学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

ハイスクールの科目選択、注意すべき点を教えてください

ハイスクールに通うお子さんを持つお母さんから、アメリカの高校は自分で選ぶ科目がとても多くて、科目登録の際は大変だと聞いています。実際の科目の内容と、科目選択の際、注意すべき点がありましたら教えてください。

松本輝彦(INFOE代表)

自由度も自己責任度も高いアメリカ
大学出願条件を考慮して選んで

日本の高校制度
 日本の高校は、普通・工業・農業・商業・漁業などの種類があります。その中で生徒数の最も多い普通高校は、入学試験で比較的アカデミックな能力のそろった生徒を集めています。一方、アメリカの高校は、義務教育の最終段階なので、当然入学試験もなく、地域の高校学齢期の若者を全員集めて教育を行っています。
 
 この制度の違いによる、高校での教育のあり方は大きく異なります。多様性に富んだ生徒を集めたアメリカの高校では、生徒が選択可能な科目は英語・数学などのアカデミックな主要科目から、自動車整備・製図などの実務科目まで、さまざまな内容に分かれます。さらに主要科目は、ESL・レギュラー・オナーズ・APなどの習熟度別クラスに分けられており、生徒は自分の希望と習熟度に応じてクラスを選ばなければなりません。

アメリカの高校制度
 アメリカの高校での科目選択を複雑にしている別の理由に、授業の形式があります。必修科目の単位や総取得単位数で高校卒業が決まる「単位制」を採用しているのはどちらも同じです。しかし、日本は「学年制」や「学級制」も取り入れたクラス編成を特徴としており、学年や学級単位でのクラスでの受講が中心です。最近は選択科目も増えてきていますが、学年ごとにクラスが分かれるのが普通で、自由に選べる科目はそんなに多くありません。また、普通高校は大学進学が主たる目的の学校ですから、主要科目の学習が中心で、実務的な科目はほとんどありません。
 
一方、アメリカの高校では、はっきりした「学年」や「学級」の壁はなく、クラスによっては9年生と12年生が隣に並んで授業を受けます。もちろん、学習内容を考慮した、主要科目における各学年での配当科目はありますが、必ずしも従う必要はありません。さらに、前に受講したクラスで不可になった場合は再履修の必要も出てきます。「高校在籍中に所定の科目の単位を取得すれば、高校卒業の資格が与えられる」という仕組みが、しっかり守られています。
 「アメリカの高校は、科目選択が大変」と思われる最も大きな理由に、日米の高校の制度的な違いがあります。

受講科目の選択
実際の受講科目の選択にあたっては、「高校卒業要件」と「大学出願条件」を考える必要があります。

高校卒業要件
 各学校区(School District)では、高校卒業要件のひとつとして、「必修科目とその単位数」「合計単位数」を決めています。下の表は、ある高校の卒業必須単位の例です。1セメスターの授業で5単位です。クラスを履修する順序や、どの学年で受講するかといった詳細は、学校が発行している「Student Hand Book」や学校のホームページで確認してください。

大学出願条件
 さらに、4年制の大学に進学を希望するならば、希望する大学や大学システムの出願要件を満たす科目を受講し、単位を取得する必要があります。一般に、大学が要求する条件は、高校卒業の条件よりも、受講科目や単位数が厳しくなっているのが一般的です。また、カリフォルニア州の2つの州立大学システム、カリフォルニア州立大学(California State University、Cal StateまたはCSUと呼ばれる)とカリフォルニア大学(University ofCalifornia、UCと呼ばれる)では、要件が少し異なります。詳細は卒業要件同様、資料をご覧ください。
 
 また、州立や私立の有名大学に進学したい場合は、受講する科目や単位数だけではなく、オナーズやAPなどのクラスを何科目受講したか、それらの成績はどうだったかなど、よりレベルの高い学習を要求します。そのため、9年生からスケジュールを考えて、クラスを受講する必要があります。
 
 高校の科目選択の問題も、ひと言で言うと、「日本の高校に比べ、アメリカの高校では科目の選択の自由が与えられている代わりに、生徒自身の自己責任が大きい」ということです。