遊ぶ
Leisure

ゴルフ南加A(なんかエエ)コース!

ゴルフライター「ヒデ・スギヤマ」による、ロサンゼルスを含む南カリフォルニアのゴルフコース情報とゴルフ雑学エッセイ。

ヒデ・スギヤマ/平日はハリウッド映画業界を駆け回るビジネスマン、
週末はゴルフと執筆活動に励むゴルフライター。

ヒデ・スギヤマ

Vol.34 Sepulveda Golf, Encino Course
ロサンゼルス郊外のゴルフパーク

サンフェルナンドバレー

16821 Burbank Blvd.
Encino, CA 91436-1000
☎818-995-1170
ウェブサイト

ヒデ・スギヤマが綴るエッセイ
ゴルフ徒然草
Vol.34「南九州は南カリフォルニアだった!?」はこちら


辛口スコアカード

1番ホール: プロショップの従業員の対応 (±0)
2番ホール:
ドライビングレンジ設備レベル (±0)
3番ホール:
カートと機器(GPS他)のレベル (±0)
4番ホール:
コース全体の景観 (±0)
5番ホール:
フェアウエイのコンディション (−1)
6番ホール:
グリーンのコンディション (±0)
7番ホール:
ホットドッグの味 (±0)
8番ホール:
バーのサービス内容 (−1)
9番ホール:
料金(注) (±0)
Total:
2アンダー (−2)
注:料金は「安ければ良い」という意味ではなく、内容に見合っていたかどうか


今回はLAの中心地から少し北部、どこから来ても意外と近く、古くからLAの代表的な市営コースの一つ、Sepulveda Golf, Encino Courseを訪れました。LA市が所有する公園内に位置し、ランチョパークやウイルソン・ハーディングなどと並んで、市民の愛するパブリックコースです。もっとも市営とは言っても距離も結構あり、とても戦略的で面白いホールが続きます。またここには併設してBalboaコースがあり、合計36ホールの規模、下記にも書きますがゆったりとしたドライビングレンジなど、“郊外のゴルフパーク”といった印象です。場所は、FWY405号線と101号線が交わるあたりから、101号線を西へほんの数分、Balboaで降りるとすぐです。詳しくは上記ウエッブサイトにて。

まずプロショップの対応は、ちょっと男前風のダンディなおじさんが丁寧に対応していました。もっともこのコースは、エントリーの管理から支払いまで、別の場所にある小さなスターター小屋の中全部で済ませているので、ショップは用品を売るだけでのんびりしています。だからダンディに見えたのかも? いっぽうスターターのオヤジは忙しくて大変です。ウオークインしてくるゴルファー、遅刻の電話、時間の変更、支払いの管理… 自然と声も荒くなる? でもてきぱきといい仕事をしていました。ヒマなダンディオヤジと忙しい荒くれオヤジで、プラスマイナスゼロのパーです。


次にドライビングレンジ、コースから少しだけ離れていますが打席数が多くてフラットで距離もあり、ラウンド前のウオームアップというよりは、休みの日にここで半日打ち込んで…みたいな特訓にピッタリかも。ただ惜しくもバーディには一歩届かず。パーですね。余談ですが、ヘンな角度が付いた練習場(例:極端な打ち上げ、打席全体が右へ向いている、など)に毎回通って打つと、変なクセがつきますから気をつけて下さいね。特にビギナーの方は、スイングの基礎を作る時が大事なので。でもここはスクエアでバッチリです。カートはごく一般的なもの。残念ながらプレー後は駐車場まで行けませんが、大きな問題ではありません。ここもパーでしょう。


次はコースの景観ですが、18ホールが2コース(Encino & Balboa)あるので、かなり広大なパークです。36ホールあるので「レイアウトがきゅうくつ」といったような印象は全く有りません。3番ホールの奥、4番ホールの左側は広大な原っぱ?でもあるのでしょうか。コースからは向こう側が見えないのですが、誰かが盛んにラジコン飛行機を飛ばしている音が聞こえていました。おそらくピッタリの場所があるのでしょう。その小さな飛行機もさることながら、バーバンク空港やヴァン・ナイス空港が近いこともあり、空の上は離着陸前後の飛行機で大混雑のようでした。以前も書きましたが、私は個人的にゴルフ場の上を飛行機が飛んでいる光景が好きなンです。自然と科学の融合…まさに“近代社会”って感じ。でもコースの美観レベルは正直言って普通?なので、パーにしました。

次にフェアウエイのコンディションですが、これは結構良かったと思います。プレーフィーが200ドルするコースならいざ知らず、50ドル前後の毎日満員の市営パブリックコースなのに、きれいに芝が伸びていました。同時期で、芝の剥げあがったコースを幾つか見ましたので、ここはおまけでバーディをつけましょう!グリーンのコンディションは、決して悪く無かったですが、やはりどうしても少し遅い。いつものことですが、様々なゴルファーが来るパブリックでは、このあたりが限界なのでしょうか。でももう少し速いほうが、ゴルフの本質に接することができると思います。ホットドッグは美味しかったですよ。愛想のないお兄さんでしたが、仕事はてきぱきと慣れた手つきでした。パーです。


プレー後のバーは快適でした。その日はとても暑かったのですが、バーの外にテラス席がたくさんあり、そこは暑さ対策で霧状のスプレーのような水のシャワーが上から撒かれており、とても気持ちの良い場所でした。細かい配慮がプレー後の楽しいひと時を演出してくれます。とても気に入ったので、おまけバーディをつけましょう。プレー費は、週末のレギュラータイム、カート込みで53ドル。まずまずの価格帯でしょう。パーですね。

結果は2バーディという好スコアが出ましたが、ちょっと出血大サービスの印象です。昔から何度もプレーした好きなコースなので、つい甘くなりました。フラットな地形なので、女性や年配者にも楽ですし、レイアウトもビギナーから上級者まで充分に楽しめるでしょう。