ハンティントンビーチのおすすめ観光スポット

ハンティントンビーチの海岸を歩くサーファー。背後にハンティントンビーチのピアが見える。

サーフィンのメッカとして名高いハンティントンビーチ。太陽のエネルギーを浴びながら、押し寄せてくる自然のリズムに体を委ねるサーファーたちだけでなく、往年のビーチボーイズファンを青春時代に戻してくれる、ビーチスポーツとロックンロールがあふれる街。そんなハンティントンビーチの魅力をご紹介。


ハンティントンビーチはサーファーたちの聖地

ハンティントンビーチ周辺の地図

ハンティントンビーチ周辺の地図

寂れた農業の街が鉄道と電話線で発展
ロサンゼルスから南へ35マイル、サンディエゴから北に90マイルの位置にあるハンティントンビーチ。USAサーフチームや北アメリカ・サーフィンプロフェッショナルズ・アソシエーションの本拠地であり、年間36以上のサーフィンのイベントが開催される、アメリカ最大のサーフィンのメッカとして知られる。しかし「Surf City USA」と呼ばれるようになるまでに、数々の試練と闘ってきた歴史を持つ。
 
1901年までは、主に農業を営む寂れた海辺の街だったが、デベロッパーが土地を買い、ここを「パシフィック・シティー」と名付けた。しかし2年弱で鉄道王ヘンリー・ハンティントン率いる不動産会社に売却される。ハンティントンはすぐにパシフィック・エレクトリック鉄道を開通させ、ロングビーチ市と結びつけると同時に、電話線を設置。1903年には、海まで突き出た木造の、長さ1千フィートのハンティントンビーチピアが完成。その翌年には地元の繁栄に貢献したハンティントンに敬意を表し、市名を「ハンティントンビーチ」と改め、1909年2月に正式に独立した市となった。


ハンティントンビーチのピア

嵐で沈んでもまた再建!ピアは自然との闘いの証
ハンティントンは、カリフォルニアに「サーフィン」というポリネシアン古来のスポーツを紹介するため、翌1910年、ハワイから熟練サーファーのジョージ・フリースを呼び寄せた。その数年後には、伝説のサーファーでありスイマー、そして俳優でもあるデューク・カハナモクによって、南カリフォルニア中にサーフィンというスポーツが浸透するようになった。1912年に襲った嵐でピアの大半が流されたが、市はいち早く資金を工面し、1914年、全米一高く長い(1350フィート)、総コンクリート製の新しいピアを再建した。
 
1920年代に石油が発掘されると人口は急増。1925年にはパシフィックコースト・ハイウェイが完成し、ビーチを訪れる人々も増えた。1930年代にはピアを500フィート延長し、ピアの先にカフェがオープンした。1930年代半ばまで平和に時が流れたが、1939年に珍しくハリケーンがカリフォルニアを訪れ、去った時にはピアとカフェは太平洋に沈んでいた。市は再びこの有名なピアの早急な再建を決意し、翌年にはオープンさせた。最初に「USサーフィン・チャンピオンシップ」が開催されたのは1959年。翌年にはテレビ放映され、ハンティントンビーチはサーファーのパラダイスとして世界的にその名を知られるように。1963年にはジャン&ディーンの『サーフシティー』、ビーチボーイズの『サーフィンUSA』が大ヒット。1970年代、アメリカで最も急成長を遂げた市となった。
 
その後、2度の嵐に襲われる不幸に見舞われたが、1990年、76年前に造られたオリジナルのコンクリートのピアを再現した新しいピアが誕生した。波だけでなく地震にも耐えられる頑強なもので、一流サーファーたちのパフォーマンスを見物するのに最高の場所として、世界中から訪れる観光客や地元の人々を魅了している。ピア付近ではサーフィン以外にもさまざまなイベントが催されている。


ハンティントンビーチのおすすめスポット、おすすめショップ、おすすめレストラン

サーフィンを愛する者なら1度は訪れるべし

International Surfing Museumの外観

「International Surfi ng Museum」には“サーフィンの父”と呼ばれたデューク・カナハモクの胸像が、愛用のサーフボードや多くのトロフィーとともに展示されている。また、“King of the Surf Guiter”と賞賛されるディック・デイルのサイン入りギターも飾られている。デイルはこのギターとともにマリリン・モンローの映画『Let’s Make Love』にも出演した。
 
ハリウッド・ブルバードを彷彿させる「Surfi ng Walk of Fame」には、選考委員会による投票で選出された人の名前が刻まれ、その功績が讃えられている。メイン・ストリートを挟んだ反対側のカナハモク像の足下に広がる「Surfer’s Hall of Fame」には、歴代サーフチャンプたちの手型、足型が残されている。

◎International Surfing Museum
▶ 住所:411 Olive Ave.
☎ 714-960-3483
www.surfingmuseum.org
▶ 営業時間:夏(~ 9/30) 12:00pm-5:00pm、Open 7 Days、冬 Thu-Mon 12:00pm-5:00pm、Closed on Tue&Wed
入場料 2ドル(ドネーション)
◎Surfer’s Hall of Fame、Surfing Walk of Fame
▶ 住所:Main St.&Pacific Coast Hwy.


ボーダー御用達何でも揃う有名店

Jack’s Surfboardの店内。サーフボードがたくさん並んでいる。

サーフィン、スケートボードのブランドはすべて揃っていて、多様なニーズにも応えることができる、「世界中からお客様がやって来る、アメリカでも1番有名なお店です」と同店日本人マネージャーの五味渕(ごみぶち)さん。広い店内にはボードはもちろん、アクセサリーに至るまで充実している。五味渕さんはほとんどお店に出ているそうなので、細かい相談が日本語でできるのもうれしい。

◎Jack’s Surfboard
▶ 住所:101 Main St.
☎ 714-536-4516
www.jackssurfboards.com
▶ 営業時間:8:00am-10:00pm、Open 7 Days

カラフルなサインが目印!海の香たっぷりギフトショップ

California Greetingsのエントランス

◎California Greetings
▶ 住所:301 Main St. #110
☎ 714-960-1688
▶ Web:www.cagreetings.com
▶ 営業時間:Sun-Thu 10:00am-8:00pm、Fri&Sat 10:00am-9:00pm、Open 7 Days

やり始めると止まらない!大空にカイトを飛ばそう!

The Kite Connectionの凧

◎The Kite Connection
▶ 住所:Huntington Beach Pier
☎ 714-536-3630、1-800-431-3339(予約専用ライン)
▶ Web:www.kiteconnection.com
▶ 営業時間:10:00am-日没、Open 7 Days

ヘルシー志向の人にお馴染み!ナチュラルプロダクツストア

Mother’s Market & Kitchenのビュッフェ

◎Mother’s Market & Kitchen
▶ 住所:19970 Beach Blvd.
☎ 714-963-6667
▶ Web:www.mothersmarket.com
▶ 営業時間:8:00am-10:00pm(レストランとジュースバーは9:30pmまで)、Open 7 Days

アメリカ全土でも有数のバードウォッチングポイント

Bolsa Chica Ecological Reserveの眺めの良いバードウォッチングポイント

PCHの東側に沿って広がる「Bolsa Chica Ecological Reserve」では、過去10年間にオレンジ・カウンティー内で見つかった420種の鳥類のうち、何と321種もこの地で確認されている。「Walkbridge Point」からは、水が澄んでいれば、湾の中を泳ぐRound Stingray(エイの一種)、シロザメ、カリフォルニアアメフラシの姿を見ることもできる。

◎Bolsa Chica Ecological Reserve
▶ 住所:Pacific Coast Hwy.(Between Warner Ave. & Golden West St.)
▶ Web:http://www.bolsachica.org
▶ 営業時間:日の出~日没


ここは犬のパラダイス!愛犬と一緒に思いっ切り走ろう!

ハンティントンビーチのDog Beach。犬が波打ち際で遊んでいる

「この前も日本から150人くらいの子供たちがここを訪れたんだよ。ウェブサイトに写真が載っているから見てごらん」と、うれしそうに話すのは、プレジデントのモーティンさん。「Dog bags here」というサインの下には、清潔なビーチを維持するために必要な“マナー袋”も用意されている。背の低いワンちゃんのために犬専用の低い水飲み場も完備と、まさに至れり尽くせり。
◎Dog Beach
▶ 住所:Pacific Coast Hwy.(Between 21st St. &Seapoint St.)
☎ 714-535-5281
▶ Web:www.dogbeach.org
▶ 営業時間:5:00am-10:00pm Open 7 Days


味わい深い外観と長~いサーフボードが目印

The Longboard Restaurant & Pubの内観

ハンティントンビーチに現存する1番古い建物の中にある「The Longboard Restaurant& Pub」。1歩中に入ると、クールな空間が広がっていて、外観とのギャップがまた面白い。
 
たくさんのテレビモニターが設置してある店内でスポーツバー気分を味わか、オープンエアーのパティオで潮風を楽しむかはその日の気分で。月曜から金曜の午後3時から7時までに出される「Happy Hour Menu」や「Weekly Dinner Special Menu」も充実している。深夜1時まで営業しているので、飲んで食べて大いに楽しもう。
◎The Longboard Restaurant & Pub
▶ 住所:217 Main St.
☎ 714-960-1896
▶ Web:www.longboardpub.com
▶ 営業時間:Mon-Fri 11:00am-1:00am、Sat & Sun 10:00am-1:00am、Brunch Sat & Sun 9:30am-1:00pm、Open 7 Days


KORNのドラマーがオーナーのお洒落なジャパニーズレストラン

Tuna Town Sushi Bar and Teppan Yaki Grillのインテリア

スシバー、鉄板焼き、そしてダイニングメニューと3つの楽しみ方ができるこのレストランは、有名ロックバンド“KORN”のドラマー、デビッド・シルベスタがオーナーで、本人もよくお店に出没するとか。地元ケーブルテレビにもCMが流れている、1度は訪れたい有名店だ。マネージャーのグレッグさんによると「平日には200皿、週末には400~500皿は出していますね」という超人気ぶり。バーカウンター内にある水槽にはクラゲがおり、変化するライトの光の中でゆらゆらと泳いでいる姿を眺めていると、なんとも言えずリラックスできるから不思議。

◎Tuna Town Sushi Bar and Teppan Yaki Grill
▶ 住所:221 Main St.
☎ 714-536-3194
▶ Web:www.tunatownsushibar.com
▶ 営業時間:Tue-Thu&Sun 5:00pm-10:00pm、Fri&Sat 5:00pm-11:00pm、Closed on Mondays、Lunch 2:00pm-5:00pm(5月~8月)


●ハンティントンビーチ周辺で「絶対、泊まってみたい!」おすすめホテル

屋外プール、ウォーターパーク、スパの揃ったラグジュアリーな4つ星ホテル
ハイアット リージェンシー ハンティントンビーチ リゾート& スパ (Hyatt Regency Huntington Beach Resort and Spa)
 
スタイリッシュな部屋が自慢、ビーチ沿いの4つ星ホテル
ショアブレーク キンプトン ホテル (ShoreBreak, a Kimpton Hotel)
 
眼前の海を眺めながらリゾート感を満喫
ヒルトンウォーターフロントビーチリゾート (The Waterfront Beach Resort, A Hilton Hotel)

「ロサンゼルスのビーチシティ観光」のコンテンツ