学ぶ・育てる
Study

私たち自慢のキャンパス紹介

アメリカ西海岸での充実したキャンパスライフをご紹介。各学校の留学生が、留学のきっかけや自身の学校・キャンパスについて、持ち回りで紹介します。

CSULB

【泉洋介さん(左)】大学4年生
Business/Marketing専攻
日本の大学在学中に渡米。卒業後は米系企業へ就職すると同時に、留学生斡旋会社を設立する予定。80人以上が集まる同校Japan Clubのストラテジックプランナー。

【松崎裕美さん(右)】大学3年生
Arts/Dance専攻
ボストンのカレッジでダンスを専攻した後、CSULBにトランスファー。将来はダンサーとしてアメリカを拠点に活躍したいとのこと。同校Japan Clubのマーケティングディレクター。


Walter Pyramid:18階高の巨大ピラミッド!
バスケットボールコート、バレーボールコート、
フィットネスセンターがある。
ロングビーチジャムの拠点

 敷地面積323エーカー、学生数約4万人。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校は、南端の駐車場から北端の図書館まで歩くと3千人とすれ違うとも言われる、その学生数は州で2番目、全米でも19番目にランクされるマンモス校だ。
 
 卒業生には映画監督のスティーブン・スピルバーグ、俳優のスティーブ・マーティン、クレームジャンパーレストランの創立者クレイグ・ニクロフなどがいる。キャンパス内には3つの劇場、美術館、ジャズのラジオ局KKJZ 88.1 などもある。
 
 泉さんはビジネス学部の4年生。「日本人留学生も多く、米系大手会計事務所へ就職している卒業生も多いですよ。みんなフレンドリーなのがいい。僕も図書館にあるチューターサービスで学生にファイナンスを教えています」。ビジネス学部の修士課程はU.S.News&World Report誌で、西海岸の公立校で第3位との評価を受けている。
 
 松崎さんはダンス専攻の4年生。「日本でダンスは体育学部に所属しますが、こちらではアート系に入ります。ボストンのカレッジでここをすすめられて入りましたが、実際の踊りだけでなく、音楽や舞踊の歴史、解剖学などの理論も学ぶので気に入っています」。グラフィックデザイン、フィルム、ダンスなどのアート系は特に強く、専攻を決めるオーディションは2度までしか受けられないという厳しさ。また、「心理学、看護学、キネシオロジー(運動機能学)も評判が高いようです」(泉さん)とのことだ。
 
 マクソン学長が常にキャンパス内を歩き回り、1人1人の学生に声をかけるというのは有名な話。ロングビーチの海岸にも数ブロックという同校のスローガンは「Go Beach!」。海辺の街のキャンパスらしい、のんびりとした雰囲気がある。

(2005年11月1日号掲載)

Earl Burns Miller Japanese Garden:1981年に造られた日本庭園。菊の展示会や鯉のオークションなども行われる


Carpenter Performing Arts Center:1065人収容できる劇場。同校音楽学部の卒業生であるリチャード・カーペンターとカレン・カーペンターの「The Carpenters」から名前がつけられた
University Student Union:フードコートやチケット売り場、ネイルサロンなどが充実。ミュージック・リスニングルーム、ラジオ局やボウリング場もある!


Dance Center:スタジオと劇場を併設したダンスセンター。バレエからアフリカンダンスまで、幅広い授業が行われる
The College of Business Administration:ビジネス学部。約5400人の大学生と600人の大学院生がここで学ぶ。留学生は86カ国から1500人と全体の28%と高い比率

CSULB
California State University, Long Beach
1250 N. Bellflower Blvd., Long Beach, CA 90840
☎562-985-4111
www.csulb.edu

●設 立:1949年 ●運営:州立 ●敷地面積:323エーカー
●学生数:34,755人 (大学生27,863人、大学院生6892人、2005年度)
●学部数:82学部(学士号課程。修士号課程もほとんどの学部で可能)
●学期開始時期:1月、8月(2学期制)
●留学生:日本、韓国、台湾、サウジアラビアからの留学生が多い
●学 費:5,500ドル(大学生で入学費,432 、1ユニット9、12ユニット取得する場合)