ロサンゼルス観光ガイド
Los Angeles Guide

パームスプリングス/ジョシュアツリー国立公園


ロサンゼルスから車で2時間半。セレブの避寒地「パームスプリングス」

パームスプリングス
パームスプリングス・ダウンタウンのパームツリー

ロサンゼルスから東へ約170辧⊆屬2時間半ほどの場所に位置するパームスプリングスは砂漠の中のリゾート地。一年中比較的温暖な気候で、ロサンゼルスのセレブ達が避寒地として訪れることでも有名です。そんなセレブも訪れるリゾートだけに、高級レストランやホテル、オシャレなインテリアショップなどを楽しめるのもパームスプリングの魅力の1つです。
また、パームスプリングスの名物として有名なのが風力発電に用いられている風車。ロサンゼルスから車で向かう途中、突如現れる巨大風車群の光景には圧倒されること間違いなしです。日本ではなかなか見ることのできない広大な砂漠の風景など、移動中の車外の様子にもぜひ注目してみてください。

パームスプリングスで1番の観光スポット「ロープウエイ/Aerial Tram」

パームスプリングスのロープウェイ
Photo by Matthew Field, http://www.photography.mattfield.com

Palm Springs Aerial Tramwayは、出発のバレー駅から急斜面のサン・ハシント山頂にあるマウント駅(標高2592メートル)まで、ほぼ垂直に上がるロープウェイ。円柱形のゴンドラがゆっくりと360゜左右回転しながら上っていくので、乗客がどの位置からも見事な景色が見渡せるという、世界最大規模の回転式ロープウェイです。
ロープウェイの山頂駅を降りると、そこは Mount San Jacinto State Park。展望台やレストラン、自然史博物館などがあるほか、ここは本当に南カリフォルニアかと疑うような針葉樹の巨木がにょきにょきと立っています。ここでハイキングをする人は、レンジャーステーションで無料の入園許可証をもらいます。比較的気軽に楽しめる5マイル程度の短めのコース、Round Valley Loopがおすすめです。
ハイキングはレンジャーステーション脇から出発し、針葉樹の倒木の間のトレイルを歩いていきます。吹き抜ける風に誘われて目を上げると、サッと影が走ります!「鹿だっ」と思うと、その後ろを子鹿が2頭、軽やかに岩を越えて行きます。静まり返った道、広がる青い空、リズミカルな鳥の声、野生の動物、巨石と巨木の寝転がる不思議な景観…と、聖なる場所を訪れた気分になれるのが、山頂でのハイキングの魅力。
ただし、山頂付近はパームスプリング市内に比べ気温が摂氏10〜15度は違うので、服装には注意が必要。はおれるものを1枚持って訪れることをおすすめします。逆に、暑い夏は爽やかな気候を楽しめる、パームスプリングの観光名所の1つです。

Palm Springs Aerial Tramway
▶ 1 Tramway Rd., Palm Springs
☎ 760-325-1391
www.pstramway.com
▶ 料金:$23.95(一般)、$16.95(3〜12歳) $21.95(62歳以上)
*天候や山の状況により休業のこともあるため、事前に運行状況を確認のこと


木曜日の夜は必見!「パームスプリングス ビレッジフェスト/VillageFest」

毎週木曜日の夜、ダウンタウンの目抜き通りで開催されるオールドスタイルのストリートフェア。16年の歴史を持つイベントで、地元アーティストによるジュエリーや工芸品の展示即売店のほか、地産のフルーツや果物、各種フード、スイーツのブースなど、200軒以上が通りを埋め尽くします。バンドやシンガーがブロックごとにライブ演奏を披露し、通りに面したレストランやバー、ギャラリーも、この日ばは遅くまで営業。その名の通り、小さな街全体で盛り上げる“村祭り”。木曜日の夜に滞在して、お祭り気分を味わってみては?

パームスプリングス ビレッジフェスト/Palm Springs VillageFest
▶ Palm Canyon Dr., Palm Springs Downtown
villagefest.org/
▶ 毎週木曜日の夕方 6:00pm-10:00pm(10月〜5月)/7:00pm-10:00pm(6月〜9月


気軽に行ける近場の砂漠「ジョシュアツリー国立公園」

ジョシュアツリー
公園名にもなっている「ジョシュアツリー」

1994年に国立公園に昇格したばかりのジョシュアツリー国立公園は、パームスプリングスの北に位置しており、パームスプリングス市内からは車で30分から1時間の距離にあります。ジョシュアツリー国立公園内でコロラド砂漠とモハビ砂漠がぶつかり、標高差が海抜536フィートから5千フィートまである、砂丘、オアシス、干湖、巨岩、断層など独特な地形、景観が生み出されています。
海抜の低い地域がコロラド砂漠ではサボテンが生息しており、また公園名にもなっている珍しいジョシュアツリーを見ることができるのは、公園西部の比較的海抜が高いモハビ砂漠のエリアです。ジョシュアツリーと聞くと「木」と思われるのですが、正式にはユッカ・ブレビフォリアと呼ばれるリュウゼツラン科(ユリの仲間)の植物であり、木ではありません。ジョシュアツリーと呼ばれる由来は、19世紀の半ばにモルモン教の移民がこの地を通った際に目にした巨大なジョシュアツリーの姿が、聖書に登場するヨシュアが両手を天に上げて神に祈った姿を思い起こさせたことから名付けられたと言われています。
このジョシュアツリーが点々と存在する光景は、まさに別世界。どこか地球ではない違う惑星にいるような不思議な印象を与えてくれる、訪れてみる価値が十分ある国立公園です。ただし、公園内には食事をできる施設が無いため、行く際には食事や水の準備をしていくことをおすすめします。

ジョシュアツリー国立公園 / Joshua Tree National Park
▶ 74485 National Park Dr.
☎ 760-367-5500
www.nps.gov/jotr/
▶ 入場料:車1台につき20ドル(7日間有効)/車以外は1人10ドル(7日間有効)/ジョシュアツリーパス(1年間有効):30 ドル(公園の西側・北側・南側それぞれに入り口があり、入場時に料金を支払います)


ジョシュアツリー国立公園の主な見どころ

ヒドゥンバレー(Hidden Valley)
フリーウェイの10号線から62号線を通り、ジョシュアツリーの市街地でパーク・ブルバードから西側の入り口を通って公園内に入ると、最初に到着するのがこのヒドゥンバレー。ピクニックエリアがあり、岩の上でお弁当を食べたり寝転がったりを楽しめます。

キーズビュー(Keys View)
リトル・サン・ベルナルディーノ山の山頂にある人気の観光ポイントの1つ。山頂のすぐ下まで車でアクセスできるため、数分のトレイルで山頂からの眺めを楽しむことができます。このキーズビューからはパームスプリングスの街はもちろん、海抜マイナス227フィート(−69m)のソルトン湖(Salton Sea)を見渡すことができます。以前は晴れている時にはメキシコのシグナル山が見えることもあったのですが、現在は大気が汚れてしまった影響でほとんど見えることがないそうです。


ジョシュアツリー スカルロック
スカルロック/Skull Rock

スカルロック(Skull Rock)
長い年月を経て雨水が岩を侵食していった結果、頭蓋骨を思わせるような形の岩になったスカル・ロック。このスカル・ロックからジャンボ・ロックスのキャンプ場へのトレイルもあり、往復1.7マイル(約2.7km)と距離も長くないのでおすすめです。


※観光に最適なシーズンは11月から4月。ロサンゼルスからは、パームスプリングスやデザートヒルズ・アウトレットに寄り道することも考えて、所要時間は計14時間ほど見ておくと十分楽しめます。