学ぶ・育てる
Study

【活かす!イングリッシュ】Vol. 4「略語を解く!」

キャズ・カワゾエ
あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ
1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

第1回で、街路標識の略字の意味を説明し、日頃ドライブ中に目にする謎の略語について書きましたが、今回は、生活の中で意味のわからない略字に遭遇した時に、どう聞けば的確にその略語の意味、元の単語、言葉を教えてもらえるかについて書きたいと思います。


いくら長めの名称とはいえ、自国の正式名である「the United States of America」を平気で略して「U.S.A.」と表現し、場合によっては、さらに短く、「US」とだけ書いてしまうお国柄、アメリカ。

まぁ、英語には、日本語のように意味を持つ文字、漢字というものがないので、何を書くにもアルファベットを羅列しなくてはならず、それが面倒というのはわかります。でも、読者の皆さん、アメリカで生活していて、略語が多過ぎると思いませんか〜?

ちょっと英語に通じている人なら、「略語」は英語で「abbreviation」や「abbreviated word」と言うことは、ご存知かと思います。それで、略語の元の意味を聞きたい時、「これって、何の略語?」と言おうと、"What is this abbreviated from?"(これは何から略されたの?)や、"What is ○○ the abbreviation of?"(○○って、何の略語?)という表現を使っている人もいるかと思いますが、日本人には、この「abbreviation」「abbreviated」などという英語、発音が難しい。

そこで提案は、もっと簡単な英語表現を使って聞いてみようということ。

通常、「この意味は、何?」と聞くなら、"What does this mean?"という英語表現が1番無難な聞き方だと思いますが、この聞き方だと、略語の元の単語が知りたいというより、その言葉自体の「意味」を聞いていると、相手に誤解を与えかねません。

なので、もう一歩踏み込んで、「この略語の元の単語は、何?」「これって、何の略字なの?」と聞く場合は、違った表現を使った方が、的確に相手に自分の質問をぶつけられるでしょう。


略語の意味を聞く時の一般的で簡単な表現

"What does ○○ stand for?" 「○○って、何を表しているの?」
"What's ○○ short for?" 「○○って、何を短くしたもの?」


さらに「この略字が読めないんだけど…」と、言いたいならば、"I can't read this abbreviation, ○○."や、"Here's an abbreviation that I don't understand."(これ、意味がわからない略字なんだ)などと言ってから相手に質問をすれば、完璧でしょう。間違いなく、あなたのボキャブラリー、知識は広がりますよ。

(2007年5月1日号掲載)

キャズ・カワゾエ
作家。医科系 A 級技術通訳。LA 留学中の 80 年代に歌手・作詞家として世界デビュー。その後は TV タレント、音楽ジャーナリスト、ラジオ DJ、コラムニストとして活躍。アメリカ文化・ 語学関連の著書多数。現在は2児の母ながら、執筆/通訳業の他に、アジア系タレントを扱う KAZ Talent Services 代表も務める。USC 文理芸術部卒。http://kazkawazoe.com


あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ


1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

すぐに役立つ英会話・英語レッスン

アメリカの現地生活情報誌「ライトハウス」の英語レッスンコラム。使える英単語、使えるフレーズの紹介から、米国生活で欠かせない英語表現など。手軽に、簡単に、英語を覚えたいという方におすすめ。

Lighthouse編集部
Lighthouse編集部