働く
JOB

職業(シゴト)カタログ

多様な職種、それぞれの概要や仕事内容をまとめた「職業(シゴト)カタログ」。アメリカで働く日本人・日系人、100名以上の皆さんへのインタビュー集「アメリカで働く」と合わせてご覧ください!

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

Nursing, Psychiatric and Home Health Aids

ナーシング・サイキアトリック&ホームヘルスエイド

*すべて連邦労働省調べ

■仕事の内容

 身体上あるいは精神上の病状で、病院や施設に入院している人々の世話をするのがナーシングまたはサイキアトリックエイドで、患者の自宅で世話をするのがホームヘルスエイド。ナーシングエイドはナーシングアシスタントとも呼ばれ、病院などで看護師や医師の下、ベッドメーキングや食事の世話など、患者に対する世話の中心的な役割を担う。ホームヘルスエイドは、主に身障者や高齢者の自宅での生活援助を提供する。


■トレーニング

 ナーシングエイドの雇用主は、多くが高校卒業を条件にしているが、必ずしも必要ではない。未経験者は雇用されてから、75 時間以上のトレーニングが義務付けられており、4カ月以内に州認可トレーニングの一環となっている資格試験に合格しなければならない。これに合格すると、CNAs(Certified Nurse Assistants)と呼ばれ、州に登録される。ホームヘルスエイドは連邦政府がガイドラインを定めており、資格試験を実施している。


■雇用状態

 2004 年11 月における全米のナーシングエイドの数は139 万5030 人で、カリフォルニア州は10 万2160 人。夜や週末のシフトも必要なため、パートタイマーの比率が高く、04 年度の調べでは、約25%がパートタイム勤務だった。ベビーブーマーが高齢化していく中で、2014 年まで最も急速に需要が高まる職業とみられている。


■収入

 2004 年11 月における全米のナーシングエイドの平均年収は2万1890 ドル。平均時給は10 ドル53 セント。中間層50%の平均は2万1220 ドルで、下層10%は1万5400 ドル、トップ10%は2万9520 ドル。カリフォルニア州の平均年収は2万3910 ドルで、平均時給は11 ドル50 セント。