遊ぶ
Leisure

ゴルフ南加A(なんかエエ)コース!

ゴルフライター「ヒデ・スギヤマ」による、ロサンゼルスを含む南カリフォルニアのゴルフコース情報とゴルフ雑学エッセイ。

ヒデ・スギヤマ/平日はハリウッド映画業界を駆け回るビジネスマン、
週末はゴルフと執筆活動に励むゴルフライター。

ヒデ・スギヤマ

Vol. 28 El Dorado Park Golf Course
カジュアルな市営コースの代表格

サウスベイ

2400 Studebaker Road,
Long Beach,, CA 90815
☎562-430-5411
www.americangolf.com

ヒデ・スギヤマが綴るエッセイ
ゴルフ徒然草
Vol.28「ゴルフと○○、どちらが大事?」はこちら


辛口スコアカード

1番ホール: プロショップの従業員の対応 (−1)
2番ホール:
ドライビングレンジ設備レベル (±0)
3番ホール:
カートと機器(GPS他)のレベル (±0)
4番ホール:
コース全体の景観 (±0)
5番ホール:
フェアウエイのコンディション (±0)
6番ホール:
グリーンのコンディション (±0)
7番ホール:
ホットドッグの味 (±0)
8番ホール:
バーのサービス内容 (+1)
9番ホール:
料金(注) (±0)
Total:
イーブンパー(±0)
注:料金は「安ければ良い」という意味ではなく、内容に見合っていたかどうか


今回のコースは、ロングビーチの広大な公園、エルドラド・パークの中に位置するカジュアルな市営コースの代表格、El Dorado Park Golf Courseです。この公園は、ロングビーチ市民の憩いの場といった感じでしょうか。大きな樹木や池などが広がる地形は、まさにゴルフ場に最適で、当コースの戦略性と美観の両立に役立っています。園内はこのゴルフコース以外にも、野球場やサッカーのフィールドなども数多くあり、スポーツ施設が自然にうまく溶け込んでいます。運営はアメリカンゴルフ。場所はFWY405号線と605号線が重なる地点の少し北西で、サウスベイ方面からはもちろん、LA近辺ならどこからでも結構近くて便利でしょう。詳しくはwww.americangolf.com をご覧下さい。

まずプロショップの対応ですが、ここのスタッフはみんなよく働きますね。よく訪れるコースなので一度だけの印象ではないのですが、決していんぎんでも無く、ていねいな仕事をしているな、という印象があります。実は当日もちょっとした小トラブルがあったのですが、手際よく処理がなされ、逆にいい気分にしてくれました。滅多にこの項目でバーディをつけないのですが、ここもたまにはバーディを出しましょう。


次にドライビングレンジですが、市営コースなのでどうしても人工芝、ネットありの環境は止むを得ません。ただきれいに整備されており、ラウンド前のウオームアップには問題ないでしょう。ひとつ気になったのは、どうしてボールを供給するマシーンを、打席から遠く離れたところに作ったのか? もちろん色々な事情があるのでしょうが、少し不親切な印象は拭えません。ただ同じような問題を感じるコースは多く、大きなマイナスとまでは言えないので、ここはパーにします。カートも一般的なものですが、これも問題ありません。パーです。

次にコース全体の景観ですが、前述のように大きな自然に取り囲まれているので、各ホールをセパレートしてくれる背の高い木、入り組んだ池とそこで遊ぶ鳥たち等、なかなか好感が持てるのではないでしょうか。決して“高い地点からの絶景や咲き乱れる草花”などはありませんが、筆者は個人的に“木”の多いコースが好きなので、どうしても採点が甘くなってしまいます。ただ幾つかのホールでその“木”が邪魔になって、難しいというよりはちょっと“やり過ぎ”の感があり、そこがマイナスポイント。惜しくもバーディには届かずにパー、といったところでしょう。18番ホールは右ドッグレッグのパー5で、第二打や第三打がグリーン手前の大きな池絡みのショットを余儀なくされ、「最終ホールはこうでなくちゃ」という、なかなか最後が盛り上がるレイアウトです。


次にフェアウエイの状態ですが、まあ細かな問題もありましたが、基本的には合格点ではないでしょうか。グリーンも最高ではないですが、まあプレーを楽しむ基本条件は抑えているといった印象で、この項目は2点ともパーでしょう。ホットドッグはまずまず美味しかったですよ。しかし売り子のオヤジにあまり愛想がなかったのでパーにしておきます。お父さん、その日は奥さんとけんかでもしたのでしょうか… やっぱりサービス業の最前線は、笑顔が基本でしょう。

次にバーですが、元来が市営のパブリックコースなので、カジュアルさが売り物であることは理解していますが、ちょっと雑多な感じ。室内にバーがあるのですが、ほとんどのゴルファーはやはりアウトサイドを望み、外には4〜5卓のプラスチックテーブルがおかれています。ただ適当に椅子とテーブルを並べただけという印象で、プレー後の快適なひと時を過ごすという雰囲気にはほど遠いと感じます。ちょっと辛いかもしれませんがここはボギーです。プレー費は、週末のレギュラータイムで55.5ドル(カート代込み)。この至便なロケーションですので、納得できるのではないでしょうか。パーにします。

全体的にはショットの正確さを要求されるコースです。飛ばし屋の男性が、あまり飛ばないけど曲がらない女性に負けるような場面を、ここで何度も目にしました。またロケーションが便利なので、気軽にぶらりと行けて初心者から上級者まで楽しめるコースの代表格でしょう。

ゴルフ南加Aコース一覧はこちら