学ぶ・育てる
Study

【活かす!イングリッシュ】Vol.75「“新人”の呼び方」

キャズ・カワゾエ
2年連続最優秀賞受賞の英会話教材スピークナチュラル

4月は、日本で色々なことが新しく始まる月。学校では新学年となり、 職場では、多くの新人が仕事を始める時期です。  
アメリカは、各種学校の学期の設定がまちまちで、卒業時も、卒業式が行われるのは6月が多いとは言え、取っている学期や、学校の制度で、8月や、12月、また4月に修了する学生もおり、それにともない新規就職を する時期もさまざま。  
また、中途採用も多く、日本のように、4月に一斉に多くの「新人」が生まれるわけではないのですが、そんな日本の風潮に合わせて、今回は、英語で呼ぶ「新人」をご紹介してみましょう。


「新人」を英語で言うと?

■ newbie (新人)
■ fresh face (新顔)
■ newcomer (新参者)
■ rookie (特に、新兵、警察や、スポーツ選手の新人を指す)
■ new hire (新採用者)
■ freshman (学生、議員などの1年生、新米、初心者)
■ recruit (リクルートされてきた新メンバー)  


アメリカでは一年中、色々な「新人」さんが生まれますから、こんな呼び 名、使ってみたらいかがでしょう。
ただし、本人を目の前にして「おい、新人」 とは、呼ばないように…。それはちょっと失礼なので。

(2013年4月1日号掲載)

キャズ・カワゾエ
作家。医科系 A 級技術通訳。LA 留学中の 80 年代に歌手・作詞家として世界デビュー。その後は TV タレント、音楽ジャーナリスト、ラジオ DJ、コラムニストとして活躍。アメリカ文化・ 語学関連の著書多数。現在は2児の母ながら、執筆/通訳業の他に、アジア系タレントを扱う KAZ Talent Services 代表も務める。USC 文理芸術部卒。http://kazkawazoe.com

すぐに役立つ英会話・英語レッスン

アメリカの現地生活情報誌「ライトハウス」の英語レッスンコラム。使える英単語、使えるフレーズの紹介から、米国生活で欠かせない英語表現など。手軽に、簡単に、英語を覚えたいという方におすすめ。

Lighthouse編集部
Lighthouse編集部