学ぶ・育てる
Study

【活かす!イングリッシュ】Vol.48「日本語に聞こえる英単語」

キャズ・カワゾエ
2年連続最優秀賞受賞の英会話教材スピークナチュラル

渡米まもない頃、高校生の私は、アメリカ人から「タコ、食べに行こう」 と言われました。とっさに“Octopus?”と聞き返すと、“No, tacos!”と返され、「え?タコ酢?」と思い、頭の中がぐるんぐるんになったという思い 出があります(恥)。
でも、tacoを「タコ」だと思い違いしたことがある日本人は、きっと私だけではないはず…。  

このように、英単語には、音だけを聞いていると日本語にも聞こえる物があります。今回は、そういった笑える英単語をご紹介しましょう。  

最初に表記している日本語をそのまま読めば、英単語です。


日本語に聞こえる英単語:

■「貧乏」→ bimbo 美人だけど頭が弱い女
■「天丼」→ tendon 腱
■「おぉ〜寒っ(お〜さむ)」→ awesome スゴい、素晴らしい
■「りんご」→ lingo 外国語、専門用語
■「大きぃ土器」→ Okey Dokey OK のスラング
■「そぅそぅ」(相づち)→ so so(程度を表す)まぁまぁ、そこそこ
■「最高」→ psycho 精神病者、気がふれた   


もちろん英語なので、正しい発音をすると、イントネーションが日本語とは違いますが、かなり日本語に聞こえる英単語だと思います。  

今回の狙いは新年初笑い〜。皆さん、楽しんでいただけましたか

(2011年1月1日号掲載)

キャズ・カワゾエ
作家。医科系 A 級技術通訳。LA 留学中の 80 年代に歌手・作詞家として世界デビュー。その 後は TV タレント、音楽ジャーナリスト、ラジオ DJ、コラムニストとして活躍。アメリカ文化・ 語学関連の著書多数。現在は2児の母ながら、執筆/通訳業の他に、アジア系タレントを扱う KAZ Talent Services 代表も務める。USC 文理芸術部卒。http://kazkawazoe.com

すぐに役立つ英会話・英語レッスン

アメリカの現地生活情報誌「ライトハウス」の英語レッスンコラム。使える英単語、使えるフレーズの紹介から、米国生活で欠かせない英語表現など。手軽に、簡単に、英語を覚えたいという方におすすめ。

Lighthouse編集部
Lighthouse編集部