学ぶ・育てる
Study

留学生のための就職相談室

留学生の就職活動やキャリアの悩み・相談に、就職・人材派遣のプロが答えます。

冬に日本のキャリアフェアに行って来ました。ある企業から「継続して審査させてもらいます」と言われました。これからどうなるの?

 キャリアフェアお疲れ様。さて、フェアで面接を受けると、まず、書類審査や人事担当者との面接があり、続いて別室での個別面接と続く。その後は、企業の本社や人事部のあるビルなどで次の面接に進み、最終決定がなされる。
 
 ところが冬のフェアだと、年末が多いということもあり、最終面接までの時間がお互いに調整できないという事態が多く発生する。特に最終学年では、この春の学期が勝負なので、ひと月日本に滞在して最終面接まで済ませることも難しい。

 企業としてはなんとか早めに結論を出してあげたいところだが、大手企業になると数回の面接が必要で時間がかかる。
 
 不合格ではないので継続的に審査していく、ということになる。もちろん米国に戻ってしまったら、そう頻繁に面接のために日本に帰国する訳にもいかないので、電話やメール、ウェブカメラなどを使った遠距離コミュニケーションが主な手段だ。
 
 現在の状況をメールでやり取りしたり、電話で簡単なインタビューなどをする企業が多い。相手が見えない分、やりにくい面もあるけれど、それは人事担当者も同じこと。焦らずにじっくり考えて答えよう。そして、卒業後に最終面接、というところが多いようだ。5、6月卒業だと数カ月後だね。最終面接は事業部長とか、取締役などの偉い人が出てくる。
 
 気をつけてほしいのは、不合格ではないけど、合格でもないということ。最終面接に進んだらもう安心、と思っている学生もいる。最後まで気を抜いてはいけないよ。最終面接で不合格というのはよくあることだからね。