学ぶ・育てる
Study

【活かす!イングリッシュ】Vol.22「食べ物を使った表現」

キャズ・カワゾエ
あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ
1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

さて、11月。季節感のない南カリフォルニアにも、すっかり秋の気配が漂い、月末にはサンクス・ギビングと、食の季節の到来です。そんな秋の話題を考えていた先日、まったく食とは関係のない、テレビのタレント・コンテスト番組を見ていて、当コラムのお題を見つけてしまいました。

その、私が見ていたタレント・コンテストでは、ある出場者が素晴らしいパフォーマンスをしたので、観客は拍手喝采を贈り、大声援を受ける出場者も、両手を振り上げ、観客たちをさらにあおったため、拍手は鳴り止まず、会場が静まらない状態になっていました。そして、しばらく経っても、会場は盛り上がったまま、うるさくて、出演者にコメントするジャッジたちも、その大騒ぎに口をはさめず、困ってしまう一幕があったのです。

その時、ジャッジの1人が、ちょっと呆れたように、 "Yeah, milk it. Milk it." と言っているのを聞いて、「おぉ、今度は食べ物を使った英語表現をお題にしよう〜!」と、ひらめいた次第。なので、今回は、食べ物を使った英語表現を幾つか、ご紹介しましょう。

まず、この、お題をひらめかせてくれた、 "milk it" という表現ですが、これは、「引き出す」「しぼり出す」という意味。


なので、私が見ていたテレビ番組においては、このセリフを口にしていたジャッジは、歓声をおくり続ける観客と、それをあおる出演者に、「あぁ、気が済むまで、好きなだけ、騒ぎなさい…」といった、ちょっとシニカルな気持ちで、 "Milk it." と言っていたのでしょう。

では、以下に、いくつか食べ物を使った表現を、例文と一緒にご紹介します。

食べ物を使った表現

●butter 誰それ up (誰それに、お世辞を言う)
●Stop buttering me up. (私を褒めちぎるのはやめて)
●a beef about 何なに (何々に不平がある)
●Do you have a beef about me? (私に文句があるの?)
●a pickle (困った立場、窮地)
●I'm in a pickle. (私はマズイ状況にいる)


また "egghead" という表現がありますが、日本語で、卵=つるつるの頭=シワがない…と連想すると、頭が悪い人のようなイメージを感じますが、英語だと、「知識人、インテリな人」のことを、 "egghead" と言います。いっぱい知識が詰まった人になっちゃうわけです。

(2008年11月1日号掲載)

キャズ・カワゾエ
作家。医科系 A 級技術通訳。LA 留学中の 80 年代に歌手・作詞家として世界デビュー。その後は TV タレント、音楽ジャーナリスト、ラジオ DJ、コラムニストとして活躍。アメリカ文化・ 語学関連の著書多数。現在は2児の母ながら、執筆/通訳業の他に、アジア系タレントを扱う KAZ Talent Services 代表も務める。USC 文理芸術部卒。http://kazkawazoe.com


あのライザップが英語力にコミットする!【公式】ライザップイングリッシュ


1週間無料キャンペーンを実施中!オンライン英会話【NativeCamp】

すぐに役立つ英会話・英語レッスン

アメリカの現地生活情報誌「ライトハウス」の英語レッスンコラム。使える英単語、使えるフレーズの紹介から、米国生活で欠かせない英語表現など。手軽に、簡単に、英語を覚えたいという方におすすめ。

Lighthouse編集部
Lighthouse編集部