遊ぶ
Leisure

ゴルフ南加A(なんかエエ)コース!

ゴルフライター「ヒデ・スギヤマ」による、ロサンゼルスを含む南カリフォルニアのゴルフコース情報とゴルフ雑学エッセイ。

ヒデ・スギヤマ/平日はハリウッド映画業界を駆け回るビジネスマン、
週末はゴルフと執筆活動に励むゴルフライター。

ヒデ・スギヤマ

Vol.8 Moorpark Country Club
好評の新設ゴルフ場は高級感とゆとりある設計

サンフェルナンドバレー

11800 Championship Dr.,
Moorpark, CA 93021
☎805-532-2834
www.moorparkcountryclub.com

ヒデ・スギヤマが綴るエッセイ
ゴルフ徒然草2006
vol.8「プロゴルファーの業務と義務 (前編)」はこちら


辛口スコアカード

1番ホール: プロショップの従業員の対応 (±0)
2番ホール:
ドライビングレンジ設備レベル (−1)
3番ホール:
カートと機器(GPS他)のレベル (−1)
4番ホール:
コース全体の景観 (−1)
5番ホール:
フェアウエイのコンディション (±0)
6番ホール:
グリーンのコンディション (±0)
7番ホール:
ホットドッグの味 (±0)
8番ホール:
バーのサービス内容 (−1)
9番ホール:
料金(注) (±0)
Total:
4アンダー(−4 )
注:料金は「安ければ良い」という意味ではなく、内容に見合っていたかどうか


メディアでも好評
高級感・設備はウワサどおり

今回は新設ゴルフコースの中でも好評価をよく耳にする、Moorpark Country Clubを訪れました。場所はフリーウェイ5号線と405号線の交わる少し南側の118号線を西に向かい、シミバレーを通過してから少し北上するとすぐです。詳しくはwww.moorparkcountryclub.comにて。

ウェブサイトを開くとまず目に飛び込んでくるのは各メディアからの高い評価。ゴルフマガジンが発表する“All America Top 10 New Places to Play”選出。ゴルフウィークが発表する“All America Top 40”にも2年連続で選出、他に“Best Condition Golf Course in Venture Country”など、なかなか人気が高いようです。
まずクラブハウスがかなり立派な建物で、カリフォルニアのカラッとした雰囲気というよりは、多少は重厚な日本の名門コースのような印象です。高級感を求める方を喜ばせたいなら最適でしょう。プロショップの従業員の対応は特に問題ありませんでした。ショップの商品も充実している印象です。ドライビングレンジは素晴らしいです。
Dレンジの評価基準はこれまでも書いてきましたように、まず天井はもちろん左右と奥にネットがないこと、芝から打てること、ボールのクオリティーがある程度のレベルを保っていること、打った距離が把握し易いこと、クラブハウスや1番ホールからあまり離れていないこと、などが挙げられますがここはそのすべてに優れていました。


本格派も満足できる
距離たっぷりのコース

次にカートは最新機種のもので、美しいCG画像でホール全体のレイアウトを見ることができ、GPSでボールからカップまでの距離を正確に提示します。やはりきれいな映像はゴルフの楽しみを倍増してくれますね。クーラーボックスの中には冷たいミネラルウォーターが2本。うれしい気配りです。
コース全体の景観はなかなか豪快で雄大なものでした。自然の景色が素晴らしいというより、ここの優れている点はホール同士があまりくっつき過ぎず、ゆったりとレイアウトされており、従ってホールごとの景色がガラッと変わり、印象が異なる楽しみがあるところです。前のホールは大きな池が有ったと思ったら、次は高い木がホールの両側に並んでいるというような…いわゆる本格派のコースという印象。距離もタップリあって歯ごたえのあるコースが好き、という人はぜひプレーしてみてください。


少し甘さが見受けられ
コンディションは並

フェアウエイのコンディションは全体的には素晴らしいのですが、何カ所か完全に手を抜いている部分が有り(意図的にラフな状態にしたとは思えず)、やはりどうしてもまずい箇所の記憶が残るのでパー。グリーンも同じです。決して悪くないのだけど、ホールによって芝の状態が異なっていたりして、ちょっと仕事が甘い印象ですね。ここもパー。
ホットドッグは何の個性もない普通のもの。ただボギーにするほどの問題点もないのでこれも何とかパーセーブ。ホットドッグと言えば最近のゴルフ場に増えたことで、ケチャップ、マスタード、ラディッシュなどを個別包装にしているところが多いですよね。清潔だしコストも抑えられるのでしょうが、あれ毎回引き裂いて入れるの、面倒くさくないですか? 個人的には嫌いです。急いでいる時はイライラするし、手も汚れるし…。 ここも個別包装でした。

コースを一望できるバーで
プレー後はリラックス

プレー後のバーはとても良かったです。まず私見ですが、ゴルフの後ってアウトサイドでのんびりしたいと思いません? それも日よけ屋根がついているテラス席がゆったりと設置されていて、ゆるやかな風が入ってきて先程までプレーしていたホールが見えている。そこで軽くチップスでもつまみながら、冷えたビールを1杯。いくらお洒落なバーでも、ゴルフの後だけはインサイドだと何か少し息苦しく感じます。
ここのバーは私の理想形で、まずクラブハウスのバーからそのまま外に出られ、そしてきれいな花に飾られたテーブルが、ゆったりと7〜8台並んでいます。日よけがあるので暑くなく、目の前はすべてオープンなので涼しい風だけが入ってくる。愛想の良い女の子が、最愛の人に出会ったような笑顔で運んでくれる(ホントはティップのために)。ビールで喉を潤す。至福のひと時です。オープンテラスのバー設備は、カリフォルニアのゴルフ場には不可欠だと思いますが、いかがでしょう。

値段は週末のレギュラータイムで$105。ちょっと高い? でも全体の雰囲気からしてもまあ納得できます。コースも27ホールあって、すべての設備がゆったりと作られているので空間に“ゆとり”があり、それが全体の高級感に繋がっています。もし日本からのお客をゴルフでお世話することになり、その人がかなりの“ゴルフ・やり手”の方なら、プレー・雰囲気ともにここはおすすめですね。

ゴルフ南加Aコース一覧はこちら