遊ぶ
Leisure

今週のオススメシネマ

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

Must Love Dogs

出会い系サイトで
運命のヒトを釣ってみる?

ジャンル:ロマンス

オススメ度:☆☆☆

Rating:PG-13
○出演:ダイアン・レイン、ジョン・キューザック、クリストファー・プラマー、他
○監督:ゲイリー・デビッド・ゴールドバーグ

©2005 Warner Bros.

(2005年8月16日号掲載)

ジャンル: 30代後半のサラ(レイン)は、8カ月前に離婚をして以来、冴えない生活を送る。そんなサラを心配する家族と従兄弟たちは、こぞって出会いを演出しようと必死。なかでも積極的な姉のキャロル(エリザベス・パーキンズ)と妹のクリスティーン(アリ・ヒリス)は、勝手に出会い系サイトにプロフィールを載せてしまう。メッセージは「グラマーで官能的、魅惑的なDWF(divorced white female)。星が輝く夜を共にする特別な男性を募集中。犬好きであること」。始めは気が進まないサラだが、次々と入ってくるマッチングを開いていくうちに、どうも気になる1人を見つけ…。

 毎年1作は出てくる、この手のラブコメディー。最近の傾向としては、比較的年齢層高めの恋愛、第2の人生探し系が多い。年をとるほど経験を積むから恋愛に臆病&慎重になってしまう。そんな男女には、より一層ドラマがあるということかしら?

モテ男・美貌の2人が冴えない男女を演技

 ラブコメの女王と言えば、メグ・ライアンやケイト・ハドソンが浮かぶけれど、悲しい失恋物語なのに演じる女優さんが魅力的すぎて説得力なし、というパターンが多い。そんな中、それこそ完璧な美貌の持ち主であるダイアン・レインなんて無理がない? との予想に反し、何とも冴えない姿を見せてくれる女優魂にはアッパレ。
 モテ男役の多いジョン・キューザックも、髪の毛ボサボサ、パジャマのようなセーターを着て、いつも部屋にこもってビデオを見ている姿に、何だかがっかりさせられる。ところが、そんな2人もお互いに魅かれてからは、どんどん輝き始めて本領発揮。人間、いくつになっても恋愛すると魅力的になるんだなぁ。

 ちなみに2人が出会うきっかけとなったサイトの名前は「パーフェクトマッチ・ドットコム」。本当にあるのかしらとアクセスしてみたら、ありました! 今、この瞬間に何人の人がアクセスして、プロフィールを載せて、お返事をもらって、そして結ばれているのか? 電話線(ケーブル)を通じてピュンピュン飛び交う恋人探しの糸が目に見えるよう。そのうちの多くが赤い糸でありますように。
 2人を取り巻く登場人物もユニークで、気持ちよく笑えてしまう1本。恋人やパートナーのいる方もいない方も、きっと前向きな気持ちになれちゃいます。最後に、出会いをお探し中の方は、ぜひこちらへアクセス。