学ぶ・育てる
Study

目指せ!ネイティブENGLISH「英語完全学習術」

あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ
1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

アメリカ在住者であっても、日々の暮らしの中で「もっと英語が上手に話せたら…」と痛感する場面は尽きないもの。アメリカに長く住むだけで、自然と英語が上手になっていくわけではないようです。どうしたらネイティブ・スピーカーの英語に近づけるのか、アメリカ現地で英語指導を行う熟練のプロ講師からとっておきのアドバイスをいただきました。



【読者アンケート】

今回の企画に先がけて行った『Lighthouse』読者アンケートでは、在住者の英語への真剣な思いがうかがえました。大多数が在米年数も長く、留学や国際結婚がきっかけで移住し、英語は仕事でも使えるレベルだと認識しているにもかかわらず、実に9割近い読者が、「もっと英語が上手に使えるようになりたい!」と願っているのです。
特に向上したい分野は、ほぼ同率で.椒ャブラリー、▲好圈璽ング 、H音、ぅ螢好縫鵐阿上位に。ビジネスで使うフォーマルな英語やプレゼンテーションの技術などがそれに続いています。
これまでで役に立った学習法としては、.優ぅ謄ブ・スピーカーと会話する、▲謄譽咾箟撚茲鮓る、仕事で使うなど、アメリカ在住ならではの実践的方法が上位を占めました。
それにしても、どうして私たちはいつまでも英語について納得のいくレベルに到達できないのでしょうか?どれほど上達しても、まだまだ足りなく感じるのはなぜなのでしょう?
この特集では、日本人を対象に英語を教える英語指導の専門家にインタビューをし、日本人の英語学習者に多く見られる共通の問題点をうかがうと共に、簡単に実践できる英語上達法を教わりました。
今すぐ行動に移して、英語力を高めていきましょう!



【リスニング編】

「え、今のはなんて言ったの?」日々の生活で思うように単語が聴き取れなくて困った経験は誰でもあるものです。TVや映画ももっと分かるようになりたい。そんなリスニングの悩みを解決する上達法をうかがいました。

アドバイザー:陽子セニサック先生/淳セニサック先生(BYB English Center)
サウスベイ、オレンジカウンティーで、さまざまな在住日本人へ英語指導を続けて30年。
日本で書籍『奇跡の音 8000ヘルツ英語聴覚セラピー』を出版するなど、リスニングについて研究を重ねてきたベテランです。「マラソンと同じように目標を決めてコツコツと練習していくことで必ず上達します」とは淳さん。さすがランニングチームを持つBYBならではのアドバイスです。www.bybgroup.com

『日本人のココ改善』

,燭世領し聴きは効果なし
たくさん聴くのは良いことですが、ただ流して聴いてもダメ。
一語一語を意識して、 書き取りテストをするくらいに注意深く聴くことで上達します。
▲皀船戞璽轡腑鵑長続きしない
英語習得への目的が不明確なために中途で挫折する日本人は結構多いもの。
なぜ英語が上達したいのかを明らかにして、継続することが大切です。
4萎主義を求め過ぎ
聴き取れないことにこだわって自信をなくす人が多いのが残念。
完璧主義に陥らないで、すでにできている自分をほめて伸ばしてあげましょう。

『さぁ今日から実践!』

.轡礇鼻璽ぅ鵐
ひとつひとつの言葉に注意をしながらリスニングするための「書き取りテスト」。1日15分〜30分で良いので、オーディオブックや映画など、英語の原文が手に入るもので実践してみましょう。
まずは聴きながらビデオや音声を止めつつ、聴こえた通りに書きとめる。そして原文と照合して答え合わせ。聴けてなかったところを確認して再度聴く。そのサイクルを繰り返すことで、だんだんと聴こえなかったディテールまで聴こえるようになってきます。
DVDリスニング上達法
興味のある分野の映画やドラマをピックアップ。音声は英語で、最初に日本語字幕でストーリーをじっくり理解。次に字幕なしで見ながら会話の聴き取り実験。止めながら、分からなかった場面はメモしておきます。最後に英語字幕をオンにして再視聴。聞き取れなかった部分を確認します。知らなかった単語や言い回しは必ずメモして覚えてしまいましょう。


【ボキャブラリー編】

分からない言葉は、いくら努力しても聴き取れないし、使えない。どうやったら語彙は増やしていけるのでしょう?闇雲に覚えるだけの日本式受験勉強的暗記法とはひと味違うお役立ちアドバイスをいただきました。

アドバイザー:ジェレミー・キング先生 青井ゆかり先生 AOI College of Languages
UCアーバイン校と提携し、世界各国から留学目的の学生が集まるAOIカレッジ。大学入学に向けたTOEFL対策のプログラムもあることから、ボキャブラリー教育には自信あり。読み書きや文法はあまりできないのに、話すととても流暢な生徒が多い国や、日本のように、その逆の生徒が多い国も。良い悪いではなく、そういう特徴を理解しながら、それぞれに合った語彙習得法を採用することで成長をうながすことができるのだそうです。www.aoicollege.com

『日本人のココ改善』

ー書に頼り過ぎる
分からない単語をすぐに辞書で調べてしまうと文脈から推測する能力が育たず、しかもすぐに忘れます。グッと堪えて想像力を働かせましょう。
詰め込み学習しか知らない
単語の勉強と言うと、受験勉強のように丸暗記して詰め込もうとする生徒が多いのですが、「使う」ための学習の仕方がちゃんとあります。
C里蕕覆じ斥佞砲海世錣蟆瓩
ネイティブだって全ての単語や言い回しを知っているわけではありません。知らない言葉があることに自信をなくさないようにしましょう。

『さぁ今日から実践!』

|姥譽痢璽箸鮑遒
そんな昔ながらの方法?と驚くかもしれませんが、単語や慣用句専用のノートを作って復習することは、語彙力増強の最高の方法です。読書やテレビ、日常生活で知らない言葉に遭遇したら、すかさずメモ。後でノートに写して意味を調べ、使われた場面などの周辺情報を記録しておきます。
言葉の学習には反復演習が不可欠。毎晩眺めて復習しましょう。計画は現実的に、毎週新たな単語は15 個程度がオススメ。それでも1年で780個になります。
△箸砲く読むこと
ボキャブラリーを増やすには、知らない言葉にたくさん触れ続けないといけません。そのためには、やはり読書です。とにかく何でも興味がある分野のもの、小説、ライトノベル、雑誌の記事でも大丈夫。大好きな分野のことなら楽しくワクワクしながら読み続けられます。アメリカの学校でも盛んに読書をさせられます。分からない言葉は単語ノートに落として習得しましょう。


【発音編】

キレイな英語を話す友達や同僚を見て、「自分もあんな風に話せたら…」と憧れた経験はありませんか?ネイティブのような滑らかで流れる英語は発音が決め手。この道25年のベテランに秘訣をうかがいましょう。

スコット・ペリー先生(発音矯正トレーナー/言語学者)
日本の高校で英語教師をしていた頃、スピーチ大会に出場する生徒を指導し、全国大会に導いた経験がヒントとなり、独自の指導法を開発したスコット先生。日本をはじめ世界中の日本人生徒に日々スカイプで発音を指導中。カタカナ英語からの脱却法を教わりました。www.scottperry.jp

『日本人のココ改善』

日本語の発音のまま英語を話す
口の形や舌の位置、呼吸の使い方などが日本語発声のままで英語を話しても、英語らしい音は生まれません。カタカナ発音が抜けない理由です。
発音をカタカナ変換してしまう
外国語をカタカナに置き換える習慣が、「注意深く耳を澄まして聴くこと」と「それを再現するために工夫をすること」を妨げています。
H音に自信がない
アメリカ人同士でも聞き取れずに聞き返すことは日常茶飯事です。自分の発音を責めて自信をなくすと声も小さくなって、より通じにくくなります。

『さぁ今日から実践!』

ー分のカタカナ変換に気付くこと
英単語に遭遇したとき、日本人は頭の中で咄嗟にカタカナ変換して再現しようとします。他国の人々は「音」を一生懸命聴こうとするのに、日本人はカタカナに変換できた時点で注意深く聴くのをやめてしまいます。まずは無意識の癖に気づきましょう。
注意深く「音」を聴く
カタカナ変換の習慣を意識しながら注意深くありのままの音を聴く癖をつけて、「聴く耳」を育てましょう。耳と口はつながっています。音楽を聴くように一音一音を大切に聴いて、音感を育てていくことで、発音も良くなっていきます。
唇や喉、全身で真似る
ネイティブがどうやってその音を出しているのか、口の形や舌の動き、喉や胸の使い方などを見て真似ること。俳優になった気分で試行錯誤しながら、アメリカ人を演じましょう。


【スピーキング編】

スーパーのレジやエレベーターの中、何かを待っているときなど、アメリカ人は初対面でも気さくに話しかけてきます。そんなときに明るく楽しく会話できたなら最高ですね。ネイティブ会話の秘訣を教わりましょう。

アドバイザー:シャーミン・パーク先生、クリスティーン・トーレス先生(English Park)
日常会話からビジネス・プレゼンテーションに至るまで、あらゆる英語ニーズに応えるカスタマイズした個人レッスンを提供中。さまざまな会話の場面で何を話したらいいのか分からなくて、せっかく学んだ英語が「使えていない」とシャーミン先生は言います。アメリカ人が育つ環境を理解すると共に、会話の特性、日本との違いを良く知ることが解決につながりそうです。http://englishpark.us

『日本人のココ改善』

]辰剖饌寮がない
「今日は何したの?」という質問に「買い物に行きました」だけで会話が終わってしまう。せっかくのチャンスを活かせていなくて残念。
▲謄ニックにとらわれる
いろんな国やバックグラウンドの人が混在しているのがアメリカ社会。発音はある程度で大丈夫。技術よりも場数が大切です。
心配しすぎる
こんなことを話したら相手を退屈させないかしらなどと心配は無用です。アメリカでは一方的に話す人が多いので、空気を読み過ぎないのが正解。

『さぁ今日から実践!』

ー遡笋涼人になる
アメリカでは小さな頃から質問をしないのはいけないことと教わって育ちます。話し相手やさまざまなトピックスに関心を持ち、質問という形で表現することは、英語コミュニケーションの基礎なのです。まずは質問すること。
日本では個人的なこととして詮索しない場面でも、遠慮なく聞いて大丈夫。こんなときにはこんな質問をしてみようというサンプル質問集を次頁に掲載したので参照してください。自分から質問することを毎日の課題に!
∀辰魘饌療に展開する習慣
アメリカ人は話好きな国民です。細かいことなど聞いてないのに、ちょっと質問すると延々と話してくれます。話のボリュームが圧倒的に違うのです。「How are you?」に対して「Fine.」だけでは会話になりません。朝からどんなできごとがあって、どんな気分か。これから何をするのか、そして、あなたは?などと、どんどん展開していくことで会話となります。外に出て場数を踏みましょう。


【スモールトークの達人になる!】

さあ、後はここまでの素晴らしいアドバイスを生かして、実践あるのみです!せっかく生きた教材と、英語を磨く場が目の前にあるのに、尻込みしていてはもったいないですね。会話は自分がリードすることで、とても楽しくなります。まずは質問をすること。話好きなお国柄ですから、きっと喜んで答えてくれるでしょう。どんどん場数を踏んで、自信をつけていきましょう!(例文提供: English Park)

『初めての人と』

説明会やセミナーで隣同士になった人と、必ずと言っていいほど話し始めるのがアメリカ人。パーティーでのきっかけづくりにも最適な質問集です。
1. Have you been to seminars like this before?
(こういうセミナーには前にも来たことがありますか?)
2. What did you think of the presentation?
(今日のプレゼンテーションはどう思いました?)
3. How do you know the host of the party?
(パーティーのホストとはどういうお知り合いですか?)
4. Have you tried the shrimp? They're really very tasty.
(このエビ食べました?ものすごくおいしいですよ!)

『オススメを聞く』

気に入った物や店を薦めたくなるのは万国共通。ホスピタリティー精神に富んだアメリカ人との関係づくりのきっかけにも最適な質問です。
1.I've been looking for a good Indian restaurant.
Do you know of a good one?

(おいしいインド料理の店を探してるんだけど、どこか知ってる?)
2. I need to fi nd a good eye doctor. Do you know of one?
(良い眼医者さんに行きたいんだけど、誰か知ってる?)
3. Do you have a good idea for a weekend getaway?
(週末にちょっとした小旅行に行くとしたらどこがいいかしら?)
4. I'm thinking of taking my family to a national park.
Have you been to any good ones?

(家族と国立公園に行きたいんだけれど、お薦めあります?)

『週末や休暇のプラン』

夜や週末、長いバケーション前の予定について聞いたり話したりすることは本当に多いもの。また、その後にどうだった?と関心を示すのも良いですね。
1. Do you have any plans for the weekend?
(この週末は何をする予定なの?)
2. What are you doing for the Memorial Day long weekend?
(メモリアルデーの連休には何か特別な予定があるの?)
3. Have you made any plans for the summer?
(この夏はなにか特別な計画あり?)
4. How was your weekend?
(週末はどうだった?)

『相手をほめる』

服やアクセサリー、髪型、ネイルなどを手放しでほめてあげるのも、特に女性同士の場合にお薦めの楽しい会話のきっかけです。
1. I love your necklace! Where did you get it?
(そのネックレス素敵!どこで買ったの?)
2. That cake you made was delicious! Can I get the recipe?
(お手製ケーキすごくおいしかったわ。作り方を教えて。)
3. I love your nails! They're gorgeous!
(素敵なネイルね。ゴージャス!)
4. That's a nice haircut. Where do you usually go?
(その髪型、素敵じゃない〜。いつもどこで切ってるの?)

『文化への関心』


日本で生まれ育った人は、アメリカの文化的慣習について聞いてみると会話の有効なきっかけとなります。知っているつもりのことでもあえて聞いてみては?
1. I've always wondered about Memorial Day.
What is it Americans are celebrating?

(いつも思ってたんだけど、メモリアルデーってアメリカ人は何を祝うものなの?)
2. Why do Americans cook turkey on Thanksgiving?
(どうしてアメリカ人って、サンクスギビングにターキーを料理するの?)
3. Why do people decorate Christmas trees at Christmas?
(どうしてクリスマスにクリスマスツリーを飾ったりするの?)

『締めの言葉』

そろそろ会話を終わりにしたい場合に便利なフレーズ集です。ワンパターンにならずに自然に次につながるように、明るく笑顔で伝えましょう。
1. I’d better be going. I have lots to do.
(あ、そろそろ行かなきゃ。やることがいっぱいなんだ)
2. Keep in touch! (また連絡するね)
3. It was nice seeing you. Take care!
(会えて良かったよ。元気でね。)
4. It’s been good talking to you! (楽しかったよ。)
5. Hope to see you again! (また会おうね!)
6. Say hello to Susan! (スーザンによろしく!)


あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ


1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

すぐに役立つ英会話・英語レッスン

アメリカの現地生活情報誌「ライトハウス」の英語レッスンコラム。使える英単語、使えるフレーズの紹介から、米国生活で欠かせない英語表現など。手軽に、簡単に、英語を覚えたいという方におすすめ。

Lighthouse編集部
Lighthouse編集部