学ぶ・育てる
Study

私たち自慢のキャンパス紹介

アメリカ西海岸での充実したキャンパスライフをご紹介。各学校の留学生が、留学のきっかけや自身の学校・キャンパスについて、持ち回りで紹介します。

カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校
CSULA

富島綾乃 さん
カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校[CSULA]
4年生・Social Science専攻






JSNのミーティングでのひとコマ。
オフィスはリトルトーキョーにある

世界平和を
目指す行動派

 富島さんの留学のきっかけは、高校時代にテキサスへ1年間交換留学したことだ。アジア人が1人もいない田舎の学校で、周りはほとんど白人。そこで友達から衝撃の言葉を受けた。「『クリスチャンじゃないと人間じゃない』って言われたんです。とても親切な子だったので、ものすごくショックを受けて。泣きながら抗議しました」。アメリカで感じた宗教の壁。その真意を学びたいと留学を決意した。

 2003年に渡米し、グレンデール・コミュニティーカレッジに入学。06年にCSULAへトランスファー、Social ScienceとEconomicsを取り、世界情勢について学んでいる。「3月から始まる国連本部でのインターンの準備が大変です」と富島さん。Political Scienceのクラスの一環で、大学の代表として疑似国連に参加するのだ。これは1つの大学が1つの国を担当して、本物さながらディスカッションを行うというもの。「『1日で何十枚のレポートを出せ』という宿題もあったりして結構大変です。皆ネイティブで、留学生は私1人だから、プレッシャーもありますね」。同校の担当はメキシコ。「アメリカよりも、メキシコ経済の方が詳しくなりました」。

JSN会長として
日々、東奔西走

 そんな富島さんのもう1つの顔は、JSN第7期後期会長。今は、3月に行われるシンポジウムのサブリーダーとして準備に追われている。ミーティングは週に1度だが、それ以外も「JSNが60%、勉強が30%」と言うくらい、ほぼ毎日のようにJSNに携わっている。「日本人は他の人を受け入れられる力が強いと思うんです。でも、そのことにあまり気づいていない。もっと違う視点から日本を見てほしいし、日本人でもこれだけできるんだ、ということをシンポジウムを通して感じてもらいたいですね」と語る表情は真剣。3月までの任期中は、会長として全力で突っ走る。

 「頭で考えるより、まず行動する」性格だと言う富島さん。自分のライフワークでもある宗教について学ぶため、怪しげな宗教セミナーにもぐりこんだり、勉強会に参加したり(!?)。将来はNPO、NGO団体に就職したいと考えている。「宗教とか既成概念にとらわれない、柔軟な頭を持つ人々が増えるように手助けをしたい。そうすればきっと世界は平和になるはずです!」。でっかいテーマを真面目に考えるひたむきさと情熱が、周りを引き付ける魅力なのかも。

(2007年2月16日号掲載)

JSNの運動会にて。みんな楽しそう!
CSULAのマスコット。「名所らしい名所がなかったうちの大学にも、やっと銅像ができたんですよ!」と銅像の前でイーグルのポーズ
ブックストアでは、イーグルグッズも販売