学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

息子への現地校の先生の対応、どうしたら事実を知ることができる?

現地校に通う小学校4年生の息子が、最近学校に行きたがらないため理由を聞くと、先生はいつも息子以外の子をえこひいきして、息子が不利な立場になるような課題を与えたり、英語の不得意な息子が笑い者になるような授業を展開するそうです。どうやったら事実関係を知ることができますか? 私自身も英語が不得意で先生に直接尋ねる度胸がないのです。

松本輝彦(INFOE代表)

子どもからの話をまとめて
担任ではなく校長先生と話し合う

 この問題の解決の手順です。

,子さんから事実関係をはっきり聞く
△修了実と子どもの希望をメモにまとめる
9残浩萓犬箸量銘未鮨修傾む
い父さん、お母さんが校長先生に会い、メモを使って説明する
ス残浩萓犬了惻┐暴召

以上です。
 それでは、手順のステップごとに、詳しく説明しましょう。

,泙此△母さんとお父さんが一緒に、お子さんから、いつ、どんな状況で、どんな出来事があったのか、具体的な話を聞いてメモしてください。ご両親とも落ち着いて聞き出してください。

△子さんの主張を、そして子どもが「何を、どうしてほしい」のかも、1度文章にまとめてみてください。子どもの主張や希望を、親のそれに代える必要はありません。
 日本語で書いたのならば、アメリカ人の友人にでも頼んで英語に直してもらってください。その際、子どもの主張を、アメリカ人の目から見てどう思うかを聞いてみてください。

相談は予約を取り両親で

F本的な感覚だと校長先生に会う前に担任の先生ですが、アメリカの学校では、担任の先生は授業のプロで、それ以外の仕事は校長先生の担当です。立ち話ではなくちゃんと予約を取って、話し合いを持ってください。

どず、ご両親揃って校長先生に会いに行ってください。必要ならば、友人を通訳として連れていっても結構です。その場合、現地校のシステムをよく理解した人がベストです。適当な友人がいなければ、学校に通訳が必要な旨を事前に伝えておきましょう。

謝罪ではなく解決を求めて

 話し合いに当たっては、感情的にならずに冷静に、子どもの状況の説明と、改善してほしい項目を明確に、メモに従って、伝えることです。さらに、校長先生が出してくる解決案に対して、あいまいな返事をせず、「Yes」 「No」をはっきりしてください。「日本人のお母さんは、『はい、はい』と返事をしておきながら、最終的に合意をしない」と小学校の元校長だった友人がこぼしていました。これでは、問題解決の担当者である校長先生の信頼を失い、トラブルの解決自体が危うくなります。

ハ辰靴燭△箸蓮校長先生の指示に従います。恐らく「担任の先生に改善するよう、お願いしました」などと解決策を連絡してきます。時には、担任の先生をまじえて、もう1度話し合いを開く場合もあります。その時には、先生からお子さんの問題点が指摘されたりします。
 このミーティングで、先生や学校からの「謝罪」を要求する保護者が、時々います。アメリカ人にとって「謝罪」は、自分の非を100%認める行為です。日本人の考える「謝罪」とは意味が全く異なります。そのため、謝罪要求は、何の問題解決にもなりません。クラスでのトラブルを解決することが目的であることを、もう1度思い出してください。

問題によっては、学校では解決できなくて、学校区まで、訴えなければならない場合もあります。そんな場合でも、「事実」と「要求」事項が明確になっていれば、問題ありません。

しっかりと子供の味方になる

 子供が学校でトラブルに遭った時、「両親は子供の味方だ」ということをはっきりと告げてください。
 私の子供も友達関係がうまくいかず、トラブルを抱えたことがありました。その時、「お父さんもお母さんも私のことがかわいくないんだ。だって、私を守ってくれないから」と娘に言われました。私たち夫婦の意図とは異なり、私たちが事実を問いただす態度を、娘は「先に自分が悪いと決めてかかっている」と非難したのです。私たち夫婦は、この言葉が一生忘れられません。苦しんでいる子どもを唯一守ってやるべき親が、言葉の鞭を振るってしまった、少なくとも娘がそう思ってしまったのですから。私たちの過ちを、皆さんは繰り返さないようにしてください。
 「親がしっかりサポートしてくれた。一緒に戦ってくれた」との思いは、子どもの心の中に、親への感謝として、長い間残ります。