働く
JOB

職業(シゴト)カタログ

多様な職種、それぞれの概要や仕事内容をまとめた「職業(シゴト)カタログ」。アメリカで働く日本人・日系人、100名以上の皆さんへのインタビュー集「アメリカで働く」と合わせてご覧ください!

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

Teachers-Preschool, Kindergarten, Elementary, Middle, and Secondary

日本語

*すべて連邦労働省調べ

■仕事の内容

 教師は、ディスカッションなどで生徒の理解を促進させる。たくさんの生徒との関係を築くため、さまざまな人種、文化を持った生徒とのコミュニケーションが必要とされる。高校教師は、小学校で教えられた分野をより深く掘り下げて生徒に教える役目が主である。特に英語、スペイン語、数学、歴史、生物学などの、より専門的な教科を教える。
 学校で必要とされる課外活動も含めて、平均労働時間は週40時間とされている。多くの教師は、年10カ月学校に行き、2カ月の夏休みがある。


■トレーニング

 すべての州の公立高校では、教員免許が必須であるが、多くの州の私立高校では教員免許は必須ではない。多くの場合、免許は州教育委員会および、教員免許諮問委員会から与えられる。
 一般的に普通教員免許で、幼稚園から高校まで教えることが可能。教員免許取得には、大学の学士、州で認可されている教員訓練プログラムを修了することなどが必須条件。多くの州が教鞭に立った後の修士号取得を求めている。
 免許取得試験では、基本的な読み・書き・指導力が試される。多くの州で特定分野での熟練が必要とされる。現在の学校では、実践的な指導力が特に必要とされ、ほとんどの州で定期的な免許の更新が義務付けられている。


■雇用状態

 2006年5月における全米の高校教師は110万人で、カリフォルニア州では11万6090人。


■収入

 2006年5月における全米の公立高校教師の平均年収は4万6597ドル、私立の高校教師の年収は公立高校の教師よりもやや年収が低くなるが、住居の援助などの給付金が与えられる。カリフォルニア州の平均年収は5万8240ドルである。