遊ぶ
Leisure

今週のオススメシネマ

ライトハウス編集部
ライトハウス編集部

The Incredible Hulk

【この夏のヒーローと言えば】
緑色の巨人ハルクの「リニューアル版」
渋いノートンのヒーロー振りはいかに?

ジャンル:アクション

オススメ度:-

Rating : NR
◎主演 | エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、他
◎監督 | ルイス・レテリエ

©2008 Universal Studios

(2008年5月16日号掲載)

ジャンル: 怒りや恐怖の感情が高まると緑色の巨人に変身する能力を持つブルース・バナー博士(ノートン)は、宿敵ロス(ウィリアム・ハート)と彼のパワーを悪用しようとする軍隊の追跡から隠れ、愛するベティ(タイラー)と会うこともままならない。さらに変身の秘密を知った新しい敵アボミネーション(ロス)が、NYの街を襲いだすと、ブルースは平穏な生活を捨て、ヒーローとして立ち上がることを決意する。

 2003年のアメコミ映画化版『ハルク』の第2弾となる本作は、「続編」と言うよりは、『トランスポーター』シリーズのレテリエ監督が再生させる「リニューアル版」の位置付け。前作では、複雑な父子関係に焦点があてられ、ドラマ的要素が強かったため、迫力に欠けるという批判もあり、アクション主体の娯楽映画へと進化させ、巻き返しを図るようだ。

 最近は、渋い演技派ヒーローが流行なのか、『Iron Man』のダウニーJr.に続き、『American History X』や『Fight Club』などでの渋めの演技が印象に強いノートンが、自分の能力に苦悩し、戸惑うヒーローに扮する。前作のジェニファー・コネリーに代わり、ヒロイン役に抜擢されたのはタイラー。昨年から、公開を心待ちに、カウントダウンに入っているコミック・ファンたちと共に、乞うご期待。