学ぶ・育てる
Study

【活かす!イングリッシュ】Vol.10「ご招待された時」

キャズ・カワゾエ
あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ
1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

 気がつけば、もうハロウィーンも終わり、一気にホリデーシーズンに突き進む11月…。
 これから年明けにかけて、サンクスギビングのディナーやら、クリスマスパーティーやら、忘年会やら、ニューイヤーズ・イブ・パーティーやら、新年会やらと、お食事会やパーティーにご招待される機会が増えるでしょう。
 忘年会や新年会は、日本人社会での慣習なので、呼ばれたらどうすればいいかなど、悩むこともないでしょうが、アメリカ生活にまだ慣れていない人は、アメリカ人のお宅からサンクスギビングの食事会やクリスマスの集まりなどに呼ばれた場合、戸惑ってしまうことでしょう。
 また、このような年末のイベントとは関係なく、例えばアメリカに駐在して間もない家族が、アメリカ人ボスや同僚から自宅での食事に招待されたとしても、呼ばれた方は、「何を着ていこう」「何か持って行った方が良いと思うけど、何が良いんだろう?」などなど、考え込んでしまうのではないでしょうか。
 そこで今回は、アメリカ人からご招待を受けた時に使えるフレーズを、いくつか提案します。


まず、普通に招待をされたら、返事は“Thank you very much.”でオッケーですが、行けるなら“I'd love to come(ぜひ行かせてもらいます)”とひと言つけると、相手に喜ばれそうです。
 また、服装に関しては、たいてい「ちょっとオシャレした程度」で問題ないと思いますが、ひょっとして正装のゴージャスなパーティーかも…と気になるのなら“Should I dress up?(ドレスアップするべきかな?)”という聞き方は、どうでしょう。
 そして、そして、日本では誰かのお宅に行く時には、忘れてはならない「手みやげ」。これは、アメリカではどうすれば良いのか、持って行く義務はあるのか、持って行くとしたら、何が常識的なのか…など、1番の悩みどころになりそうですよね。
 基本的に義務はないのですが、ご招待に対するお礼と感謝の思いを込めて、何か持って行くのは、招待された側の思いやりが伝わるので、素敵なこと。なので、やっぱり手ぶらではない方が良いでしょう。
 でも、何がイイか見当がつかない…あぁ、困った、こんなことじゃ、招待なんか受けるんじゃなかった、などと悩まないでください。ストレートな物言いのアメリカ人社会、招待を受けた後に、相手に聞けばいいんです。「何を持って行けばいいか」。

Do you need anything? (何か必要な物、何かありますか?)
What should I bring? (何を持って行けばいいですか?)
Should I get something? (何か持って行きましょうか?)


 こう聞けば、何か必要なら、そう言ってもらえるでしょうし、何も必要ないならば、“Nothing, that's OK.(いらない、大丈夫)”、“Don't worry about it.(心配しないで)”などと、相手もストレートに返事をしてくれるでしょう。ま、でも、いらないと言われても、ワインくらいは持って行くのが、よろしいかと思いますが。

(2007年11月1日号掲載)

キャズ・カワゾエ
作家。医科系 A 級技術通訳。LA 留学中の 80 年代に歌手・作詞家として世界デビュー。その後は TV タレント、音楽ジャーナリスト、ラジオ DJ、コラムニストとして活躍。アメリカ文化・ 語学関連の著書多数。現在は2児の母ながら、執筆/通訳業の他に、アジア系タレントを扱う KAZ Talent Services 代表も務める。USC 文理芸術部卒。http://kazkawazoe.com


あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ


1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

すぐに役立つ英会話・英語レッスン

アメリカの現地生活情報誌「ライトハウス」の英語レッスンコラム。使える英単語、使えるフレーズの紹介から、米国生活で欠かせない英語表現など。手軽に、簡単に、英語を覚えたいという方におすすめ。

Lighthouse編集部
Lighthouse編集部