ロサンゼルス観光ガイド
Los Angeles Guide

本場アメリカ・ロサンゼルスでメジャーリーグ・NBA・NHLを生で観戦!

アメリカの4大スポーツと言われているのが、MLB(野球・大リーグ)、NBA(バスケットボール)、NFL(アメリカンフットボール)、NHL(アイスホッケー)。ロサンゼルス付近には、MLB2チーム、NBA2チーム、NHL2チームが、それぞれ本拠地を構えています。エキサイティングな地元ファンに混ざってスポーツ観戦に熱狂するのも、アメリカを堪能する絶好のチャンス。ここではロサンゼルスで楽しめるスポーツ観戦の情報をご紹介します。


■NBA(全米プロバスケットボール協会)/ バスケットボール

パワー、スピード、テクニック、そのどれもがケタ外れの大迫力で観る者を熱狂の渦へと引き込むNBA。ルールやチームについての知識はなくとも、その見どころは十分に楽しめるでしょう。 NBAのリーグは、イースタン・カンファレンスとウエスタン・カンファレンスに分かれ、10〜4月にかけてリーグ戦を実施。プレーオフ後の6月には、両リーグを勝ち抜いたチーム同士が対戦するファイナルシーズンが開催されます。ロサンゼルスの地元チームは、Los Angeles Lakers(ロサンゼルス・レイカーズ)とLos Angeles Clippers(ロサンゼルス・クリッパーズ)で、ともにウエスタン・カンファレンスに所属しています。

◎NBA観戦の予習に最適!お役立ちサイト
ホームページ:日本語のホームページはこちら
開催シーズン:レギュラーシーズン10〜4月、プレーオフ4〜6月、ファイナル6月



Los Angeles Lakers / ロサンゼルス・レイカーズ

ステイプルズセンター
ホームスタジアムのSTAPLES Center(ステイプルズセンター)

チーム創設の1946年から2012-13年シーズン終了時点で、最も多くNBAファイナルに出場し(31回)、優勝回数は歴代2位の16回を記録するロサンゼルス・レイカーズ。ドラマティックなゲーム展開を得意とし、常にファイナル出場の有力候補です。レイカーズの中でも注目選手は、コービー・ブライアント(Kobe Bean Bryant)。17歳でNBA入りして現在まで、レイカーズ一筋でプレーをし続け、過去に何度もNBAチャンピオンにレイカーズを導いたNBAを代表するスーパースターです。NBA歴代2位の1試合81得点の記録を持つなど、彼のプレーを見たくて観戦に来るファンも多数。ホームスタジアムのSTAPLES Center(ステイプルズセンター)はダウンタウンの南側に位置し、夜のダウンタウンをにぎわす中心的スポットの一つとなっています。

Los Angeles Lakers / ロサンゼルス レイカーズ
公式サイト:http://www.nba.com/lakers/
【ホームスタジアム:STAPLES Center】
1111 S. Figueroa St., Los Angeles
☎ 213-742-7100
http://www.staplescenter.com/



Los Angeles Clippers / ロサンゼルス・クリッパーズ

1970年の創設以来、クリッパーズといえば、勝てない、選手が定着しない、プレーオフとは無縁、という弱小チームの代名詞のようなチームでした。ところが、そんなクリッパーズがここ数年で、瞬く間に強豪チームへと変貌したのだから、地元ファンのみならず、NBAファンも大熱狂。積極的にFAやトレードで若手からベテランまで層の厚い選手が集まり、知名度はレイカーズに劣るものの人気は急上昇中です。そんなクリッパーズを率いるのが、ブレイク・グリフィン(Blake Austin Griffin)。大学時代には主要タイトルを総なめにし、その身体能力から放たれるダンクは「モンスターダンク」と呼ばれています。また、ブレイクとの名コンビで知られるクリス・ポール(Christopher Emanuel Paul)は、コート上でフロアリーダーとしてチームメイトを盛り上げ、現役No.1ポイントガードとの呼び名も高い人気選手。ぜひ生でクリッパーズの快進撃を体感してください!

Los Angeles Clippers / ロサンゼルス クリッパーズ
公式サイト:http://www.nba.com/clippers/
【ホームスタジアム:STAPLES Center】
1111 S. Figueroa St., Los Angeles
☎ 213-742-7100
http://www.staplescenter.com/



■MLB(メジャーリーグ・ベースボール)/ 野球・大リーグ

アメリカでスポーツといえばメジャーリーグ、とイメージする人も多いのではないでしょうか。選手の年俸だけをとっても、200億、300億円なんていう破格が飛び出す世界最高峰のレベル。MLBは、アメリカンリーグ(AL)とナショナルリーグ(NL)に分かれ、各チームは4〜9月にかけてディビジョン(地区)ごとにリーグ戦を実施。10月にはALとNLを勝ち抜いたチーム同士が対戦するワールドシリーズが開催されます。ロサンゼルスには、Los Angeles Dodgers(ロサンゼルス・ドジャース)と、Los Angeles Angels(ロサンゼルス・エンジェルス)が本拠地を置いています。

◎MLB(メジャーリーグ)観戦の予習に最適!お役立ちサイト
ホームページ:http://mlb.mlb.com/home
開催シーズン:レギュラーシーズン4〜10月、ワールドシリーズ10〜11月



Los Angeles Dodgers / ロサンゼルス・ドジャース

ドジャースタジアム
ドジャースタジアム

創設は1884年。ドジャースはかつてニューヨークのブルックリンに本拠地を置いていた伝統あるチームで、ロサンゼルスには1958年に移転。メジャーリーグの中で、初めて黒人選手の登用を行い、現在も世界各国から選手を集めることで有名で、日本からは野茂英雄投手、石井一久投手、黒田博樹投手などが活躍しました。本拠地である「ドジャースタジアム」は、観光スポットになるほど美しい景観が特徴のスタジアムで、7回表の相手の攻撃が終わると、観客が一斉に立ち上がり「Take me out to the Ball Game」を大熱唱するのがお決まり。アメリカの第2の国家とも言われるこの歌をぜひ一緒に歌ってみましょう。名物ホットドッグ「ドジャー・ドッグ」もお忘れなく。

Los Angeles Dodgers / ロサンゼルス ドジャース
公式サイト:http://losangeles.dodgers.mlb.com/
【ホームスタジアム:Dodger Stadium】
1000 Elysian Park Ave., Los Angeles
☎ 323-224-1507
http://losangeles.dodgers.mlb.com/la/ballpark/

2016年から日本人投手、前田健太選手が加入!

2016年に元・広島東洋カープのエース、前田健太選手がドジャーズへ移籍しました。愛称は「マエケン」。最速153キロのストレートに加え、米メディアが「破壊的」と称するスライダーを使いながら、メジャーの地でも三振を量産中!登板前に必ずやる「マエケン体操」がユニークであるとアメリカでも話題になっています。プロ野球選手としての同期はニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手や巨人の坂本勇人遊撃手など。アメリカでも大活躍するマエケンの勇姿をドジャースタジアムで観戦してみてはいかがでしょうか。



Los Angeles Angels of Anaheim / ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム

かつて日本の松井秀喜選手も在籍していたロサンゼルス エンゼルスの誕生は1961年。2000年代は5度の地区優勝、さらに2014年も地区優勝を遂げ、人気ぶり、実力ともにメジャーリーグの中でもトップクラスの球団です。ホームスタジアムは、ディズニーランド・リゾートの近くにある「エンゼルスタジアム・オブ・アナハイム」。レギュラーシーズンの平均観客動員数は4万人を超え、ホームスタジアムはいつもチームカラーの赤一色に染まりその景色は圧巻です。ぜひチームカラーのアイテムを持って観戦しに行きましょう!

Los Angeles Angels of Anaheim / ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム
公式サイト:http://losangeles.angels.mlb.com/
【ホームスタジアム:Angels Stadium of Anaheim】
2000 E Gene Autry Way, Anaheim
☎ 714-940-2000
http://losangeles.angels.mlb.com/ana/ballpark/



■NHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)/ アイスホッケー

防具に身を包んだ体の大きな男たちが小さなバッグを奪い合うアイスホッケーは、まさしく氷上の格闘技。4大スポーツの中でもスピードの速さはダントツで、乱闘なんかも当たり前、追突の激しさはスタジアムで観ると、その凄まじさがよくわかります。NHLはアメリカとカナダの2カ国にまたがり、イースタン・カンファレンスとウエスタン・カンファレンスに分かれ、10〜4月にかけてリーグ戦を実施。プレーオフ後の6月には、両リーグを勝ち抜いたチーム同士が対戦するスタンレーカップが開催されます。ロサンゼルス周辺には、Los Angeles Kings(ロサンゼルス・キングス)とAnaheim Ducks(アナハイム・ダックス)の2つがあります。

◎NHL観戦の予習に最適!お役立ちサイト
ホームページ:http://www.nhl.com/
開催シーズン:レギュラーシーズン10〜4月、プレーオフ4〜5月、スタンレーカップ6月



Los Angeles Kings/ ロサンゼルス・キングス

1967年創設。2012年にカンファレンス最下位の第8シード(パシフィック・ディビジョン3位)から始まったプレイオフを一気に勝ち進み、創設45年目にして初めてカンファレンス優勝を果たしたと思いきや、2014年には、NHL始まって以来のベストプレイオフと言われるシリーズを勝ち抜き、リーグ優勝。今まさに勢いに乗っているチームと言えるでしょう。優勝パレードでは、なんと30万人ものファンやLA市民たちがホームスタジアムのSTAPLES Centerに詰めかけて大盛り上がり。絶好調のキングスのゲームは絶対に面白いに違いありません!

Los Angeles Kings/ ロサンゼルス・キングス
公式サイト:http://kings.nhl.com/
【ホームスタジアム:STAPLES Center】
1111 S. Figueroa St., Los Angeles
☎ 213-742-7100
http://www.staplescenter.com/



Anaheim Ducks/ アナハイム・ダックス

1993年にウォルト・ディズニー・カンパニーによって創立。日系カナダ人のポール・テツヒコ・カリヤ(Paul Tetsuhiko Kariya)が在籍していたことでも有名で、ポールの活躍と共に2000年代は華やかな勝率を残し、2003年にはアナハイム・ダックス(当時はマイティーダックス)を初のスタンレーカップ決勝進出に導いています。その人気ぶりから日本で公式戦を開催したこともあるほど。2006年、オーナーが代わりチーム名を変更した途端に初のリーグ制覇も達成。近年はプレイオフに出たり出なかったりを繰り返していますが、地元アナハイムのファンに愛されているチームです。

Anaheim Mighty Ducks/ アナハイム・マイティ・ダックス
公式サイト:http://ducks.nhl.com/
【ホームスタジアム:Honda Center】
2695 E Katella Ave, Anaheim
☎ 714-704-2500
http://www.hondacenter.com/



■アメリカンフットボール

UCLAのゲーム
地元大学チーム・UCLAのゲーム

ロサンゼルス都市圏を本拠地とするNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のプロチームは、残念ながら今のところありませんが、ロサンゼルス近辺にはNCAAF(カレッジ・フットボール)の強豪が多く、とくに、数えきれないほどのスター選手を生み出してきたUCLAとUSC、両校は数多くの名勝負と伝説を持っています。プロリーグであるNFLと並んでテレビなどでの放映も行われ、メモリアル・コロシアムで開催される試合は、プロのアメリカンフットボールに負けないほどの観客の熱気で埋め尽くされます。そして王座決定戦「ボウル・ゲーム」を頂点にファンの熱狂は大いに盛り上がりを見せるのです。

◎NCAAF(カレッジ・フットボール)観戦のお役立ち情報
ホームページ:http://espn.go.com/college-football/
開催シーズン:レギュラーシーズン9〜12月、ボウル・ゲーム1月

【Los Angeles Memorial Coliseum/ ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム】
3911 S. Figueroa St., Los Angeles
☎ 213-747-7111
http://www.lacoliseum.com/

【Rose Bowl Stadium/ ローズ・ボウル・スタジアム】
1001 Rose Bowl Dr, Pasadena
☎ 626-577-3100
http://www.rosebowlstadium.com/



■観戦チケット購入方法

アメリカでスポーツ観戦のチケットを予約するなら、大手チケットエージェントの「Ticketmaster(チケットマスター)」を利用すると良いでしょう。各チームのホームページからチケットを購入しようとしても、大体がチケットマスターのウェブサイトにつながる場合がほとんど。もし、プレミア付きのチケットを購入したければ、チケットブローカーが運営するウェブサイト「All American Ticket(オールアメリカンチケット)」から購入が可能ですが、気をつけたいのが金額。券面の2〜10倍もの値段で売られているものもあります。会場でチケットを引き換えする場合には、身分証明書(写真付き)と購入の際に使用したクレジットカードが必要なのでご注意を。

◎Ticketmaster / チケットマスター
ホームページはこちら

◎All American Ticket / オールアメリカンチケット
ホームページはこちら