学ぶ・育てる
Study

【活かす!イングリッシュ】Vol.40「話題のTV番組『LOST』」

キャズ・カワゾエ
2年連続最優秀賞受賞の英会話教材スピークナチュラル

2004年の放送開始から、ずっと観ているTVドラマ『LOST』。飛行機の墜落事故により、不思議な無人島でサバイバル生活をすることになった乗客たちの物語です。完結編となる今シーズンには、真田広之も出演。いろいろドラマは佳境に入り、日米で盛り上がっています。

タイトルの”LOST”は、「行方不明」という意味だと思っていたのですが、ドラマでは乗客たちが時間や過去の記憶の中に埋もれたりと、この単語の持つほかの意味が垣間見えます。今回は”lost”を掘り下げましょう。


◎”lost”を使った表現 (日本語は訳ではなく、意味です)

■I’m lost. 道に迷ったり、相手の言っていることがわからない状態
■Lost and found 落し物預かり所のこと
■I lost track of time. ほかのことに気を取られ、時間を忘れた状態
■The team lost the game. 試合などで敗れた/負けた状態
■She is totally lost in her new job. 新しい職場で右往左往している状態


そのほか、会話の最中に相手の話が途中でふとわからなくなった時などは、”You lost me right there.(そこで、私はまったくわからなくなった)”と、的確に「そこから話がわからない」と伝えるのに便利な表現です。

(2010年5月1日号掲載)

キャズ・カワゾエ
作家。医科系 A 級技術通訳。LA 留学中の 80 年代に歌手・作詞家として世界デビュー。その 後は TV タレント、音楽ジャーナリスト、ラジオ DJ、コラムニストとして活躍。アメリカ文化・ 語学関連の著書多数。現在は2児の母ながら、執筆/通訳業の他に、アジア系タレントを扱う KAZ Talent Services 代表も務める。USC 文理芸術部卒。http://kazkawazoe.com

すぐに役立つ英会話・英語レッスン

アメリカの現地生活情報誌「ライトハウス」の英語レッスンコラム。使える英単語、使えるフレーズの紹介から、米国生活で欠かせない英語表現など。手軽に、簡単に、英語を覚えたいという方におすすめ。

Lighthouse編集部
Lighthouse編集部