遊ぶ
Leisure

ゴルフ南加A(なんかエエ)コース!

ゴルフライター「ヒデ・スギヤマ」による、ロサンゼルスを含む南カリフォルニアのゴルフコース情報とゴルフ雑学エッセイ。

ヒデ・スギヤマ/平日はハリウッド映画業界を駆け回るビジネスマン、
週末はゴルフと執筆活動に励むゴルフライター。

ヒデ・スギヤマ

Vol.16 Aliso Viejo Golf Club
ジャック・ニクラウス設計のゴルフ場
美しい景観のフェアウェイは工事途上

オレンジ

25002 Golf Drive,
Aliso Viejo, CA 92656
☎949-598-9200
www.alisogolf.com


ヒデ・スギヤマが綴るエッセイ
ゴルフ徒然草2006
vol.16「ドライバー今昔物語」はこちら


辛口スコアカード

1番ホール: プロショップの従業員の対応 (+1)
2番ホール:
ドライビングレンジ設備レベル (±0)
3番ホール:
カートと機器(GPS他)のレベル (±0)
4番ホール:
コース全体の景観 (+1)
5番ホール:
フェアウエイのコンディション (±0)
6番ホール:
グリーンのコンディション (±0)
7番ホール:
ホットドッグの味 (±0)
8番ホール:
バーのサービス内容 (±0)
9番ホール:
料金(注) (+1)
Total:
3オーバー(+3)
注:料金は「安ければ良い」という意味ではなく、内容に見合っていたかどうか



ニクラウスが手がけた
オレンジカウンティーで初のゴルフ場

今回は、あのジャック・二クラウスがオレンジ・カウンティーで初めてデザインしたことで有名な、アリソ・ビエホ・ゴルフクラブを訪れました。筆者は3年ほど前に数回プレーしたことがあり、池がよく効いた面白いコースだったという記憶があったので楽しみにしていたのですが…。 まず電話で予約した際に、「確か36ホールあったと思うけど、その日はどういう組み合わせで回れるのかな?」と尋ねた際に、「いいえ、当ゴルフ場は18ホールです」と言われ、『そうだったかな。自分の記憶間違いか…』と少し気になったのですが、案の定、当日はとっても驚かされることになるのでした。詳しくは後述にて。場所はFWY405号かFWY5号のいずれかを南下、その両FWYが交ってすぐに南側にある、アリソ・ビエホ市にあります。詳しくは:www.alisogolf.com


まずプロショップの対応。これまでよほどのことがない限り、パー以下をつけたことはありません。ほとんどのゴルフコースの対応が、米国では珍しいほどきびきびしているからです。でも今回はボギーに。それは従業員の対応が悪かったからではありません。それどころか、彼らはとても爽やかで礼儀正しい対応で出迎えてくれました。問題は、ゴルフ場がとんでもないことになっていることを、電話予約の際、またチェックインの際に一言も言ってくれなかったことです。


筆者、愕然・・・
とんでもないことに遭遇

そのとんでもないこととは…。 どうやら何らかの理由で36ホールあったコースを解体し、分譲住宅を開発するのか、他の商業施設を建てるのか、とにかく36ホールのうち、22ホールが跡形もなく消えているのです。そこには巨大なブルドーザーと砂利を運ぶ大型トラックが砂煙を上げて走り回っており、またその解体した22ホールがクラブハウス(3年経ってもまだ仮設だし…)から遠い場所でやっていればまだしも、目の前の部分を全部工事しているので、ゴルフ場というよりは山中の砕石場みたいな状態なのです。当然、1番ホールに行くにはカートで長ーい旅に出なければなりません。至るところに剥がされた芝の残骸が…。そしてドライビングレンジも跡形も無くなっていました(従って今回のDレンジ採点は不可能のため、とりあえずパーにしています)。

工事中につき
コースはアクセス複雑に

そしてコースの回り方が複雑怪奇なのです。14番まで終わると、また1番ホールに行って、先にプレーした4ホールをもう一度プレー、合計18ホールに無理矢理しました、という感じ。しかもその1番も、クラブハウスから遥か彼方に遠ざかっているわけですから、以前は普通の途中のホールだたわけで…。 とにかく元々そういうふうに造っていないので、ホール間のアクセスがややこしくて何度も迷いました。従って9番ホールを終えてもクラブハウスに戻れず、恒例のホットドッグチェックも今回は不可能でした(これもとりあえずパーにしていますが)。もっとも、フェアウエイ、グリーンともに手入れは良くできていました。カートも特に問題ありません。ただ景観は…、多くのホールは池が絡んで美しいのですが、数ホールはその工事現場の真横で、そりゃあひどいものです。従ってボギーに。ゴルフ場がただの更地になったら、あんなに広大で味気ないものなのかと改めて驚かされました。


クラブハウスはベター
今後の改善に期待

バーも一応ありますが、当然ながら仮設のクラブハウスの中です。まあ一応外にパティオ席を設けているので、パーにしました。料金は平日のレギュラータイムで$59。こんな状況ならもっと安くしたら!ここもボギーに。とにかく、ゴルフ場も色々と事情があるでしょうし(おそらく開発がうまく進まず、ゴルフ場経営を止めて転売したのでは?)、そこまでは我々も関与しません。ただ、あんなとんでもないことになっているなら、電話予約の際に、またはチェックインの際にちゃんと説明するべきではないですか? そしてどうして18ホール残さなかったのか?という点が極めて不思議です。何よりもよくジャック・ニクラウスが了承しましたね。さすがに今回は少し怒りの3オーバーでした。

ゴルフ南加Aコース一覧はこちら