ・ルーカス監督を始め、著名な映画監督や俳優を輩出。また、老人福祉学部、会計学部、ビジネス学部も全米トップ10に数えられている。
 現在4年生の藤田さんは、サンタモニカ・カレッジからの編入。「理論のみならず、第一線でのビジネス経験を持つ教授による授業が実践的で良いと評判を聞いてこちらに決めました」。
 
 卒業生からの寄付も多く、奨学金制度も充実しており、留学生でも受けるチャンスがあるというのも、同大学の魅力だ。また、「卒業生とのつながりも強く、インターンシップや交流会などを通じて、就職へのコネクションが作りやすいことも良かったです」と藤田さん。「USCは全米でも留学生が多い大学で、私のビジネス学部でもアジア系の留学生が特に多いんですよ」とのことだ。
 
 平日は24時間開館の図書館で勉強詰めだが、週末になるとキャンパスハウスに集まってにぎやかにパーティーをしている学生も多いらしい。トロージャンのように猛々しく学び、トロージャンのようにトコトン遊ぶ! メリハリがついているのがUSCの学生だ。

(2005年10月1日号掲載)

Edison Auditorium:ホフマンホール内の200人収容できる聴講ルーム。ここでビジネス最前線の講義が聴ける
Pertusati University Book Store & Commons:地上3階地下1階建てのブックセンター。手前はカフェテリア。寿司カウンターもある
Bovard Administration Building:広いキャンパスの中心にあるのがこのランドマーク的な建物。その前にトロージャンの像がある

ブックストアで見かけたUSCルック!「フットボールチームのトロージャンは全米トップ。学校全体で応援しています!」(藤田さん)
●Tommy Trojan同校のシンボル・トロージャン像

USC
University of Southern California
700 Childs Way, Los Angeles, CA 90089
☎213-740-1111(Admission Office)
www.usc.edu

●設立:1880年 ●運営:私立 ●敷地面積:155エーカー
●学生数:32,000人 (大学生16,500人、大学院生15,500人・2004年度)
●課程数:216課程(学士号課程77、修士・博士号課程139)
●学期開始時期:1月、8月(2学期制)
●留学生数 全体の9%(2004年秋) 香港、シンガポール、カナダ、インド、日本、イギリスの順
●学費 32,008ドル(大学生の場合・2005年度)