働く
JOB

職業(シゴト)カタログ

多様な職種、それぞれの概要や仕事内容をまとめた「職業(シゴト)カタログ」。アメリカで働く日本人・日系人、100名以上の皆さんへのインタビュー集「アメリカで働く」と合わせてご覧ください!

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

Insurance Sales Agents / Insurance Brokers

保険セールスエージェント/保険ブローカー

*すべて連邦労働省調べ

■仕事の内容

 保険セールスエージェントは、個人、家族、ビジネスなど、それぞれのニーズに合った保険を選び、財産や健康を守るサポートをする。特定の保険会社に属するエージェントをキャプティブエージェントと呼び、独立したエージェントまたはブローカーは、数社の中から最も顧客に適した保険を選ぶ。ファイナンシャルプランやリタイアメントプランを取り扱うエージェントも多く、保険プラン以外にミューチュアルファンドや証券も取り扱う。


■トレーニング

 高卒者を雇う会社もあるが、多くは大学でビジネスや経済を専攻した人材を選ぶ傾向にある。特定の業種の知識を求められることも多いため、他業種からの転職者も少なくない。授業の一環で保険コースを設けている大学もあり、学士号を授与する大学ある。大学でファイナンス、数学、会計、経済、ビジネス法、マーケティングなどを専攻すると、保険業の理解に役立つ。保険売買を行うにはその州のライセンスが必要で、生命保険、健康保険、不動産保険、障害保険を手がけるには、それぞれ専用のライセンスが必要となる。


■雇用状態

 2005年5月における全米の保険セールスエージェントの数は29万9470人で、カリフォルニア州では2万9180人。保険会社に属するキャプティブエージェントの数は減少の傾向にあり、4人に1人が独立エージェント。


■収入

 2005年5月における全米の保険セールスエージェントの平均年収は5万6960ドル。中間層50%の平均年収は4万2340ドルで、下層10%が2万3630ドル、トップ10%が11万3290ドル。平均時給は27ドル38セント。カリフォルニア州の平均年収は7万2150ドル。