学ぶ・育てる
Study

アメリカでの育児・子育て

ライトハウスに連載中の人気教育コラム、ハワイ在住の専門家がバイリンガル教育のノウハウを提案する「船津徹のアメリカで実践 バイリンガル子育ての秘訣」のほか、英語学習や学校教育、受験などについての疑問に答える「教育カウンセリング」をご紹介。アメリカでの育児・子育て・教育・子供の学校選び・進学に役立つ情報を提供しています。

船津 徹
船津 徹

バイリンガル教育カウンセラー。福岡県生まれ。

現地校の出欠管理。 なぜ、こんなに厳しいの?

現地校の出欠管理。なぜ、こんなに厳しいの?

松本輝彦(INFOE代表)

子供の指導に加え、学校の財政維持が大きな理由。

アメリカの小学校から高校 まで、子供の出・欠や遅刻早退 に大きな注意を払っています。 子供の発達段階に応じた理由 と、学校自体の都合がありま す。

小学校:学習指導のため
「出欠記録を見ていると、子 供の学校外での生活や学習の 様子がわかる」。現地の小学校 の校長先生の言葉です。

「子供が学校で落ち着いて勉 強できるように登校させる」こ とを、小学校の先生たちは保護 者に期待しています。小学生の 欠席や遅刻は、保護者の家庭生 活のコントロール不足とみな されます。当然その結果が、子 供の学校での学習や生活に現 れてきます。

欠席や遅刻が多くなった子 供に、まず先生が事情や理由を 聞きます。担任や校長から保護 者に家庭生活改善の希望が電 話で伝えられます。それでも続 く場合は、保護者を呼び出して 面談を繰り返します。家庭を訪 問するようなことはありませ ん。

中学:生活指導のため
中学では、学習指導や生活指 導のために、出欠記録が活用さ れます。

中学校になると、勉強が質 量共に増えてきます。教科に よってはレギュラーやアドバ ンス(オナーズ)などと呼ばれ る習熟度別クラスで、子供の学 力に応じた指導が始まります。 この変化に、子供たちは勉強の プレッシャーを感じ始めます。 「遅刻・欠席が多くなってくる と、勉強が赤信号」とみなされ ます

また、中学生は思春期の真っ 只中です。急激な身体的成長と 並行して、反抗的な態度が目 立ってきたり、生活態度が大 きく変わってきます。学校が、 友達との社会生活の場所へと 変化してきます。身体・精神の 急激な変化に自分自身がどう 対応したら良いのか戸惑って、 行動や生活のモデルとして学 校の友達を大変気にするよう になります。友達の影響(peer pressure)を強く受け、一緒に 行動することが多くなり、家庭 や学校での問題行動がしばし ば見られるようになります。そ の変化が出欠記録に現れてき ます。

遅刻や欠席、時には早退など が増えてくると、校長やカウン セラーの本人との面談に始ま り、保護者の呼び出しへと発展 していきます。

高校:単位発行のため
アメリカの高校は、受講クラ スの科目・種類や取得単位数で 卒業が決まります。単位の発行 は、受講クラスでの宿題やテス トなどの学習成果に加えて、授 業への出席日数・時間数を基に して決められます。

成績がたとえ「A」でも、一 般的に、合計授業時間数の1割 以上の欠席があると単位は発 行されません。例えば、年間授 業日数は 180 日で毎日同じ時間 割で授業があるとすると、学期 (セメスター)の授業時間数 90 コマとなります。そのうちの1 割、9回を欠席すると「F」が 付いて単位が発行されません。 授業への遅刻や早退も「3回で 欠席1回とみなす」などと扱わ れます。

欠席や遅刻・早退の回数が増 えてくると、土曜日や放課後な どに補習させて、なんとか出席 時間数を確保する機会を与え てくれる学校もあります。

学校:補助金確保のため
公立の学校を運営・維持管理 していく基礎的なお金は、「学 校に出席した児童・生徒数の毎 日の平均(ADA)」に基づい て、州政府から補助金が出るの が一般的です。

補助金を少しでも多く得る ためには、1人でも多くの子供 が出席し、その出席者数を正確 に把握・記録することが大切で す。また、欠席や遅刻が「正当 な理由」のあるものであれば補 助金は支給されるのが一般的 ですので、欠席した場合の保護 者の届出やその理由の記録が 欠かせません。そのための努 力、出欠を記録する担当者やオ フィスの設置などを、学校区や 学校は決して惜しみません。

「1人の生徒が無断欠席する と、1日に数十ドルをもらえな い」と、ずいぶん昔に聞いたこ とがあります。学校が出欠管理 に必死な理由がよくわかりま す。

 ◇  ◇  ◇  ◇
ここで述べた学校での出欠 に関わる話は一般的なもので す。実際のルールや運営方法等 は、州・学校区・学校により大 きく異なります。お子さんが学 んでいる州や学校のルールが どのようなものかを、一度確認 されることをおすすめします。

(2010年10月16日掲載)