遊ぶ
Leisure

ゴルフ南加A(なんかエエ)コース!

ゴルフライター「ヒデ・スギヤマ」による、ロサンゼルスを含む南カリフォルニアのゴルフコース情報とゴルフ雑学エッセイ。

ヒデ・スギヤマ/平日はハリウッド映画業界を駆け回るビジネスマン、
週末はゴルフと執筆活動に励むゴルフライター。

ヒデ・スギヤマ

Vol. 27 Trilogy Golf Club at Glen Ivy
微かな柑橘系の香り漂う〜名物18番ホール

リバーサイド

24440 Trilogy Parkway
Glen Ivy, CA 92883
☎951-277-7900
http://www.trilogygolfclub.com/glenivy

ヒデ・スギヤマが綴るエッセイ
ゴルフ徒然草
Vol.27「世界最大級の市場にゴルフブーム到来?」はこちら


辛口スコアカード

1番ホール: プロショップの従業員の対応 (±0)
2番ホール:
ドライビングレンジ設備レベル (±0)
3番ホール:
カートと機器(GPS他)のレベル (±0)
4番ホール:
コース全体の景観 (−1)
5番ホール:
フェアウエイのコンディション (±0)
6番ホール:
グリーンのコンディション (+1)
7番ホール:
ホットドッグの味 (±0)
8番ホール:
バーのサービス内容 (−1)
9番ホール:
料金(注) (±0)
Total:
1アンダー(−1)
注:料金は「安ければ良い」という意味ではなく、内容に見合っていたかどうか


今回のコースは、アメリカ西部を中心にハイグレードのゴルフ場経営を、全て同じ名称で展開しているTrilogy Golf Clubの、グレンアイビー・コースです。同名でのコースは既に6箇所、また近日オープン予定の新コースも2箇所、そして提携しているコースも4箇所あり、デベロッパーとしての好調な推移が伺えます。スキンマッチなどのメディア導入も積極的で(LGスキンゲーム、トリロジー・ラキンタにて)、今後もその華やかな動向に注目のコースでしょう。LA地区のコース、“グレンアイビー”の場所は90番FWYと15番FWYが重なる地点から、15番を南に少し走ったところ。詳しくはhttp://www.trilogygolfclub.com/glenivyにて。


まずはプロショップの対応、いつも褒めてきましたが今回はちょっと違います。かなり無愛想なお兄さんが、まるで太極拳をしているかのように優雅な動きで、かなりのんびりと仕事をしていました。ティーオフに時間がなかったので、ちょっとイライラ。でもプロショップのディスプレイがなかなか綺麗に演出されており、「まあそう焦らずに…」と大人の対応を自分に言い聞かせて落ち着いたので、寛大な評価でパーにします。


ドライビングレンジは、なかなかいい設備。芝から打てるうえに、距離も充分でした。ただ左側に一般道と右側に駐車場があるためにネットがあること、プロショップや1番ホールからは少し離れていることが惜しい、といった印象。パーにします。カートはGPS完備で問題なし。ただ、ディボットを埋める目土ポットに全然、砂が入っていない。他のカートのものを略奪しようと試みると、隣のカート数台も全て空っぽ。久々にカートにバーディを出そうかと迷いましたが、目土不足でパーに降格。惜しい!

コース全体の景観はとてもきれいでした。たくさんの池も美観アップに貢献していましたし、何と言ってもここの名物ホール18番の、南カリフォルニア最大の高低差と言われる打ち下ろしのパー4・ホール。雄大な景色は息を飲むほど。でも私が気に入ったのは、その18番の右側にお行儀よく並んでいるオレンジの木、また7番ホールの左側に延々と続く、グレープフルーツの木… 背丈の揃った樹木の美しい緑の葉が風に揺れ、微かな柑橘系の香りを運んでいました。

地面に落ちてコース内にまで転がってきていたグレープフルーツを、同伴者がロストボールのようにピックアップ。止める私を無視して皮をむいて試食。一同じっと見ていると… 「うまい!」と絶叫。そのジューシーな声に釣られて、私も一口。確かにうまい! でも読者の皆さん、今度行った時は間違えても木からもぎ取ったらダメですよ! 個人的にミカン系果物が大好きな私は、この農耕色満載の景観をとても気に入り、バーディにしました。

フェアウエイのコンディションは、大きな問題もなくまずまずの状態だったのでパーにしましたが、グリーンはかなり痛んでいましたね。肌荒れに悩む女子高生のように、グリーンキーパーも頭を抱えていることでしょう。グリーン管理が大変なことはよく承知していますが、他コースでは同じ時期できれいなところもあるので、ここは残念ながらボギーにしました。


ホットドッグは悪くない味でした。売り子のお姉さんも愛想がよくてナイス。でもバーディにはちょっと届かないのでパー。プレイ後のテラス席は、9番ホールを見下ろす高台にあるので非常に景色がよく、雰囲気も最高で非常に好印象を持ちました。ここはバーディでしょう。プレイ費は、全てレギュラータイムで平日が50ドル、金曜日が60ドル、土・日・祝が80ドル、まずまずの料金体系でパーに。ミッドタイムやトワイライト料金もあるので、ウエッブでチェックして下さい。

全体的にきれいなコースで女性にも喜ばれるでしょう。距離は意外と短いので、飛ばし屋さんはハザードにご注意を。年間を通してけっこう風が強い地域でもあるので、行ってみると意外と寒いことがよくあります。冬場にプレイする際は防寒具をバッグにお忘れなく。


ゴルフ南加Aコース一覧はこちら