遊ぶ
Leisure

今週のオススメシネマ

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

Inside Man

鬼才スパイク・リーが贈る
ひと味違った強盗劇

ジャンル:スリラー

オススメ度:☆☆☆☆

Rating:R
○出演| デンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディー・フォスター、他
○監督| スパイク・リー

©2006 Universal Pictures Distribution

(2006年4月16日号掲載)

ジャンル: NY・ウォール街。塗装業者に扮した4人の強盗が、真っ昼間の銀行で50 人を人質に立て籠もる。捜査官のキース(ワシントン)とビル(キウェテル・イジョフォー)は、強盗団のリーダーであるダルトン(オーウェン)と人質解放の交渉を試みるが、その異常に冷静な対応に埒が開かない。一体彼らの目的とは? なぜ、この銀行のこの支店を選んだのか? その鍵は、思わぬところに隠れていた…。
 
 本作は、『マルコムX』(1992 年)のリー監督がワシントンと再びタッグを組み、実力派キャストを揃えた話題作です。捜査団に強盗団、銀行と、3つの組織をそれぞれ操るボス役のワシントン、オーウェン、クリストファー・プラマー、そして謎の刺客・フォスター。そのバランスの取れた力関係とリズムある展開で、最後の最後まで目が離せません。