遊ぶ
Leisure

ゴルフ南加A(なんかエエ)コース!

ゴルフライター「ヒデ・スギヤマ」による、ロサンゼルスを含む南カリフォルニアのゴルフコース情報とゴルフ雑学エッセイ。

ヒデ・スギヤマ/平日はハリウッド映画業界を駆け回るビジネスマン、
週末はゴルフと執筆活動に励むゴルフライター。

ヒデ・スギヤマ

Vol. 18 Tustin Ranch Golf Club
カリフォルニアを体感できるパームツリーと池の美しい景観

オレンジ

12442 Tustin Ranch Road,
Tustin, CA 92782
☎714-730-1611
www.tustinranchgolf.com

ヒデ・スギヤマが綴るエッセイ
ゴルフ徒然草
vol.17「ゴルファー遠方より来る。
また嬉しからずや。(後編)」
はこちら


辛口スコアカード

1番ホール: プロショップの従業員の対応 (±0)
2番ホール:
ドライビングレンジ設備レベル (±0)
3番ホール:
カートと機器(GPS他)のレベル (−1)
4番ホール:
コース全体の景観 (−1)
5番ホール:
フェアウエイのコンディション (−1)
6番ホール:
グリーンのコンディション (±0)
7番ホール:
ホットドッグの味 (±0)
8番ホール:
バーのサービス内容 (±0)
9番ホール:
料金(注) (+1)
Total:
2アンダー(−2)
注:料金は「安ければ良い」という意味ではなく、内容に見合っていたかどうか


今回は、サウスベイ方面にお住まいのゴルファーなら紹介の必要もないくらい、皆さんよくご存知のタスティンランチ・ゴルフクラブです。ダウンタウン方面からはFWY5号線を南下、またサウスベイ方面からでしたら22号線を東へ、両FWYが交わる点からすぐです。詳しくはwww.tustinranchgolf.comにて。
実は筆者は今から15年ほど前、某ゴルフクラブメーカーの広告撮影で当ゴルフ場を訪れ、『さすがカリフォルニアのゴルフ場はきれいだなあ…』とうっとりした記憶があります。さあ、年月を経てどう様変わりしているか・・・。まるで昔好きだった女性に久し振りに会うような胸のときめきを覚えながら、入り口の印象的な白いアーチをくぐってクラブハウスに到着したのでした。


日本的な経営で
手入れもきっちり

まずプロショップの従業員の接客態度は、全く問題ありません。確かここは日本企業がオーナー(またはかつてそうだったと思います)ということもあり、日本式の接客が徹底されているのか、非常に気さくに、そして丁寧に対応してくれました。
次にドライビングレンジ。ここはきれいに手入れされていて、非常に好感が持てるのですが、唯一残念な点は、芝から打てないこと。後で述べますが、プレー費をこれぐらいしっかりと取るところは、やはり芝から打たせないと…。でも全体の雰囲気がとても良かったので、ここはパーに。
次はカート。ここのカートはズラっと新車が並び、なかなかお洒落なデザインです。GPSも完備していて、とても使いやすく、ここはバーディにしましょう。でも実は、私のカートがバッテリー切れで、コースの途中でほとんど止まりかけたのです。その不手際はボギー!という感じですが、まあカートそのものはとても好感が持てたので、迷いましたがおまけでバーディに。


まさにカリフォルニア的景観は
15年前と変わらず健在

次は全体の景観ですが、前述したように、以前日本から来た際によく覚えている光景は、高いパームツリーときれいな池。そしてゴルフコースを取り巻くコンドミニアム。パームツリーはLAのパブリックゴルフコースでは意外と少なく、その典型的な“カリフォルニア・ビュー”は今回も健在でした。池もきれいで、周りのコンドも変らずで、私は個人的にはこのビューは完成度が高いと思います。ここはバーディに。それからフェアウエイの手入れも良かったです。引き続きバーディ! 年末セール期間でバーディも大安売りです(取材日が年末でした)!グリーンのコンディションも良かったのですが、あまりバーディ続きだと、また“甘口”だとご批判を受けそうなので、ここは控えめにパーに。グリーンはよく手入れされていてプレーには全く問題ありませんが、決して“最高の仕上げ”でもなかったので、まあパーが妥当でしょう。

プレー後のバーは満足
でも料金の高さが残念

次はホットドッグ。最近、お姉さんがいないゴルフ場が続いていたので、なかなかバーディが出ません。「え、味で採点すべきでは?」というお叱りの声も聞こえてきますが…。いやここはやっぱりトータルな視点で採点しましょう。しかしまた今回も、脂ぎった中年オヤジが小さな窓から大きな顔を覗かせて微笑んで私を出迎えました。残念…。でも味は美味しかったです。でもバーディには足らず。


プレー後のバーはまずまず。週末に結婚式を控えているのか、その設営に忙しそうでしたが、以前から書いていますように、やはりカリフォルニアはアウトサイドにバーがないとね。ここはその点、バッチリです。きれいなバルコニー席がたくさん並んでいます。ここもとりあえずパー。

最後に料金ですが、平日のレギュラータイムで$110。ちょっと高いかな。もちろんもっと高いコースもたくさんありますし、このような街中での経営はなかなか難しいことも分ります。が、前述したようにDレンジの設備などを考慮すると、できれば平日は$100までぐらいかなと…。ここだけ厳しくボギーにしました。


でも総合的には、これぞカリフォルニアのゴルフコースという印象は全く薄れておらず、コースの美観が優れていて、どこからでも近いので、女性や高齢者を始め、全てのゴルファーにお勧めでしょう。特に日本からお客さんが来た際は、あのパームツリーに日本人は弱いから… ぜひお連れして下さい。喜ばれるでしょう。

ゴルフ南加Aコース一覧はこちら