ロサンゼルス観光ガイド
Los Angeles Guide

アウトドア愛好家の聖地へ出かけよう!ヨセミテ国立公園ガイド

ヨセミテ
グレーシャーポイントから見たハーフドーム。巨大な半円形の花崗岩がどうやってできたかは、いまだに謎に包まれています。※登頂には許可証が必要です。2016年の登山可能期間は5/2〜10/3、事前抽選申込期間は4/18まで。宿泊を伴う登山をする場合は、登山許可証とWilderness Permitが必要です。当日分の許可証も限定数発行されます。
※この情報は2016年時点の情報です。

「聖地」と呼ばれる ヨセミテ国立公園はどんな所?

樹齢2700年を超えるセコイア杉、米国最大の落差を誇るヨセミテ滝、巨大な半円形の花崗岩ハーフドーム、世界最大の花崗岩の一枚岩エルキャピタン、この世のものとは思えぬほど美しいミラーレイク…。 アメリカの偉大なる大自然が集まったヨセミテ国立公園は、自然を愛する人々が一生に一度は訪れたいという、アウトドア愛好家の聖地です。 また、同公園は、世界中から年間約400万人が訪れるカリフォルニアの一大観光地でもあります。それもそのはず、アクセス拠点であるサンフランシスコ国際空港からは車で4時間と、国立公園としては交通の便が良いのです。園内にはホテルやロッジ、レストランが整備され、アウトドア初心者に優しいのも人気の理由でしょう。 訪れる人が増えても、豊かな自然が保たれているのは、この公園を愛する人々の環境保護の努力のたまものです。その筆頭は、「国立公園の父」と呼ばれるナチュラリストのジョン・ミューア。スコットランドから移住して来た彼は、19世紀半ば、荒廃してゆく自然を目の当たりにし、全米を巻き込んだ保護活動を展開しました。ヨセミテが国立公園に指定されたのも、その自然を保っているのも、彼の尽力によるところが大きいのです。 アメリカの大自然の偉大さを満喫できる、ヨセミテ国立公園。今年の夏は都会の喧噪から離れて、森の中へ旅に出てみませんか。


まずは立ち寄りたい「ヨセミテビレッジ」

ヨセミテ国立公園の中心部のヨセミテビレッジには、スーパーやレストラン、郵便局、ツアーデスクなど色々な施設が集まっています。ヨセミテに着いたらまずはここに立ち寄って、情報や物品を入手するのもいいでしょう。

ヨセミテMAP
ヨセミテビレッジ内のマップ。赤丸の矢印部分がビジターセンターです。地図上の数字はバス停の番号です。

Yosemite Valley Wilderness Center
パークレンジャーにおすすめトレイルを聞いてみましょう

◎Yosemite Valley Wilderness Center / ヨセミテ・バレー・ワイルダーネス・センター
バックパッキングでのキャンプに必要な「WildernessPermits」(枚数限定)や、ハーフドーム登山許可証の当日分(25枚限定・前日午前11時から先着順)を手に入れられます。

▶ オープン:毎日8:00am-5:00pm(夏季)


◎Valley Visitor Center and Bookstore / バレー・ビジター・センター・アンド・ブックストア
ヨセミテの歴史や、生態系を紹介。予備知識なしにヨセミテを訪れた人も、ここを訪れるだけでヨセミテ国立公園の全容が掴めます。書店では地図やロゴ入りグッズが購入できます。

▶ 営業時間 毎日9:00am-5:00pm


Yosemite Museum
1925年設立で、国立公園内の博物館としては全米最古

◎Yosemite Museum / ヨセミテ・ミュージアム
ヨセミテに暮らしていたネイティブアメリカンの歴史と暮らしを紹介。 カゴ編みの実演も行われ、博物館裏手では再現された住居を訪れられる体験型の博物館です。

▶ 営業時間 毎日9:00am-5:00pm


◎Village Store / ビレッジストア
生鮮食品から氷、薪、服、お土産、アウトドア用品、本、使い捨てカメラなどあれこれ揃います。「◯◯がない!」なんてときは、ここに駆け込んでください。ATMもありますよ。

▶ 営業時間 毎日8:00am-8:00pm


◎レストラン
軽食を扱うDegnan's Cafeや Degnan's Deli、ファミリーレストランDegnan's Loft(アルコールも 販売)、Village Grillといったさまざ まなレストランがあります。


ヨセミテ国立公園の中心部「ヨセミテバレー」のみどころ

トンネルビュー
©Kenny Karst

撮影必須の絶景
Tunnel View / トンネルビュー

ヨセミテバレーを一望できる絶景ポイント。手前にはヨセミテバレーの緑が生い茂り、奥には陽光を受けてハーフドームをはじめとする岩山が輝いています。ワオナトンネル脇の駐車場に車を停め、圧倒的な眺めをぜひカメラに収めてください。


ヨセミテ滝
©DNC Parks & Resorts at Yosemite, Inc

期間限定!大迫力の名瀑
Yosemite Falls / ヨセミテ滝

岩壁を真っ白な水が轟音を立てて落下する、初夏のヨセミテ滝。アメリカ最大の2425ftの落差を誇る滝の音はバレー全体にこだまするほど大きいのですが、真夏には水量が減り、秋にはすっかり姿を消してしまいます。


エルキャピタン
©Jeremy Evans www.evansdp.com

世界最大の一枚岩
El Captain / エルキャピタン

ヨセミテバレーに入ると、目の前の視界にぬっと現れる岩壁は、谷底から約3000ft(東京タワーの3倍くらい)と世界最大の一枚岩の花崗岩。夏にはこの難関に取り組むロッククライマーが大勢います。


ヨセミテ国立公園のトレイルへ

ツオルミメドウズ
©Kenny Karst

初心者向け
◎Tuolumne Meadows / ツオルミメドウズ
湿原の中にこんこんと湧き出る炭酸水の泉や野の花々に出会えるトレイルです。ヨセミテに関する展示を行うParsons Lodgeもあります。幅広でキレイに整地されていて初心者でも歩きやすいですよ。

▶ トレイルデータ:往復1.5 miles、所要時間1〜2時間
▶ 高低差:ほとんどない
▶ 時期:一年中だが、初:ツオルミメドウビジ:ツオルミメドウビジ夏は草木が青々としてさらにGood!
▶ トレイルヘッド:Lembert Dome parking付近、ツルオミメドウシャトル


ハッピーアイルズ

初級者向け
◎Happy Isles / ハッピーアイルズ
マーセド川沿いの木立の中を歩く平坦なトレイルで、子どもと一緒にヨセミテの自然の中を歩きたい人にぴったり。トレイルヘッド近くには子ども向けの展示が充実したTheNature Center at Happy Islesもあります。

▶ トレイルデータ:往復0.5 miles、所要時間20分
▶ 高低差:ほとんどない
▶ 時期:6〜9月
▶ トレイルヘッド:Happy Isles Loop Road沿い


パノラマトレイル
©Jeremy Evans www.evansdp.com

初心者〜中級者向け
◎Panorama Trail / パノラマトレイル
絶景スポットのグレーシャーポイントから、山をずんずん下る楽ちんトレイル。途中にいくつも滝があり、最後までずっと景色が良いので疲れを感じないほど。終点のハーフドームビレッジでは、ランチスポットやシャワーを完備。

▶ トレイルデータ:8.5 miles、所要時間5〜7時間。
▶ 高低差:2800ft
▶ トレイルヘッド:バスでグレーシャーポイントへ行き、駐車場から最初の展望台右手


カテドラルレイクス

中級者向け
◎Cathedral Lakes / カテドラルレイクス
人で賑わうバレーから離れ、静かにハイキングを楽しむならココ。ヨセミテ最大の湿原ツオルミメドウズを起点に、2つの湖を訪ねます。多少の勾配はありますが、ヨセミテバレーでは見ることのできない景色が待っています。

▶ トレイルデータ:往復8miles、所要時間3〜5時間
▶ 高低差:1000ft
▶ トレイルヘッド:ツオルミメドウビジターセンターから西へ800mの駐車場


ヨセミテ国立公園のアクティビティ

ラフティング

◎ラフティング
ヨセミテバレーを緩やかに流れるマーセド川にボートを浮かべ、水の上からヨセミテ観光はいかが。レンタルもできますし、持参した浮き輪で楽しんでもOKです。

www.travelyosemite.com/things-to-do/rafting
▶ オープン:5月末〜7月中旬・10:00am-3:30pm
▶ ボートレンタル料金:1人$31(ライフジャケット込、22.68kg以下の子どもは利用不可)


センチネル橋

◎センチネル橋 / Sentinel Bridge
ヨセミテビレッジからすぐのセンチネル橋は、山歩きをしなくても迫力ある写真が撮れるスポット。日の出前に行けば、ハーフドームの後ろから上る朝日を写真に収められます。北側のヨセミテ滝は、滝に日が当たる午前中がオススメ。

ガイドツアー
©DNC Parks & Resorts at Yosemite, Inc.

◎ガイドツアー
広い公園内の見どころを効率良く押さえたい人向け。パークレンジャーがガイドをしながら、公園内をバスで巡ります。ヨセミテの主要スポットを回るツアーや、ヨセミテバレーから3200f tの標高差を登りグレーシャーポイントまで行くツアーなどがあります。

☎ 209-372-4386
www.travelyosemite.com/things-to-do/guided-bus-tours
▶ 料金:$25〜


自転車レンタル
©DNC Parks & Resorts at Yosemite, Inc.

◎自転車レンタル
国立公園内には12マイル以上にわたって、自転車専用トレイルがあります。自転車マップはビジターセンターで入手可。ハーフドームやヨセミテ滝を見ながら、夏の風を切って走るのは爽快!

www.travelyosemite.com/things-to-do/biking/
▶ 期間:4〜10月
▶ レンタル料金:$12 / 1時間、$34 / 1日


ジュニアレンジャープログラム

▶ジュニアレンジャープログラム
パークレンジャーと一緒に園内を歩きながら、ヨセミテの自然について学び、公園の美化にも貢献する7〜13歳向けプログラム。終了時には、ジュニアレンジャー認定バッジをもらえます。

www.nps.gov/yose/forkids/beajuniorranger.htm
▶ 期間:一年中(夏季は毎日開催していますが、冬季は要確認)
▶ 申込方法:園内のビジターセンターでジュニアレンジャーハンドブックを購入($3.50)し、同プログラムに参加。対象:7〜13歳。


乗馬
©DNC Parks & Resorts at Yosemite, Inc.

◎乗馬
大自然の中をギャロップ!馬上の一段高い目線から眺めるヨセミテの大自然は圧巻!ヨセミテバレー内、北側のツオルミ、南側のワオナを回る3つのコースがあります。

☎ 209-372-8344
▶ 期間:6/3〜9/5
▶ 料金:$65(2時間)、$88.50(半日) 対象年齢:7歳以上、身長44”以上 ※電話予約推奨


ロッククライミング・レッスン
©DNC Parks & Resorts at Yosemite, Inc.

◎ロッククライミング・レッスン
初心者も大歓迎!地形の不思議や、岩や樹々の香りなど大自然を全身で体感。ヨセミテのクライミングのプロが、まったくの初心者にもやさしく教えてくれます。

☎ 209-372-8344
▶ 期間:4〜10月・毎日8:30am(レッスンはおおよそ7時間
▶ 料金:$65(2時間)、$88.50(半日) 対象年齢:7歳以上、身長44”以上 ※電話予約推奨


まだまだある!ヨセミテ国立公園の必見ポイント

写真家/ジェレミー・エバンズさんに聞く!
ハイシエラの絶景

私のおすすめは、ヨセミテ国立公園の北東、ハイシエラ。別世界のような澄み切った川や湖が広がるベアバレー Bear Valley やプレザントバレー Pleasant Valley は何度行ってもその美しさに驚かされます。テントを背負って行くなんて大変 …という方は、テントキャビン を利用すれば手軽に山奥でのハイキングを楽しめます。私がボランティアをしているシエラクラブは、ジョン・ミューアが設立した自然保護団体です。毎夏、公園内にあるシエラクラブの施設で、誰でも参加可能なヨセミテをもっと良く知るためのプログラムを開催しています。今年は、私がヨセミテで記録した写真や映像と共に、ヨセミテの知られざる魅力をお話しします。ヨセミテには期間限定で現れる滝があります。ただ、今年は記録的な干ばつの影響で雪の量が非常に少なく、もしかするとそれらは例年より1カ月以上早い6月頃に枯れる可能性があります。詳しくは、公園ウェブサイトを見てみてください。


ヨセミテ国立公園パークレンジャー/スコット・ガディマンさんに聞く!
ビギナーが見ておくべきスポット

初めてヨセミテ国立公園を訪れる人にお薦めしたいのは、ミストトレイル 。子どもでも登れる初級レベルのトレイルでですが、終盤は水しぶきを頬に感じながら迫力ある滝を間近で見られるとあり、人気があります。水が多い年には上の写真のように大迫力です。なお、ヨセミテ国立公園は今年、設立150年を迎えます。それを記念して、ヨセミテ国立公園の歴史を振り返る展示など、さまざまなイベントを予定しています。(www.nps.gov/yose/anniversary


JTBツアーガイド/岩澤秀治さんに聞く!
ヨセミテ国立公園を楽しむベストシーズン

どの季節もいいですが、滝を見るなら雪解け水が無数の名無しの滝を作る3 、4月。ハイキングを楽しむなら4〜6月。春夏の朝、早朝にバレー内を散策すると、バレーに霧が立ち込める幻想的な風景が見られます。そして、私が一番好きなヨセミテの季節は冬。明け方、鹿の鳴き声を遠くに聞きながら、バレーを散歩すると、夜間に凍り堅くなった積雪の表面を歩くことができます。これがなんとも不思議。何度訪れても新たな発見、感動がある特別な場所です。


ライトハウス編集部おすすめのヨセミテ国立公園宿泊施設

ヨセミテバレーロッジ
©DNC Parks & Resorts at Yosemite, Inc.

中心部の快適ホテル
◎Yosemite Valley Lodge / ヨセミテバレーロッジ

ヨセミテバレーの中心部にあり、ヨセミテ内のどこへ行くにも便利。フロントではアクティビティーが予約でき、玄関からは園内ツアーバスが出発します。客室はふんだんに木が使われ、窓からは森の景色が楽しめます。

☎ 888-413-8869 www.travelyosemite.com/lodging/yosemite-valley-lodge
▶ オープン:一年中
▶ 料金: $234


マジェスティックヨセミテホテル
©Kenny Karst/ DNC Parks & Resorts at Yosemite, Inc.

一生に一度は泊まりたい!
◎The Majestic Yosemite Hotel / マジェスティックヨセミテホテル

極上のサービスを味わえる4つ星ホテル。ヨセミテ内の花崗岩や樹木を使って建てられていて、大自然を満喫しながら贅沢なバケーションを過ごせます。ホテルからはハーフドームとヨセミテ滝の両方が見られます。

☎ 888-413-8869
www.travelyosemite.com/lodging/the-majestic-yosemite-hotel
▶ オープン:一年中
▶ 料金: $396〜486


ハウスキーピングキャンプ
©Kenny DNC Parks & Resorts at Yosemite, Inc.

気軽にキャンプ気分を味わえる
◎Housekeeping Camp / ハウスキーピングキャンプ

テントキャビンと呼ばれる、テントとホテルの間くらいの、ベッドとテーブルだけの簡単な宿泊施設が並んでいるキャンプ場です。シャワー施設とコインランドリーが敷地内にあって便利です。

☎ 888-413-8869
www.travelyosemite.com/lodging/housekeeping-camp
▶ オープン:4/8〜10/3
▶ 料金: $98〜105/サイト(毛布&シーツ込み、フードロッカーと調理用グリル付き)


ファーメドウ・レッドA

オシャレに大自然を楽しむ…
◎Far Meadow Red A / ファーメドウ・レッドA

大自然の魅力も、オシャレなバケーションも両方満喫できる、ハイシエラの高原の風がそよぐモダンなキャビン。2階はなんと畳敷き。ログキャビンやテントもあります。ヨセミテ国立公園外。

▶ 場所:ハイシエラ(詳細は下記のサイトから確認可能) 
http://farmeadow.com/red-a
▶ 料金:$275(A Frame Cabin/Red A)、$250(Log Cabin)、$220(Base Camp)、キャビンかトレイラーをレンタルする場合、$75でTeepee Tentをレンタル可 ※いずれも3泊以上から予約受付


ハーフドームビレッジ
©DNC Parks & Resorts at Yosemite, Inc.

テントがなくてもキャンプはできる!
◎Half Dome Village/ ハーフドームビレッジ

キャンプ用品を持っていなくてもキャンプ気分が味わえる、ベッドがあるだけのシンプルなテントキャビン。ログキャビン(シャワー付あり)やホテルにレストラン、ギフトショップ、シャワー施設などもある便利なエリアです。

▶ 場所:9010 Curry Village Dr., Yosemite National Park  
☎ 801-559-4884 
www.yosemite.com/lodging-hotels/half-dome-village
▶ オープン:期間はウェブサイト確認
▶ 料金:テント($125)、キャビン($149〜$199)、ホテル ($191)※料金は目安


ビッグツリーロッジ
©DNC Parks & Resorts at Yosemite, Inc.

バレーの喧噪を離れ、静かに滞在
◎Big Trees Lodge / ビッグツリーロッジ

建物も家具も優雅なビクトリア調で揃えられた、乙女心をくすぐる白亜のホテル。2002年の大幅改装で、室内はいっそう快適に。ヨセミテの公園南口から4マイルの、小川が流れる草原の中にあります。朝食付き。

▶ 場所:8308 Wawona Rd., Yosemite National Park
☎ 888-413-8869
www.travelyosemite.com/lodging/big-trees-lodge
▶ オープン:期間はウェブサイト 確認
▶ 料金:バスルーム付(4/1〜9/30と年間を通した週末・ホリデー $227〜、10/1〜3/31の週末・ホリデー以外$130〜)、バスルーム共用(4/1〜9/30と年間を通した週末・ホリデー $227〜 $154〜、10/1〜3/31の週末・ホリデー以外 $80〜)


ヨセミテ国立公園のおすすめ寄り道スポット

Manzanar National Historic Site
(ロサンゼルスからヨセミテまでの2/3くらいの地点)

◎Manzanar National Historic Site
第二次世界大戦中、ロサンゼルス近郊の日本人、日系人が収容されたマンザナ強制収容所跡地。近くを通るこの機会に立ち寄ってみて。

www.nps.gov/manz/index.htm
☎760-878-2194
▶ 場所:Manzanar Reward Rd.


Erick Schat's Bakkerÿ
(ロサンゼルスからヨセミテまでの3/4くらいの地点)

◎Erick Schat's Bakkerÿ
マンモス手前のビショップにあるパン屋。外せないのはチリチーズパン。休憩がてら朝ごはん用パンを調達するのにぴったり。

☎760-873-7156
▶ 場所:763 N. Main St., Bishop


Manzanar National Historic Site
(もうすぐヨセミテ国立公園!)

◎Mono Lake
塩分濃度が高く、一匹たりとも魚の棲まないモノ湖。石灰石の柱「トゥファ」がにょきにょき突き出ていて、不思議な景色です。


ライトハウス探検隊が行く!聖地ヨセミテ国立公園で2泊3日のキャンプへ

ライトハウス探検隊
2日目はバーナル滝を目指してミストトレイルをハイキング。その名の通り、爽やかなミストに包まれるトレイルです

初めてのヨセミテときめきキャンプ

自然好きが集まるライトハウスのアウトドア部、「ライトハウス探検隊」が、ヨセミテ国立公園へと2泊3日の旅へ出発しました。
ロサンゼルスからフリーウェイ14号線&395号線を通り、北へ6時間。ヨセミテ国立公園東側の入口「Tioga Pass Entrance」から公園内へ。ヨセミテバレーのキャンプ場まで1時間半の道中は、穏やかな陽光降り注ぐ草原に、天をつく針葉樹の林、たっぷり水をたたえた湖とめくるめく絶景…。窓からは8月の爽やかな森林の香りと共に、熱〜い空気が流れ込んできます。あ、暑い…。あまりの暑さに、キャンプサイトに到着し荷物を下ろすやいなや、脇の小川へ飛び込む隊員も。夏は水着をお持ちください。
初日からハイキングに行くつもりでしたが、合計7時間半のドライブで疲弊した隊員は、代りにヨセミテビレッジへ。ビジターセンターや博物館でヨセミテについて学びます。翌日のハイキングコースもここで情報を得て、夏でも滝の残るミストトレイルを行くことに決定です。
日が暮れる前に、キャンプ場に戻り、クーラーボックスに詰め込んで来た食材で、BBQの支度を開始。山の上の方はまだ日が残っていますが、地面のあたりから少しずつ夜が訪れます。肉にかぶりつきながら暮れていく日を眺めていると、ハーフドームの切り立つ壁の真ん中あたりに、ロッククライミングの野営らしい灯りがぽつり、ぽつり。その孤高の人たちが追いかけるロマンを思い、胸をときめかせて床に就いたのでした。


Erick Schat's Bakkerÿ

2日目はミストトレイルに
公園内の多くの滝は例年初夏で枯れますが、8月でも残っていた数少ない滝、バーナル滝(Vernal Fall)とネバダ滝(Nevada Fall)へと続くミストトレイルへ。登るにつれて道は険しくなり、バーナル滝の手前では、急斜面に作られた石段が待ち受けています。濡れた石段を登り切ると、さっと涼しい風が吹く、滝の上へと出られます。
ヨセミテ随一の人気のトレイルで夏は人でごったがえしていますが、それもバーナル滝まで。我らが探検隊の半分(半分はバーナル滝までで満足しました)は、その先のネバダ滝へ。急なつづら折りのトレイルを息を切らしながら登ると、道はハーフドームとの分岐点に。右に進み巨石の角を曲がると、ネバダ滝へ向かって滔々と流れていくマーセド川が眩しく反射しています。真っ白に泡立って轟音を立てて落下するネバダ滝を眺めたら、帰りは少し緩やかなジョン・ミューアトレイル経由で。ミストトレイルに比べると格段の人の少なさで、存分に山の静けさを味わえます。

▶距離:往復3マイル(バーナル滝)、往復7マイル(ネバダ滝・ミストトレイル経由)
▶標高差:1000ft(バーナル滝)、1900ft(ネバダ滝)
▶時間:2〜4時間(バーナル滝)、5〜7時間(ネバダ滝)
▶トレイルヘッド: Nature Center at Happy Isles近く。Upper Pinesのキャンプ場側に駐車場あり。

シャワー施設

便利なサービス
◎シャワー施設

ハウスキーピングキャンプとハーフドームビレッジ(共にテントキャビンのキャンプ場)に、シャワー施設があります。バスタオルが含まれ、備え付けのシャンプー&コンディショナー、ボディーソープがあります。お湯はいい具合に温かく、さっぱりして気持ちいい!

▶ 営業時間:月〜土7:00am-2:00pm&3:30pm-10:00pm、
    日7:00am-1:00pm&4:00pm-10:00pm
▶ 料金:$5(大人)、$4(5〜12歳)、無料(4歳以下)


無料シャトルバス

便利なサービス
◎無料シャトルバス

ヨセミテバレー内を無料シャトルバスが巡回しています。ヨセミテビレッジの無料駐車場に車を停める、あるいは宿泊施設の最寄りのバス停からシャトルを利用すると、行った先々で駐車スペースを探す手間が省けます。

◎Valley Visitor Shuttle(ヨセミテバレー東側)
▶ 営業時間:毎日7:00am-10:00pm
◎El Capitan Shuttle(El Capitan、Four Mile Trailhead、Valley Visitor Center停車)
▶ 営業期間:6月中旬〜10月上旬・9:00am-6:00pm
 ※この他、グレーシャーポイントへ行く有料バスや、Tuolumne Meadows内を走る夏季限定無料シャトルなどもあります。


キャンプ場「Lower Pines」

泊まったのはここ
◎キャンプ場「Lower Pines」

ハーフドームを望む、ヨセミテバレー内のキャンプ場「Lower Pines」。テント専用のサイトと、RV車で泊まれるサイトがあります。ペット連れもOK。各サイトには、ピクニックベンチ、ファイアーリング、食料入れが備えられています。キャンプ場内にはトイレ、飲料用水道、ゴミ箱があります。

▶ 宿泊費:26ドル(1泊、1サイト)
▶ 利用可能期間:3/25〜10/31
 ※値段はキャンプ場により異なります
▶ チェックイン&チェックアウト:正午(各キャンプ場入口で行います)

予約方法
ヨセミテには13カ所のキャンプ場があり、「要予約」と「当日早く来た者勝ち」の2種類があります。要予約のうち4/16〜9/14分は4/15の朝7時に予約開始(その他の日程はウェブサイト確認)。夏季のバレー内のキャンプ場は瞬時に売り切れますので、万全の準備で予約を!

.レジットカードを手元に用意します
下記ウェブサイトの利用者登録を済ませてください
G颪泙蠅燭ぅャンプ場とサイトを決めます(サイトの番号を選ぶと、そこから見える景色が見られるので参考に)
ご望のサイトを選び、泊まりたい日をクリックしておきます
ネ縮鶻始日の午前7時ちょうどにカートに入れます
ν縮鵝支払いを済ませると、予約確認がEメールで届きます
▶ 予約:www.recreation.gov
☎877-444-6777
予約が取れない場合は、「早い者勝ちサイト」(夏季は昼前にはいっぱいになります)や園外のホテルも考慮してみてください


ロサンゼルスからヨセミテへの行き方

ロサンゼルスからヨセミテの移動方法は、車のほかにも飛行機、長距離バスなどがあります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、比較しながら、目的に合った交通手段を選びましょう。

1. 車・レンタカーでの行き方

ロサンゼルスから車だとフリーウェイを使って渋滞がなければ約6時間ほどでヨセミテへ行くことができます。ただし、週末や祝日は渋滞が発生して数時間のロスは確実なので、余裕を持って計画を立てることをおすすめします。

ヨセミテ国立公園の住所:広大なヨセミテ国立公園には特定の住所は存在しません。オンラインマップで調べる場合はヨセミテのZip(95389)を入力することで地図上の位置を調べることができます。

園内にはガソリンスタンドが数か所しかなく、ロサンゼルス(南)側から行く場合はワオナのガソリンスタンドが給油できる最終地点なので、満タンまで入れていくことをおすすめします。
・園内南口近く:ワオナ 41号線上(通年)
 8310 Warona Rd, Yosemite National Park, CA 95389
・園内北口近く:クレーンフラット 120号線上(通年)
 8028 Big Oak Flt Rd, Yosemite National Park, CA 95389
・園内西口近く:エルポータル 140号線上(通年)
 10921 CA Highway 140, El Portal, CA 95318
・園内東口近く:ティオガロード 120号線(6月〜10月のみ)

◎LAX(ロサンゼルス国際空港)⇔ヨセミテの所要時間:約6時間(渋滞なしの場合)
◎LAX(ロサンゼルス国際空港)⇔ヨセミテの最短ルート:I-105E(約3分)、I-405N〜I-5N〜CA-99N(約3時間半)、CA-41N(約2時間半)の総合約4時間。(約310マイル)

2. 飛行機での行き方

ロサンゼルスから最短時間でヨセミテに行くのであれば、やはり飛行機での移動がおすすめの選択。 ヨセミテから一番近い空港「フレズノ・ヨセミテ国際空港」の周辺には観光向けからビジネス向けのホテルまでが揃っています。空港から東側にセコイア国立公園が、北上の位置には空港の名前になっているヨセミテ国立公園があります。また、フレズノ・アート美術館やフレズノ・チャフィー動物園がタクシーで10分〜20分の位置にあります。

◎LAX(ロサンゼルス国際空港)⇔フレズノ・ヨセミテ空港の飛行時間:1時間〜1時間20分
◎LAX(ロサンゼルス国際空港)⇔フレズノ・ヨセミテ空港の往復飛行代:300ドル〜(シーズンによる)

3. バスでの行き方

低予算でヨセミテ国立公園に行くことを計画しているなら、ロサンゼルスからの長距離バスが一番のおすすめ。老舗バス会社のGrayhound(グレイハウンド)はヨセミテ国立公園内にビジターセンター前の専用バス停があり、園内まで連れて行ってくれるので便利。他にはMegaBus(メガバス)やWanderu(ワンデル)の各バス会社比較サイトを利用していろんな種類のバス会社から選ぶこともできます。陸路で景色を楽しみながら行きたいけどドライバーがいない、などの時はバスは最適な移動手段です。

◎ロサンゼルス⇔ヨセミテの所要時間:約10時間〜(渋滞なしの場合)
◎ロサンゼルス⇔ヨセミテの片道のバス代:63ドル〜(バス会社により異なる)