働く
JOB

職業(シゴト)カタログ

多様な職種、それぞれの概要や仕事内容をまとめた「職業(シゴト)カタログ」。アメリカで働く日本人・日系人、100名以上の皆さんへのインタビュー集「アメリカで働く」と合わせてご覧ください!

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

Jewelers and Precious Stone and Metal Workers

ジュエラーと貴石・基金属ワーカー

*すべて連邦労働省調べ

■仕事の内容

 ジュエラーと貴石・貴金属ワーカーは、ジュエリーをデザイン、カット、セット、磨いたりして、指輪やネックレスなどを作ったり、修理したりする。大手の製造部門では、モデルを製作する人、石をセットする人、彫刻する人など専門で分業することが多く、モデル作成にはCADと呼ばれるコンピューターを使ったバーチャルリアリティーを使用する会社もある。鑑定士の場合、保険会社に雇用される者もいるが、多くの鑑定士は宝石の販売を手掛けるサービスの一環として、宝石鑑定を提供することが多い。


■トレーニング

 たいていは専門学校で学ぶが、大学やアート・デザインスクールでは、ジュエリーデザインにおける学位や修士号につながるプログラムを用意しているところも。専門学校はほとんどが6カ月から1年のプログラムで、いずれも高卒以上が条件になっていることが多い。また宝石店で仕事をしながら身につけていくスキルも多く、デザイン・修理・セールスなどトータルな技術を備えたジュエラーが好まれる傾向にある。


■雇用状態

 2004年5月におけるジュエラーと貴石・貴金属ワーカーは、全米で2万6360人で、カリフォルニア州では3350人。そのうち約4分の1が自営業、約4分の1が宝石店などの小売店で勤務、約4分の1が宝石店以外の業種、例えばシルバーウェアなどの製造に携わっている。全米各地に宝石店はあるが、雇用のほとんどが大都市に集中しており、特に製造部門では、ロードアイランド州、ニューヨーク州、カリフォルニア州に集中している。


■収入

 2004年5月におけるジュエラーと貴石・貴金属ワーカーの全米平均時給は14ドル76セントで、平均年収は3万700ドル。中間層50%の平均年収は2万7400ドル、下層10%は1万6040ドル、トップ10%は4万9020ドル。カリフォルニアの平均時給は13ドル66セントで、平均年収は2万8410ドル。