学ぶ・育てる
Study

留学生のための就職相談室

留学生の就職活動やキャリアの悩み・相談に、就職・人材派遣のプロが答えます。

この夏はアメリカにいる予定です。就活のために何をしたらいいですか?

 夏に日本に一時帰国している学生と比べて、アメリカに残っていると、就活のペースが落ちてくる。夏の期間は米国内でのフェアも無いし、周りものんびりムード。日本の就職活動も大きな波が終わり、秋採用のプロモーションが始まるところだ。ネットなどもちょっとスローペースだね。
 それでも、日本にいれば面接や先輩訪問、会社説明会などへの参加もでき、就活のペースを保つことができる。アメリカにいると遅れを取ったように思えるけど、そんなことはない。
 この夏は、自分の発見に使うのが1番だ。秋学期が始まると勉強だけでなくフェアが連続する。周りのペースに巻き込まれて慌てる前に、この夏自分を発見しよう。どういうことをすればいいかというと、自分の考えや思いを「言葉」で表す練習をするんだ。意外と気がつかないけれど、就職活動で大切なのは、実は「言葉」なんだ。エントリーシートでも面接でも、結局は「言葉」が勝負。自分の考えを明確に相手に伝えるのは、「適切な言葉を選ぶこと」にかかっている。
 この夏、「自分を表す言葉」を50個見つけよう。「明るい」「元気」「まじめ」などでもいいし、「正義の味方」なんてのもいいかも。多分、15個くらいで挫折してしまうかもしれない。そう言う時は本やマンガを読んだりして、自分の価値観に合う、ピンと来る言葉に触れてみるのもいい。自分を見つめることを夏の宿題にしよう。見つかった言葉を組み合わせると、きっと君を表す「言葉」を作ることができるはずだ。