社長・植野毅からのメッセージ

President・COO・社長:植野毅(Takeshi Ueno)

ライトハウス社長・植野毅(うえのたけし)の略歴:

1971年生まれ。神戸大学 理学部卒。新卒で株式会社リクルート入社。16年間在籍し、人材・教育・販促・旅行という多様な事業部で働く。経験が深い領域は、営業マネジメント、人材育成、新規事業開発など。旅行事業の海外展開を担当している時に、自分自身が海外で働き、生活することへの興味が高まって退職。その後、妻と二人でバックパックを背負って、210泊、33カ国の世界一周旅行を体験。2013年4月、縁あってロサンゼルスに移住。ライトハウス社にて、これまでの経験を活かしつつ、日々学びながら、経営の一翼を担当しています。

植野からのメッセージ:

2018年には、ライトハウス社は創業30年目を迎えます。ロサンゼルスの在米日本人の灯台で在りたいという思いを胸に、生活情報誌として産声をあげた「Lighthouse」は、サンディエゴ、ハワイ、シアトル・ポートランドと事業展開エリアを広げ、更には国際教育事業、Eコマース事業と事業領域も多角化させてきました。
まず第一に、地域の皆さま、顧客の皆さまの応援・支援なしに「Lighthouse」は存在しえず、心から感謝しています。そして、これまでライトハウス社が展開する事業を支えてきてくれた全従業員に敬意を表したいと思います。
私自身は、「Lighthouse」の生みの親ではありませんが、育ての親で在ろうと覚悟しています。意志と覚悟。一緒に働く仲間と共に、これまで以上に皆さまに愛され、信頼される灯台で在れるよう、変化を恐れず、日々学び、チャレンジし、進化し続けて行きたいと思っています。よろしくお願いします。
 
»ライトハウス社長・植野毅のブログはこちら


「ライトハウス(TAKUYO CORPORATION)」のコンテンツ