働く
JOB

職業(シゴト)カタログ

多様な職種、それぞれの概要や仕事内容をまとめた「職業(シゴト)カタログ」。アメリカで働く日本人・日系人、100名以上の皆さんへのインタビュー集「アメリカで働く」と合わせてご覧ください!

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

Manicurists and Pedicurists

マニキュアリスト/ペディキュアリスト

*すべて連邦労働省調べ

■仕事の内容

 マニキュアリスト/ペディキュアリストの仕事は主に、マニキュア・ペディキュアを塗ったり、磨いたり、エクステンションを付けたりなどである。
 全体の46%が自営業で、多くのフルタイムワーカーは週約40時間労働だが、それ以上になることもしばしばある。ビューティーサロンが忙しくなる時期に合わせて働くので、週末・夕方も働くのが普通。
 店の清潔さや、自らのファッションなどに気を配ること、店で使用する美容品の販売なども大きな仕事の一つである。


■トレーニング

 すべての州で免許が必須で、免許取得には州で認定された美容専門学校などを卒業する必要がある。いくつかの州では、高校卒業、またはそれに準ずる資格が必要とされる場合がある。専門学校卒業後に免許取得試験を受けるが、試験は筆記試験、実技、面接で構成されている。自分で店を持つことが多いことから、実技だけでなく面接での個人の性格やビジネススキルなども重要視される。
 仕事を始めて1週間は、比較的簡単な作業を任されることになるが、その中で、少しずつ信頼を得て難しい作業をこなしていくことになる。立ち作業も多くなるため、健康管理と強靭な体力が必要。仕事でさまざまな薬品を使うので、自らのスキンケア、ネイルケアも重要。


■雇用状態

 2006年5月における全米のマニキュアリスト/ペディキュアリストの数は4万7450人、カリフォルニア州内では9140人。雇用機会の増加は、人口の増加や人々の美容への関心の高まりに伴うビューティーサロンやフルサービスのスパなどの増加により、2016年までに28%と、かなり高い増加率が予想されている。


■収入

 2006年5月における全米のマニキュアリストおよび、ペディキュアリストの平均収入は2万1280ドル。中間層50%の平均収入は1万9190ドル、下層10%は1万4210ドル、トップ10%は3万1910ドル。カリフォルニアの平均年収は1万9680ドルである。