学ぶ・育てる
Study

【活かす!イングリッシュ】Vol.29&30 英語で挨拶

キャズ・カワゾエ
あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ
1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

●この記事で紹介する「"お久しぶり!""最近、どう?"など英語の挨拶表現」

Long time no see. ご無沙汰〜/お久しぶり(長いこと会ってないよね)
---Same here. ホントだね
What's happening? What's up? 最近、どうしてる?
---Not much. あまり変わりないよ


世界中、どこの国でも、「あいさつ」というのは、大切なことだと思います。

日常生活の中で交わされる「あいさつ」は、人と人とのふれあいの第一歩。あいさつ一つで、相手の印象が変わったり、その日、相手がどんな気分でいるかが感じられたりするものです。

どうしても、「英語のあいさつ」と言われると、日本の学校で習った、"Hello. How are you?" とか "How are you doing today?" という、型にはまった「あいさつ英語」が頭に浮かぶかも知れませんが、日本語のあいさつでも「こんにちわ」の次に続くセリフが「最近、いかがですか?」「お忙しいですか?」「お久しぶりですね〜」や、関西の人なら「儲かりまっか?」だったりするように、色々とパターンがあるのです。

私の留学時代、日本人の友だちが、「アメリカ人に、"What's up?" って聞かれて、思わず、上を見ちゃったけど、あれって、何?」と聞かれたことがありました。"What's up?" なるほど、日本語に訳してみると、「上にナニがあるの?」と聞かれたと思いますよね。でも、これも、気さくなあいさつの言葉。

この場合の 'up' は、口語での、「(物事)が起きている、起こっている」という意味で使われているので「何が起こっているの?」と聞かれていることになります。で、実際には、普通に歩いていたりで、何も「コトが起こっている」わけではなくても、この "What's up?" は使えます。「どうしてるの〜?」「元気?」という感じで、特に若者の間で気軽に使われる「あいさつ」なのです。


気さくな「あいさつ」の例

What's happening? (最近)どうしてるの?
Long time no see. ご無沙汰〜/お久しぶり(長いこと会ってないよね)
What's new? (この頃)なにか新しいことある?
How's it going? どんな感じよ(全般的に)?


上記の Long time no see 以外の文には、lately(最近)や nowadays(この頃)という単語を付けると、もっと具体的に、相手の近況を聞くことになります。

と、アメリカ人たちが気さくに口にする「あいさつ」をご紹介したところで、次回は、こうあいさつされた時、どう答えたら良いのか、その「返事」について、書きたいと思います。相手から気さくにあいさつをされても、答えられないんじゃ、困りますものね・・・。

(2009年6月1日号 掲載)


前回、このコラムでは、「気さくなあいさつ表現」をいくつかご紹介しました。日本の学校で習った、"Hello. How are you?" とか "How are you doing today?” という、型にはまった「あいさつ英語」ではないけれど、アメリカにおいて、ごく日常的な会話で使われる表現です。

そして今回は、それらのあいさつに対しての一般的な「返事」の例をご紹介したいと思います。あくまで、差しさわりのない返事の例です。


あいさつされた時の「返事」の例

What's happening? What's up?  (どうしてる?)
---Not much. (あまり変わりないよ)

Long time no see.  ご無沙汰〜/お久しぶり(長いこと会ってないよね)
---Same here. (ホントだね)

What's new?  (この頃)なにか新しいことある?
---Nothing much. (そうでもないよ)

How's it going? どんな感じよ (全般的に)?
---Good. (いいよ)
---So so. (まぁまぁ)
---It's all right. (大丈夫だよ)
---Same old, same old. (まったく相変わらず)注:普通、2回繰り返して言う


と、いくつかの例を挙げてみましたが、これは、普通に考えられる返事の例で、一般的なもの。差し障りのない返事なのですが、例えば、新しい彼氏ができたのならば、What's happening? や What's new? の問いかけには、"I got a new boyfriend, and it's going great.(新しい彼氏ができて、イケてるのよ〜)" などと答えたり、"Long time no see." と言われた相手を、実際には先日見かけていたら、"Yeah, but I saw you at the mall the other day.(そうだね、でも、この前モールで見かけたんだよ。)" などなど、状況によって、返事はさまざま。

そして、最後の例文の "How's it going?" は、全般的な状況をたずねているので、実は病気や怪我をしたなど、なにか悪いことが起きている場合ならば、"It's terrible. My car is broken and I can't get around.(良くないよ。車が壊れちゃって、動きがとれないんだ)" と、これまた近況を伝えるのが返事となるわけです。

あいさつは、コミュニケーションの基本、上手に英語の「気さくなあいさつ」をしたり、されたら「返事ができる」ようになりたいですね。


(2009年7月1日号 掲載)

キャズ・カワゾエ
作家。医科系 A 級技術通訳。LA 留学中の 80 年代に歌手・作詞家として世界デビュー。その後は TV タレント、音楽ジャーナリスト、ラジオ DJ、コラムニストとして活躍。アメリカ文化・ 語学関連の著書多数。現在は2児の母ながら、執筆/通訳業の他に、アジア系タレントを扱う KAZ Talent Services 代表も務める。USC 文理芸術部卒。http://kazkawazoe.com


あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ


1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

すぐに役立つ英会話・英語レッスン

アメリカの現地生活情報誌「ライトハウス」の英語レッスンコラム。使える英単語、使えるフレーズの紹介から、米国生活で欠かせない英語表現など。手軽に、簡単に、英語を覚えたいという方におすすめ。

Lighthouse編集部
Lighthouse編集部