学ぶ・育てる
Study

【活かす!イングリッシュ】Vol.57「『詳しく教えて』もらいたい時」

キャズ・カワゾエ
あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ
1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

誰かに何かを教えてもらいたい時、口で説明してもらうのは "Tell me." で聞いて、何かを示して教えてもらうのならば、"Show me." で聞けばいいですね。
これは基本なので、読者の皆さんもご存知だと思います。

ですから今回は、もっと詳しく知りたい時の聞き方のご紹介です。


一歩踏み込んで詳しく教えてもらいたい時の表現

■ Can you walk me through it?
(本当に一緒に「歩く」わけではなく、付き添う感じで教え てほしいという意味)
■ Will you show me the ropes?
(「ロープを使って指導してもらう」のではなく、確実に「目的 =自分の知りたいコト」に近付けてほしいという表現。ちなみ に「the ropes」には、「秘訣・コツ」の意味もあります)
■ Can you guide me through?
(「終わりまで、あるいは、私が理解できるところまで、ご指導 ください」という意味)
■ Will you explain it step by step?
(「1つづつ、段階を踏んで説明くださいますか?」と言う表現)  


スマートフォンの使い方から、新しいアプリの使い方など当たり前の 日常生活で、学ばなければいけないコトが多い昨今。

こういう表現を使えば、教えてくれる側も一生懸命、教えてくれるかもしれません。

(2011年10月1日号掲載)

キャズ・カワゾエ
作家。医科系 A 級技術通訳。LA 留学中の 80 年代に歌手・作詞家として世界デビュー。その 後は TV タレント、音楽ジャーナリスト、ラジオ DJ、コラムニストとして活躍。アメリカ文化・ 語学関連の著書多数。現在は2児の母ながら、執筆/通訳業の他に、アジア系タレントを扱う KAZ Talent Services 代表も務める。USC 文理芸術部卒。http://kazkawazoe.com


あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ


1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

すぐに役立つ英会話・英語レッスン

アメリカの現地生活情報誌「ライトハウス」の英語レッスンコラム。使える英単語、使えるフレーズの紹介から、米国生活で欠かせない英語表現など。手軽に、簡単に、英語を覚えたいという方におすすめ。

Lighthouse編集部
Lighthouse編集部