学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

帰国子女が持つ望ましい特性とは?

「帰国子女の受け入れに熱心な学校は、『海外の教育で身に付けてきた望ましい特性』を期待しています」という報告がありました。我が家も滞米6年を越えて、子供たちは現地校で楽しく学んでいます。「望ましい特性」って何でしょうか。我が子に身に付いているのか、考えてみたいと思いますので、教えてください。

松本輝彦(INFOE代表)

日本の子供たちが目指す目標の特性を
帰国子女は既に身につけている

 もう十数年前になりますが、大変多くの海外子女が日本の学校へ帰った、日本経済のバブルの時代に、帰国した子供たちにどのような教育が必要かを模索する「帰国子女教育」全盛の時期がありました。その中で、海外から帰ってきた子供がどんな特性や特徴を持っているのかを明確にするための調査研究がいくつか実施され、「帰国子女の持つ望ましい特性」が明らかにされました。代表的な調査結果として、当時、東京学芸大学の中西晃教授のまとめた「帰国子女とその特性」を以下に紹介します。

帰国子女とその特性

 帰国子女は、日本の社会、風土とは異なる外国で生活してきている。特に、現地校や国際学校に通学してきた者は、帰国時の年齢にもよるが、滞在国への文化の帰属意識をもっているがために、日本人とは異なる生活スタイルを身につけ、判断基準、価値基準も異質になっている。このように、日本の普通の子供が持ち合わせていない側面を帰国子女は持ち合わせているが、この中で、好ましいとみなされている特性には以下のものがある。

(1)外国語能力
 現地の学校や国際学校に通学した者は外国語で教育を受けてきたため、その言語が優れている。

(2)国際的感覚
 現地の学校や国際学校に通学した者の多くは、その国での外国の友人を持ち、その国の生活様式、習慣、物の考え方・見方を理解し、その国の生活規範を身に付けている。このことは、相手国の文化パターンを認知していることであり、自国文化と比較できる複眼的視野を有していることを意味している。さらに、外国人と多く接触してきたことにより、彼らに対しても素直に、臆せず、適切に対応しうる資質を備えている。

(3)望ましい生活習慣
 欧米諸国の現地校に通学していた者に見られるのは、個別の尊厳を基底とする学校教育の中から生まれる次の諸点である。

自己表明 自分の意見、考え、見解を他者にとらわれずに誰の目の前でも述べ、イエス、ノーがはっきり言える生活習慣が身についている。
自立・自助の精神 自分の言動に責任を持ち、他人に頼らない者が多い。これは学校及び社会の個性尊重、自立重視の教育のなかから育成された好ましい生活態度である。
積極性・独自性 発想に特色があり、付和雷同型は少ない。何事に対しても、自分が納得さえすれば積極的に参加し、新しいことに対する順応も早い。これらは、欧米の学校ができる限り個人に自由を与え、個人の自発性を培う教育をした成果であろう。
率直性・明朗性 教師や年長者に対して臆することなく接し、親愛の情を示す。また、大らかで明るく、伸び伸びした点が見られ、誰に対しても気楽に挨拶する者が多い。さらに、物事に対する感動を素直に表すのもよい特色である。
奉仕の精神 学級会や生徒会、クラブ活動等で活躍し、リーダーシップをとる者が多い。

■出典:中西晃「海外子女教育」 新・教育基本用語、小学館、1993年

 ここで紹介した、海外の現地校で学んだ子供が持っている「望ましい」特性とは、日本の普通の子供が持ち合わせていないものです。
 バブルがはじけた後、日本では帰国子女教育への興味が急速に減退しました。しかし、2002年の新指導要領導入後、帰国子女の望ましい特性が、再び注目を浴びています。その理由は、新指導要領が目指す「生きる力」がこの「望ましい特性」とほとんど重なるからです。すなわち、日本の子供たちが目指す目標の特性を、既に身に付けているのが帰国子女だからです。

 上の特性と、ご自分のお子さんの生活習慣を比較してみてください。お子さんがこれらの項目を満たしているならば、これまでの生活を続けてください。もし、不足があるとすれば、それは週5日通っている現地校での勉強に問題があるのではないでしょうか。お子さんと話してみてください。