遊ぶ
Leisure

ゴルフ南加A(なんかエエ)コース!

ゴルフライター「ヒデ・スギヤマ」による、ロサンゼルスを含む南カリフォルニアのゴルフコース情報とゴルフ雑学エッセイ。

ヒデ・スギヤマ/平日はハリウッド映画業界を駆け回るビジネスマン、
週末はゴルフと執筆活動に励むゴルフライター。

ヒデ・スギヤマ

Vol. 30 Mile Square Golf Course
コース全体が明るく爽やかな雰囲気

オレンジ

10401 Warner Avenue,
Fountain Valley, CA 92708
☎714-545-7106
wwww.milesquaregolfcourse.com

ヒデ・スギヤマが綴るエッセイ
ゴルフ徒然草
Vol.30「「日本の女子ゴルフは今後もっと強くなる」宣言。」はこちら


辛口スコアカード

1番ホール: プロショップの従業員の対応 (±0)
2番ホール:
ドライビングレンジ設備レベル (±0)
3番ホール:
カートと機器(GPS他)のレベル (±0)
4番ホール:
コース全体の景観 (−1)
5番ホール:
フェアウエイのコンディション (−1)
6番ホール:
グリーンのコンディション (±0)
7番ホール:
ホットドッグの味 (±0)
8番ホール:
バーのサービス内容 (±0)
9番ホール:
料金(注) (−1)
Total:
1アンダー(−1)
注:料金は「安ければ良い」という意味ではなく、内容に見合っていたかどうか


今回はオレンジカウンティーでも有数の人気コース、Mile Squareを訪れました。ここは“クラシックコース”と“プレイヤーコース”の計18ホールが有りますが、この日はクラシックコースをプレーしました。以前から「ここはいつもいっぱいで予約が取りにくいコース」と聞いていたので、その人気の秘密を探ろうと楽しみにしていましたが、さあ評価はいかに? 場所はFWY405号線を南下、22号線と55号線でできる三角形の真ん中あたりで、ハンティントンビーチの北側に位置します。サウスベイのゴルファーにはさほど遠くなく、便利なロケーションでしょう。詳しくはwwww.milesquaregolfcourse.comにて。

まずはプロショップの従業員の対応ですが、爽やかなハンサムボーイが、しかし少し無愛想にチェックインしてくれました。女性ゲストなら、その無表情も「クールで素敵な人!」と眼がハートマークになって喜ぶかもしれませんが、同性としては「ウソでもいいから、ニコリぐらいしろよ」という印象。でもボギーにすると、男前相手にひがんでいると勘違いされるのでパーにします。ドライビングレンジは、人工芝ですがきれいに整備されており、明るくてとても好感が持てます。鳥かごのようなネットもありません。しかしバーディには届かず、ここもパーですね。


カートはノーマルなタイプで問題ありません。ただ、運悪く当たってしまったのだろうと思いますが、私のカートが途中でパワーダウン… 亀より遅いスピードになってしまったのです。何とか最終ホールまで行けましたが、あれはすごくイライラしますよね。皆さんも経験されたことがあるでしょう。しかも原因は誰が見ても明らかな、非常に初歩的な充電ミス。おいおい、しっかりチェックしろよ!とボギーをつけようと思いましたが… たまたま一台だけだったのだろうと仏心が顔を出し、何とかパーに収めました。


それからコース全体の景観ですが、これは悪くないと思います。息を飲むようなスペクタクル満載の景色が広がっているわけではないですが、街中のコースにしては珍しく、“池と樹木がよく溶け込んだきれいなコース”という印象を受けました。特にINの中ほど、3〜4ホールに絡む大きな池があり、美観とコースの戦略性を高める役割を果たしています。ただ時計回りでその池を回っていくため、スライス打ちの人には厳しいホールの連続になるかもしれません。でもそれもゴルフの面白さです。ここはバーディをつけましょう。

次はフェアウエイのコンディションですが、これは辛口にならざるを得ない状態でした。かなり多くのホールで、それもフェアウエイのど真ん中で、芝が完全に死んでしまっている状況が目につきました。茶色くなっただけでなく、下の土が大きく顔を出してしまっています。この初夏の時期にしてあのコンディションは、管理責任者の技量を疑わざるをえません。それも1ホールだけでなく、複数のホールで悪い状態が目立ちました。他のコースはきれいなところもある訳ですから、言い訳無用です。ボギーですね。


グリーンのコンディションは決して悪くなかったです。個人的にはもう少し早いほうが楽しめるのですが(毎回同じ意見ですが)、多くの人がプレーするコースなので妥当なところかと思います。ホールごとの芝のバラつきもありませんでした。しかしバーディには届かず、パーでしょう。ホットドッグはまずまずの味ですが、作ってくれたスナックバーの女性がすごく可愛い人でした。ルックスでバーディをつけるとひんしゅくを買うので、とりあえず味でパーにします。プレー後のバーは、幾つかアウトドアにもテーブルがあり、なかなか快適な設備でした。バーディ逃しのパーといったところでしょう。

最後はプレー費。週末のレギュラータイム、カート込みで59ドル。あのロケーションで60ドルを切っているのは評価できます。人気の高い秘密はそのリーズナブルな料金設定なのかもしれません。ここはバーディです。総体的には、まず距離があるので、腕自慢の男性諸氏も存分に楽しめると思います。またコース全体が明るく爽やかな雰囲気なので、女性を連れていっても喜ばれそう。また地形もフラットなので、うまくかみ合えば好スコアが出るコースだと思います。調子が上向きでベストスコアの更新を狙っている人は、ここでトライしてみればいかがでしょう。

ゴルフ南加Aコース一覧はこちら