学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

日本語・文化習得をしっかり身に付けさせる方法

日本語・文化習得をしっかり身に付けさせたい。その方法は?

松本輝彦(INFOE代表)

日本の寮のある学校で、日本生活を1年間経験することが理想

子供のアメリカでの生活、学習歴の違いにより、「日本」を身に付ける目的、ニーズが異なります。その違いを整理して、それぞれの子供に合った方法を考える必要があります。


長期滞在の子供
アメリカ滞在が5、6年を超えたご家庭の子供が典型的な例です。

将来的に日本へ帰国予定のご家庭の子供は、家庭内では日本語を使っているので日常会話に問題はありません。しかし、現地校が長く、英語での学習が中心になっています。日本語補習校や塾などに通って、日本語力、日本語での学力の維持、伸張に努めていますが、最近、日本語(漢字?)が弱くなって、日本語の表現もおかしくなってきました。このままでは、日本へ帰国後の学習・生活や、日本の高校、大学への進学が心配なので、ご両親は「国語の力、日本語での学力を伸ばしたい」と思っています。


永住予定の子供
日本生まれだけれども、アメリカ育ちで、現在のところ日本へ帰国する予定がない家庭の子供の場合、ご両親は日本育ちで親戚も日本に多く、アメリカで生活していても「日本人に育てたい」と思っています。子供にも自分たちの文化をしっかり身に付けて、大人になった時に本当に役に立つバイリンガル・バイカルチャーになり、日本とアメリカを股に掛けた素晴らしい人生を送ってほしい。そのために、補習校での日本語での勉強と現地校での英語の勉強、どちらにも力を入れています。

夏休みに日本の小学校に体験入学をして、日本の学校や文化に触れさせた。しかし、高校生としてのレベルで、しっかりした日本体験をさせたい。そして、大学進学に当たり、本人の希望で日米どちらの大学も選択できるようにさせてやりたい、というのが親の希望です。


アメリカ生まれの子供
ご両親がアメリカに定住している家庭の、アメリカ生まれ、アメリカ育ちの子供は、国籍や家庭言語が日・英どちらかに関係なく、アメリカ人としての基礎、教養をしっかり身に付けた上で、日本の言葉・習慣・文化もしっかり身に付け、社会人としてのアドバンテージとしてほしいと、保護者は願っています。

このような子供たちの大半は、たとえ家庭での言語(母語)が日本語であっても、学習言語と家庭外の生活がすべて英語で、日本語は第2言語となっています。そこで、文化の継承や子供の将来の経済的成功のために、日本語、日本文化の学習を求め「日本語学校」へ通わせる保護者が多くおられます。しかし、長年学んだ日本語を、本当に役に立つ道具に完成させる機会に恵まれませんでした。


日本の学校を体験させる
ここまで見てきたように、子供の生活歴によってニーズは異なります。しかし、子供たちが日本(日本語・日本文化)を学ぶためには、日本の学校生活を経験するのが理想です。

現地校の夏休みの間の2〜3週間の体験入学は貴重な機会です。私は、体験入学では満足できず、我が子を1学期間日本の学校で過ごさせました。その経験からも、より長期の、できれば子供だけで参加できる学校、プログラムがあれば、その効果、恩恵は非常に大きいと思い探し続けてきました。

その良い例として、四国・高知県にある明徳義塾中学・高校があります。この学校では、在校生の9割にもおよぶ寮生(800人)が、校地に住む教職員(家族)と共同生活をし、「師弟同行」の教育を受けています。また、留学生(300人)向けの基礎日本語から、日本の大学入試向けのレベルの高い国語まで、数多くの日本語・国語習得のための授業が提供されています。

明徳義塾では、この学校で学んだ学習単位を現地高校にトランスファーできる「1年間留学プログラム」を今年から始めます。日本の高校生活を1年間経験し、現地高校を4年で卒業して、アメリカや日本の大学へ進学できるプログラムです。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

アメリカの大学への進学を考えている子供(保護者)にとって、ネイティブとして「日本」を身に付けるのは、高校時代が最後のチャンスです。お子さんの教育目標・ニーズを整理して、短期・長期の日本の学校体験を考えてみませんか?(夏の体験プログラムの紹介は、次の機会に)


参考: 明徳義塾 (www.meitoku-gijuku.ed.jp


(2010年3月1日号掲載)