学ぶ・育てる
Study

留学生のための就職相談室

留学生の就職活動やキャリアの悩み・相談に、就職・人材派遣のプロが答えます。

最近OPTを申請しました。OPT後もアメリカで仕事がしたいので、ビザサポートをしてくれる会社を希望しています。就職活動はいつ頃から何を始めればいいのでしょうか?(まさかず)

 OPTを申請しても実際に手元にカードが届くまでに3〜4カ月かかっているのが現状です。企業が人材を必要とする時には、即日もしくは2週間以内に働ける人を探している場合が多いため、OPT開始日1カ月前くらいからレジュメを用意し、人材紹介会社への登録を済ませておくのがいいでしょう。ビザサポートをしてくれる会社でも、通常は試用期間中の仕事ぶりを見てからビザサポートするかを判断しますので、ビザに関しては自分でしっかりと情報収集をしながら、計画的な就職活動をすることが重要となります。
 
 しかし、ビザのサポートをしてくれる会社は決して多くはないので、そればかりに固執してしまうと、OPTの期間を就職活動だけで過ごす結果になりかねません。計画的な就職活動をするためには、OPTの期間およびその後のビザの申請時期や年間枠数等を踏まえ、自分である程度期間を決めて就職活動を行うことが重要です。
 
 例えば、今から2カ月間はビザサポートをしてくれる会社に集中して就職活動をし、タイミングよく見つからなかった場合は、OPTの期間を無駄にしないためにも就職活動の幅を広げ、ビザにこだわらず、経験を積むために派遣業務でも仕事を始める。たとえ日本に帰国することになっても、アメリカでの仕事経験はあなたの財産になります!
 
 特に仕事経験のない人は、お金をいただいて経験を積ませてもらっているというくらいの気持ちで仕事に取り組みましょう。その前向きな姿勢が、とても大きな、思いがけない機会に繋がったりする場合があります。せっかくOPTの期間を無駄に過ごさないためにも、自分できちんと計画を立て、前向きな姿勢で積極的に行動しましょう。