学ぶ・育てる
Study

留学生のための就職相談室

留学生の就職活動やキャリアの悩み・相談に、就職・人材派遣のプロが答えます。

内定をもらいました。まだ卒業まで時間があるけど、就活は続けるべきでしょうか?

 内定おめでとう。ちょっと安心だね。特に、海外大生だと企業と出会うチャンスが限られるから、内定をもらうまでの緊張から解放されて、ほっとひと息だろう。
 一方で、「この企業で本当に良いのか」「自分のやりたいこととぴったり合っているのか」「他の企業も見た方が良いのではないか」と思えてくるのも自然だ。
 ところで、就活は始めることが重要だけど、どうやって終わらせるかも同じくらい重要だ。でも、満足のいく就活の終わらせ方は意外に難しい。
 日本でも「もう就活に疲れた」「とりあえず内定もらったのでそこでいい」「有名企業だから大丈夫だろう」という感じで就活を切り上げている学生も多い。でも、採用シーズンが過ぎ、冷静になって自分を見つめ直した時に、入社する企業や仕事について疑問や不安が出て来たり、他の企業が気になったりして、後悔することも多いようだ。
 海外大生だと、「フェアのチャンスも少ないし、この内定でいい」と、内定をもらうと就活を止めてしまうケースが多い。
 結論から言うと、就活は続けるべきだ。でもポイントは「だらだらとやる」のではなく「満足するまで続ける」ということだ。卒業までに開催されるフェアにはどんどん参加して、他の企業の話も聞くべきだ。同時に、内定をもらった企業に、どんどん仕事や職場のことを聞いてみよう。フェアに合わせて帰国した際に、できれば職場訪問もしてみよう。
 何度も「本当にこれがやりたい仕事なのか、この職場で働きたいのか」と問いかけよう。
 社会人の最初の一歩だ、じっくり考え、慎重に踏み出そうぜ。